また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1398679 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

日本山名辞典「い」の山猪狩山、「く」の山鞍掛山

日程 2018年03月10日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
老人ホーム荒川園近くの空き地に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間45分
休憩
1時間36分
合計
8時間21分
Sスタート地点09:4409:56猪狩神社11:06猪狩神社奥宮11:3211:50猪狩山13:59鞍掛山(日本山名辞典)14:5016:29節分草自生地16:4817:01あずまや山つつじ新道入口17:10あずまや山押留コース入口17:50大指バス停18:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
猪狩山まではハイキングコース。
鞍掛山の南側は、高所恐怖症の人はまず登れないと思う。山頂に石祠があるけど、現在は参道が消滅し残ってない。どこから登っても危険な所は存在してそう。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

この時期に霧氷なんて珍しいなと、車中から熊倉方面を撮ったもの。
2018年03月10日 09:13撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時期に霧氷なんて珍しいなと、車中から熊倉方面を撮ったもの。
27
猪狩神社の里宮から古池コースを登る。
2018年03月10日 09:56撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猪狩神社の里宮から古池コースを登る。
5
熊倉山から矢岳まで、大きな雲に包まれている。北面はまだ結構雪が残ってるな。
2018年03月10日 10:22撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊倉山から矢岳まで、大きな雲に包まれている。北面はまだ結構雪が残ってるな。
19
奥宮に到着。しんどいわ!! こりゃあ、不人気コースなのも頷ける。たっぷり26分も休憩してしまった。
2018年03月10日 11:06撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥宮に到着。しんどいわ!! こりゃあ、不人気コースなのも頷ける。たっぷり26分も休憩してしまった。
15
猪狩山。
2018年03月10日 11:50撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猪狩山。
5
小っちゃいプレート1つ。
2018年03月10日 11:50撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小っちゃいプレート1つ。
7
次の小ピークから北尾根に入る。
2018年03月10日 12:00撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の小ピークから北尾根に入る。
4
この岩は向こう側が切れ落ちてるんで右へ巻いた。
2018年03月10日 12:04撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩は向こう側が切れ落ちてるんで右へ巻いた。
2
この辺は平和。
2018年03月10日 12:17撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺は平和。
1
目の前にP716鞍掛山がドーンと聳える。苔の付いた岩肌に、疎らに生えた木が見える。その前に深いキレット。
2018年03月10日 12:23撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目の前にP716鞍掛山がドーンと聳える。苔の付いた岩肌に、疎らに生えた木が見える。その前に深いキレット。
18
キレットへ下った側も急斜面で、ザレてる上に昨日の雨で濡れてる。最悪。鞍掛山は三つドッケ北峰ぐらいを想像してたが、こっち側でそんくらい。
2018年03月10日 12:33撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレットへ下った側も急斜面で、ザレてる上に昨日の雨で濡れてる。最悪。鞍掛山は三つドッケ北峰ぐらいを想像してたが、こっち側でそんくらい。
10
登る側はもはや壁。無理無理。両脇に垂れ下がった蔦が写ってるんで、それで垂直線を補完してご覧下さい。
2018年03月10日 12:35撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登る側はもはや壁。無理無理。両脇に垂れ下がった蔦が写ってるんで、それで垂直線を補完してご覧下さい。
9
西側を巻き北から登る事にした。木の間が空いてて掴まるものが少ない。
2018年03月10日 12:42撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側を巻き北から登る事にした。木の間が空いてて掴まるものが少ない。
9
西斜面も一歩間違えれば滑落の危険地帯だった。普段使わない筋肉を酷使してもも裏が攣ってしまった。
2018年03月10日 13:52撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西斜面も一歩間違えれば滑落の危険地帯だった。普段使わない筋肉を酷使してもも裏が攣ってしまった。
11
何とか辿り着いた。
2018年03月10日 13:59撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか辿り着いた。
11
山名板があるとは思わなかったな。
2018年03月10日 14:00撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山名板があるとは思わなかったな。
38
南に猪狩山。もうあっちへ戻るなんて考えられない。このまま尾根を下る。
2018年03月10日 14:01撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南に猪狩山。もうあっちへ戻るなんて考えられない。このまま尾根を下る。
9
西を見れば花粉で真っ白。
2018年03月10日 14:10撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西を見れば花粉で真っ白。
7
山頂に石祠が二つあり、一つは屋根が行方不明。もう一つはバラバラ。
2018年03月10日 14:42撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に石祠が二つあり、一つは屋根が行方不明。もう一つはバラバラ。
6
直してあげたんだから、無事に下らせてよ。
2018年03月10日 14:45撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直してあげたんだから、無事に下らせてよ。
23
この先で切れ落ちてるな。地形図を見てもそれは明らかなんで、右の崩落地へ逃げた。
2018年03月10日 15:09撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先で切れ落ちてるな。地形図を見てもそれは明らかなんで、右の崩落地へ逃げた。
4
ここから左に植林が始まる。この先は切れ落ちた岩で下れなかったんで、植林内を下った。
2018年03月10日 15:39撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから左に植林が始まる。この先は切れ落ちた岩で下れなかったんで、植林内を下った。
3
出口間際で踏み跡に乗る。
2018年03月10日 16:16撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出口間際で踏み跡に乗る。
2
罠の所へ出て無事下山。
2018年03月10日 16:18撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
罠の所へ出て無事下山。
10
折角前を通り掛かったんで、節分草を見て行く。
2018年03月10日 16:31撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
折角前を通り掛かったんで、節分草を見て行く。
31
三株ほどざぜん草も有った。遠いので等倍切り出し。
2018年03月10日 16:34撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三株ほどざぜん草も有った。遠いので等倍切り出し。
22
一番高密度だった所。
2018年03月10日 16:46撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番高密度だった所。
43
撮影機材:

感想/記録

埼玉県内の地理院地図に記載の山で、未踏の山は随分と減ってしまった。次なる目標を考えないと、山に行かなくなりそうだ。「激藪の隙間より」さんに「地形図に記載がなく日本山名事典に記載の山」 http://www.gekiyabu.sakura.ne.jp/public/kashmir/sanmeijiten_list.html という、丁度良い目標があった。チラホラと未踏の山が見受けられる。これでもう暫く持ちそうだわ。

ヤマレコだと鞍掛山は猪狩山の別名になっているが、山名事典では直ぐ近くののP716を鞍掛山としているので、この山行での鞍掛山はそちらにした。勿論、編集したjapanetさんに異を唱えるつもりは毛頭ない。地元の声ほど確かなものはないと思っているので。

当初の予定では鞍掛山へピストンして戻り、タツミチから好展望の嵩岩ルートで下るか、或いは駐車地に向かって伸びる尾根を最短&初赤線引きで下るかの二択だった。しかし、南からの正面突破は勿論の事、今回の西から巻いて登ったルートも下るのは願い下げと感じる危険な斜面で、尾根を下るよりほか無かった。やんちゃオヤジさんと同じ様なルートになってしまったが、長い車道歩きは別にして、堂上の節分草を見れたのは結果オーライか。

訪問者数:595人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ