また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1401856 全員に公開 ハイキング近畿

生駒山ー日下直越えー

日程 2018年03月14日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
往路:近鉄生駒駅
復路:近鉄石切駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間35分
休憩
2分
合計
3時間37分
S近鉄生駒駅12:4012:55枯木薬師13:16最初の池畔13:35第2池畔13:49第3池畔14:02燈籠ゲート14:11野山14:1214:17国見山14:1815:08駒石山16:17近鉄石切駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コースルート
 生駒駅→タケマルホール→池畔→山麓公園→灯籠ゲート→善根寺分岐→
神武天皇顕彰碑→日下直越分岐→龍鳳洞→稲荷山動物霊園→石切駅
コース状況 
 生駒駅から池畔を経て山麓公園への山道は善根寺分岐〜神武天皇顕彰碑までは、春先故まだ、藪の深さ・密度が小さいのでわかりやすかったが、夏になると踏み跡は多分見えなくなる。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

北新町の生駒枯木薬師で生駒三大薬師の一つ。
〈参)薬師、峯薬師(旧鶴林寺)、西名畑薬師堂。
2018年03月14日 12:55撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北新町の生駒枯木薬師で生駒三大薬師の一つ。
〈参)薬師、峯薬師(旧鶴林寺)、西名畑薬師堂。
池畔への山道に入る分岐、右の続く塀際を進む。
左はキャンプ地。
2018年03月14日 12:58撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池畔への山道に入る分岐、右の続く塀際を進む。
左はキャンプ地。
両脇は竹林。
2018年03月14日 13:13撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両脇は竹林。
踏み跡を慎重に見分けて進む、右へ。
2018年03月14日 13:14撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡を慎重に見分けて進む、右へ。
最初の池畔。
2018年03月14日 13:16撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の池畔。
この辺はじめじめした湿地帯が続く。
2018年03月14日 13:17撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺はじめじめした湿地帯が続く。
湿地を渡す木橋。
2018年03月14日 13:21撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿地を渡す木橋。
湿地を渡す木橋。
2018年03月14日 13:21撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿地を渡す木橋。
じめじめした踏み跡を注意深く進む。
2018年03月14日 13:22撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
じめじめした踏み跡を注意深く進む。
二つ目の池畔、本州製紙、王子製紙の山林らしい。
2018年03月14日 13:35撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二つ目の池畔、本州製紙、王子製紙の山林らしい。
三番目の池畔。
2018年03月14日 13:49撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三番目の池畔。
スカイラインとの出合。
2018年03月14日 13:58撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スカイラインとの出合。
右に進み、舗装路の向こうが灯篭ゲート。
2018年03月14日 14:03撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右に進み、舗装路の向こうが灯篭ゲート。
龍ノ口霊泉への道標。
2018年03月14日 14:04撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
龍ノ口霊泉への道標。
左の生駒縦走路を見送り、直進する。
2018年03月14日 14:04撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の生駒縦走路を見送り、直進する。
神武天皇顕彰碑への道標。
2018年03月14日 14:04撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神武天皇顕彰碑への道標。
神武天皇顕彰碑への道標。
2018年03月14日 14:06撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神武天皇顕彰碑への道標。
最初の目印の鉄塔。
2018年03月14日 14:16撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の目印の鉄塔。
途中、日下の地の人の建てた神武顕彰碑への道標が続く。
2018年03月14日 14:20撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、日下の地の人の建てた神武顕彰碑への道標が続く。
2番目の鉄塔、この脇の藪に分け入る踏み跡があったはず。
2018年03月14日 14:29撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2番目の鉄塔、この脇の藪に分け入る踏み跡があったはず。
泉南184番の鉄塔。
2018年03月14日 14:32撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泉南184番の鉄塔。
左に入る藪漕ぎの道。
2018年03月14日 14:33撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に入る藪漕ぎの道。
夏になると分け入りがたい深藪となる。
2018年03月14日 14:34撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏になると分け入りがたい深藪となる。
藪を抜けると山道だが、むやみに倒木が道をふさいでいる箇所多し。
2018年03月14日 14:35撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪を抜けると山道だが、むやみに倒木が道をふさいでいる箇所多し。
しばらく進むと厄石、五瀬命が長髄彦の放った矢で負傷した場所と伝えられる。
2018年03月14日 14:39撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく進むと厄石、五瀬命が長髄彦の放った矢で負傷した場所と伝えられる。
小高い小ピーク手前の分岐。上に行けば神武天皇顕彰碑、左下へ行くと日下直越えの谷ルートと出合う。
2018年03月14日 14:44撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小高い小ピーク手前の分岐。上に行けば神武天皇顕彰碑、左下へ行くと日下直越えの谷ルートと出合う。
駒石山の道標(倒れている。)
2018年03月14日 14:56撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒石山の道標(倒れている。)
神武顕彰碑。
2018年03月14日 14:56撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神武顕彰碑。
日下直越えの谷ルートとの出合。
2018年03月14日 15:02撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日下直越えの谷ルートとの出合。
沢に沿って石切方面に下っていく。
2018年03月14日 15:04撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢に沿って石切方面に下っていく。
大岩滝。
2018年03月14日 15:05撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩滝。
石切り場。
2018年03月14日 15:13撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石切り場。
龍鳳堂。
2018年03月14日 15:14撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
龍鳳堂。
愛犬の墓参のため、稲荷山動物霊園に立ち寄り、石切駅へ向かう。
2018年03月14日 16:16撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
愛犬の墓参のため、稲荷山動物霊園に立ち寄り、石切駅へ向かう。

感想/記録

生駒駅から山麓公園までの池畔を辿る湿地帯と山道の踏み跡はわかりにくいので、方向を見失わないことが肝要。
灯篭ゲートから泉南184番の鉄塔までは一本道だが、鉄塔脇から入る藪は深く、夏場ではなかなか、分け入るのは難しい。
あと、駒石山手前の道標はバラバラになっており、方向が分かりずらい。
冬場に道を確認しておかないと他の季節では難しい。
訪問者数:198人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

藪漕ぎ 倒木 出合 道標 簡易標識 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ