また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1400429 全員に公開 ハイキング葛城高原・二上山

二上山 / ろくわたりの道をゆく

日程 2018年03月12日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道の駅「近つ飛鳥の里太子」に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間32分
休憩
1時間11分
合計
3時間43分
S道の駅近つ飛鳥の里太子10:0810:55むかい坂10:5611:37二上山11:3811:51馬の背11:56雌岳12:0012:05岩屋峠12:4312:45岩屋12:5513:10鹿谷寺跡13:1513:17鹿谷寺跡展望台13:2413:27鹿谷寺跡13:3113:37二上山万葉の森駐車場13:3813:51道の駅近つ飛鳥の里太子G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
よく整備された歩きやすいコース。
起伏に富んでいて楽しい。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

車を置かせてもらった道の駅「近つ飛鳥の里太子」は只今改装工事中。
2018年03月12日 10:08撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車を置かせてもらった道の駅「近つ飛鳥の里太子」は只今改装工事中。
2
橋を渡ってろくわたりの道へと向かいます
2018年03月12日 10:13撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡ってろくわたりの道へと向かいます
1
ここからろくわたりの道に入って行きます
2018年03月12日 10:19撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからろくわたりの道に入って行きます
2
のどかな田園風景の中を通り
2018年03月12日 10:24撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のどかな田園風景の中を通り
2
獣避けのゲートを開けて中へ
2018年03月12日 10:25撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
獣避けのゲートを開けて中へ
2
いい感じの道
2018年03月12日 10:26撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じの道
2
南阪奈道路の下をくぐります
2018年03月12日 10:30撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南阪奈道路の下をくぐります
3
くぐったら100mほど階段を登らされる
2018年03月12日 10:37撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くぐったら100mほど階段を登らされる
2
痩せ尾根に出ました
2018年03月12日 10:41撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せ尾根に出ました
1
なかなかの見晴らし
2018年03月12日 10:41撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなかの見晴らし
3
ところどころゴツゴツした箇所も
2018年03月12日 10:42撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころゴツゴツした箇所も
2
今から向かう二上山が見えました
2018年03月12日 10:51撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今から向かう二上山が見えました
2
小さなピークの休憩所
2018年03月12日 11:01撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さなピークの休憩所
2
二上山の西側を巻いていきます
2018年03月12日 11:11撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二上山の西側を巻いていきます
2
馬の背へ直登する階段道を横切ってしばらく行くと右に雄岳へ向かう道が現れます
2018年03月12日 11:18撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背へ直登する階段道を横切ってしばらく行くと右に雄岳へ向かう道が現れます
2
雄岳に到着
2018年03月12日 11:45撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄岳に到着
3
雌岳に向かいます
2018年03月12日 11:51撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雌岳に向かいます
1
着きました
2018年03月12日 12:01撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着きました
2
雌岳周辺の休憩所は登山者でごった返していたので岩屋峠で昼メシ
2018年03月12日 12:25撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雌岳周辺の休憩所は登山者でごった返していたので岩屋峠で昼メシ
1
岩屋杉の下をくぐって進みます
2018年03月12日 12:49撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩屋杉の下をくぐって進みます
1
鹿谷寺跡へ向かう道は展望のいい場所があったり岩々しいゴツゴツした箇所があったり楽しい
2018年03月12日 13:12撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿谷寺跡へ向かう道は展望のいい場所があったり岩々しいゴツゴツした箇所があったり楽しい
2
鹿谷寺(ろくたんじ)跡
2018年03月12日 13:32撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿谷寺(ろくたんじ)跡
1
展望台へ
2018年03月12日 13:21撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台へ
1
展望台からの眺め
2018年03月12日 13:24撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台からの眺め
1
アスレチックまで下りてきた。今も営業しているのだろうか?
2018年03月12日 13:42撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アスレチックまで下りてきた。今も営業しているのだろうか?
1
車道を10分ちょい歩けば道の駅です
2018年03月12日 13:46撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道を10分ちょい歩けば道の駅です
1
近所の太子温泉で汗を流して帰る
2018年03月12日 15:07撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近所の太子温泉で汗を流して帰る
2

感想/記録
by clary

晴れた休日。今シーズンの開幕はどこに行こうと思っていたが、色々となまっているので二上山でリハビリ登山にした。
二上山へは道の駅ふたかみパーク當麻からの周回ルートで2度登っているが、同じルートも芸がないと思ったので、太子の道の駅からろくわたりの道を経由して登ることにした。

堺の自宅を9時半ごろに出て、道の駅近つ飛鳥の里太子へは10時前に到着。車を置かせてもらって出発。
車道のわきを進んでいくと、「ろくわたりの道」と書かれた標識が立っているのでそこから脇道に入って行く。大変わかりやすかった。
田畑の間を進み、獣避けのゲートを越えるととても雰囲気のいい山道に入って行く。南阪奈道路に下をくぐると階段地獄が顕現する。汗をかいてハアハアいいながらひたすら登ると痩せ尾根に出る。だいぶ高度を稼いだとみえ、見晴らしはなかなかのもの。ところどころ岩が露出していて楽しい。さらにもう一段高い尾根の上に出ると、二上山がドドーンと目の前にご出現あそばされる。

しばらく進むと分岐になる。このままろくわたりの道を辿ると下山ルートになるためここは直進。小さなピークに設けられたベンチで一服してそのまま真っ直ぐいくと今度はやたら立派な道幅の広い登山道と交差する。これがダイトレなのかな?とりあえずスルーして直進。
さらに行くと木製階段の道と交差。うっかりそれを登りかけてしまったが、冷静に考えるとそれは馬の背へ直登する道なのでこれもスルー。直進する。
すぐに分岐が現れる。ボーっとしてたら見落としてしまいそうな分かれ道。これを右へと上がって行く。つづら折れの道を登って行き、見晴らしのいい休憩ポイントを経て11:40に雄岳山頂に到着する。

そこから馬の背を経由して雌岳へ。いい天気だからか雌岳はハイカーがいっぱいで、山頂直下の東屋も空きがないようなので、ここでの休憩は諦めて岩屋峠へ向かいここで昼メシにする。
気温が低くてなかなか湯が沸かない可能性があるので今回はウルトラパワーガスを購入し持って行く。めっさ火力高くてあっという間に湯が沸いてビックリした。
ここで残念なお知らせ。今朝慌てて準備をしていた妻がコーヒーカップを入れ忘れたという。さすがにラーメンの空き容器でコーヒーを飲む気にはならず、楽しみにしていたのだがコーヒーは断念。残念。

岩屋峠から下に行くと林道と交差する。とりあえず「石切り場跡へ」と書かれた方向へ直進するが下ろされて林道に合流してしまい、結局林道を登って元の場所へ。今度はそのまま林道を上がって行くと鹿谷寺跡へとの標識のある分岐に到着。
鹿谷寺跡への道は見晴らしもよく、ところどころ岩々しいゴツゴツした箇所もあり、ちょっとしたアルペン気分も味わえて楽しい。
30分くらいで石塔の残る鹿谷寺跡に到着。その先に展望台がある。かなり遠くまで見渡せるが、あまり空気は澄んではおらず残念だった。

アスレチックの横を通って釣り堀へ。そこから10分ちょい車道の脇を歩くと道の駅に到着する。
帰りは太子温泉に立ち寄って汗を流していく。
訪問者数:403人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ