また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1401827 全員に公開 アルパインクライミング甲斐駒・北岳

鋸岳第二高点中央稜中間ルンゼ 敗退

日程 2018年03月10日(土) 〜 2018年03月12日(月)
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間54分
休憩
1分
合計
2時間55分
S戸台登山口14:2016:33角兵衛沢渡渉点16:3417:15熊穴沢渡渉点
2日目
山行
13時間59分
休憩
2時間1分
合計
16時間0分
熊穴沢渡渉点04:0116:002440m敗退地点03:59熊穴沢渡渉点06:0008:00戸台登山口08:00ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

10時甲府駅を出発し、小淵沢駅で合流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10時甲府駅を出発し、小淵沢駅で合流。
14:20
本日は、熊の穴沢出合までなので遅めの出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:20
本日は、熊の穴沢出合までなので遅めの出発。
またこの二人でやらかします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またこの二人でやらかします。
3
前日の大雨で増水している。
氷も無いのも覚悟の上。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日の大雨で増水している。
氷も無いのも覚悟の上。
歌宿分岐あたりから少し雪が出てくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歌宿分岐あたりから少し雪が出てくる。
熊の穴沢出合手前くらいから渡渉。
kassanは荷物が重いと裸足。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊の穴沢出合手前くらいから渡渉。
kassanは荷物が重いと裸足。
17:00 テントを設営しギアを振り分ける。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
17:00 テントを設営しギアを振り分ける。
5
甲斐駒方面。
明日も天気は良さそうだ。テン場は良い場所に確保。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒方面。
明日も天気は良さそうだ。テン場は良い場所に確保。
1
1:00位からゴソゴソ起きて、4:00出発
最悪で最高の1日になるとはわからずに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1:00位からゴソゴソ起きて、4:00出発
最悪で最高の1日になるとはわからずに。
熊の穴沢は下りに使うが登るのは初めて。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊の穴沢は下りに使うが登るのは初めて。
6:20 ちょっと迷いながらも無事ルンゼ入口へ到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:20 ちょっと迷いながらも無事ルンゼ入口へ到着
見た感じ、氷はなさそう。
ただのルンゼを登る羽目になりそうだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見た感じ、氷はなさそう。
ただのルンゼを登る羽目になりそうだ。
F1もこんな感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F1もこんな感じ。
1
こんな所をのぼっていき
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな所をのぼっていき
微妙な所は上からザイルを投げる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
微妙な所は上からザイルを投げる。
登ってる感じはドラツー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってる感じはドラツー
3
ただシャリシャリの氷が表面に付いているだけ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ただシャリシャリの氷が表面に付いているだけ
これを右に抜けないといけないのだが、氷がなく登れない。
そのまま、ルンゼを直進し左稜線に抜けることにする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これを右に抜けないといけないのだが、氷がなく登れない。
そのまま、ルンゼを直進し左稜線に抜けることにする。
2
ルンゼ抜け口は崩壊しており、5級はあった。
結構しびれたポイント。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルンゼ抜け口は崩壊しており、5級はあった。
結構しびれたポイント。
こんなんじゃ、登れない。
巻いて正解。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなんじゃ、登れない。
巻いて正解。
2
尾根を登っていくと岩稜帯。弱点を攻める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を登っていくと岩稜帯。弱点を攻める。
段々上が見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
段々上が見えてきた
そしてボス。こいつに俺は跳ね返された。
ハーケンで支点作って降りる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてボス。こいつに俺は跳ね返された。
ハーケンで支点作って降りる。
1
正面のフェイスはやめて、右へ回り込みルンゼに逃げる事へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面のフェイスはやめて、右へ回り込みルンゼに逃げる事へ。
2
その先はこんな。
時間的にもうアウトと判断。
16:00 尾根沿いに下る事とした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先はこんな。
時間的にもうアウトと判断。
16:00 尾根沿いに下る事とした。
2
テントに付いたのが月曜4:00
少し休み片付け重い荷物を持ち帰る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントに付いたのが月曜4:00
少し休み片付け重い荷物を持ち帰る。
3
朝日が出ると共に頭が冴えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日が出ると共に頭が冴えてきた
2
何とか怪我なく生きて帰ることができた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか怪我なく生きて帰ることができた。
2

感想/記録

今回ハッキリとしたトポが無く、登山数日前に自作してみたが、それはアイスバージョンで、現場に着くとF1以外は全てシャバシャバなドライ状態でしたが、ドライが得意な相方のおかげで先へ進めました‼️

難度が高いルートで、いろいろな出来事があり、かなり濃い山行が出来ました。

山に終わりはないですね😅

感想/記録

今回は記録も少ないルートにチャレンジ。
南アルプス鋸岳第二高点中央稜中間ルンゼ。
聞いたこともない、どこを登るのかよくわからない。記録を調べ上げて入念に準備したが、気象条件には勝てず。
前日の雨で氷が残っている気はしなかったが、どの様な状態でも対応出来る総合力を身につけるためにはいい経験になった。
初の完全敗退。
次に生かすためにを考えれる良い山行だった。
訪問者数:487人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ