また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1403432 全員に公開 ハイキング箱根・湯河原

湯河原梅林 南郷山から幕山

日程 2018年03月17日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴/曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
▲往路
JR湯河原→箱根登山バス 湯河原駅-鍛冶屋-幕下公園行で鍛冶屋下車(200円)
▽帰路
幕下公園から徒歩
ゆとろ嵯峨沢の湯をゴールとした
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間11分
休憩
52分
合計
6時間3分
S鍛冶屋バス停10:2111:31南郷山11:4012:07自鑑水12:1812:25自鑑水分岐12:2612:35幕山12:5515:21幕山登山口15:3215:44幕山公園バス停・第1駐車場15:4616:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
自鑑水あたりから工事中区間を通過するので工事車両に注意。(2019年3月末までの予定)
その他周辺情報湯河原梅林
2月上旬から3月中旬の梅の宴開催期間中は入園料200円

写真

9時半に湯河原到着
千葉からだと2時間40分だが、始発で行かなくていいのは良いことだ。
2018年03月17日 09:51撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9時半に湯河原到着
千葉からだと2時間40分だが、始発で行かなくていいのは良いことだ。
鍛冶屋で下車
湯河原からはバスで10分
2018年03月17日 10:19撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍛冶屋で下車
湯河原からはバスで10分
住宅街の中を抜けます。
2018年03月17日 10:20撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住宅街の中を抜けます。
右手のゴルフ場に沿って道が続く。
2018年03月17日 10:52撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手のゴルフ場に沿って道が続く。
ここを右に曲がってすぐ山頂に向かう階段がある。
2018年03月17日 11:15撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを右に曲がってすぐ山頂に向かう階段がある。
笹のトンネルを抜けてしばらくすると傾斜がなだらかになり、左に真鶴半島がみえるようになる。
2018年03月17日 11:24撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹のトンネルを抜けてしばらくすると傾斜がなだらかになり、左に真鶴半島がみえるようになる。
南郷山山頂到着
2018年03月17日 11:34撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南郷山山頂到着
1
かすかにだが三浦半島が見えた。
房総は見えなかった。
2018年03月17日 11:36撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かすかにだが三浦半島が見えた。
房総は見えなかった。
幕山に向かう
2018年03月17日 11:38撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幕山に向かう
100m手前にも白銀林道への分岐がある。
時間に余裕があったので屋敷跡とやらに寄り道にすることにした。
2018年03月17日 11:46撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
100m手前にも白銀林道への分岐がある。
時間に余裕があったので屋敷跡とやらに寄り道にすることにした。
道が続いていたが降りになってきたので引き返す。
隣の山は星ヶ山...?
2018年03月17日 11:51撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道が続いていたが降りになってきたので引き返す。
隣の山は星ヶ山...?
引き返して自鑑水を目指す
笹を抜けると杉林
2018年03月17日 11:58撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
引き返して自鑑水を目指す
笹を抜けると杉林
石橋山の合戦で敗れた頼朝が自害しようとしたが、水面に映った自分の姿を見て再起を決意した場所だそうな。
この後頼朝は真鶴岬から船出して房総に上陸した。
鋸山の蘇鉄とか館山に頼朝由来の場所があるのはそういうことか。
2018年03月17日 12:10撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石橋山の合戦で敗れた頼朝が自害しようとしたが、水面に映った自分の姿を見て再起を決意した場所だそうな。
この後頼朝は真鶴岬から船出して房総に上陸した。
鋸山の蘇鉄とか館山に頼朝由来の場所があるのはそういうことか。
大石平との分岐点
2018年03月17日 12:25撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大石平との分岐点
すぐには山頂に向かわず山頂を周回する。
2018年03月17日 12:36撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐには山頂に向かわず山頂を周回する。
幕山山頂
2018年03月17日 12:48撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幕山山頂
1
真鶴半島を眺めながら昼食をとる。
団体さんに2度ほど写真を撮ってくれと依頼された。
めんどくさい。
2018年03月17日 12:49撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真鶴半島を眺めながら昼食をとる。
団体さんに2度ほど写真を撮ってくれと依頼された。
めんどくさい。
1
曇って急激に寒くなってきたので下山し梅林を見に行く。
2018年03月17日 14:08撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曇って急激に寒くなってきたので下山し梅林を見に行く。
311の影響らしい
2018年03月17日 14:24撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
311の影響らしい
ここから崩れたのか?
2018年03月17日 14:24撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから崩れたのか?
梅の宴期間中は200円
2018年03月17日 14:45撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅の宴期間中は200円
これはできないな。
2018年03月17日 15:00撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはできないな。
せっかくだし温泉まで歩くことにした。
2018年03月17日 16:14撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかくだし温泉まで歩くことにした。
湯河原駅前に戻る。
2018年03月17日 18:32撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯河原駅前に戻る。

感想/記録

梅林が見たかったので南郷山から登り幕山から降りることにした。
南郷山の山頂付近までは急勾配の坂をただ登るだけで面白くない。
途中から左手に真鶴半島を見ながら登るようになる。
南郷山から自鑑水を経て幕山山頂までは背丈以上の笹、杉林と景観が変化する。
この日は気温10度以下だったが、幕山山頂は日が照っていて曇るまでは暖かった。
梅の花は僅差でシーズンを逃したようで残念。
訪問者数:51人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 トンネル
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ