また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1403846 全員に公開 ハイキング丹沢

宮地山・シダンゴ山(田代向BS〜寄BS)

日程 2018年03月17日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ後曇り気味
アクセス
利用交通機関
電車バス
小田急新松田駅北口から小田急湘南バス寄(やどりき)行バス
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間39分
休憩
40分
合計
3時間19分
S田代向10:0410:53宮地山10:5511:09タコチバ山11:1111:26高圧送電線鉄塔11:53シダンゴ山12:2412:49水場12:5013:01猪防護柵(1)13:0313:08トイレ13:1013:21宇津茂の大きなしだれ桜13:23G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所なし
その他周辺情報新松田駅北口の若松食堂は安くておいしくてよかった。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

田代向バス停。急遽計画変更して下車。
2018年03月17日 10:03撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田代向バス停。急遽計画変更して下車。
1
中津川の橋からの宮地山。
2018年03月17日 10:05撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中津川の橋からの宮地山。
遠くに見えるのは鍋割山か。
2018年03月17日 10:06撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに見えるのは鍋割山か。
橋を渡ったところにトイレ。
2018年03月17日 10:07撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡ったところにトイレ。
道端の花。
2018年03月17日 10:15撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道端の花。
馬頭観音。
2018年03月17日 10:28撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬頭観音。
水仙が多く植えられている。
2018年03月17日 10:32撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水仙が多く植えられている。
林道からの登山口。
2018年03月17日 10:36撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道からの登山口。
よく整備されている。
2018年03月17日 10:36撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく整備されている。
登山道沿いは明るい落葉樹林帯が多い。
2018年03月17日 10:44撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道沿いは明るい落葉樹林帯が多い。
もう山頂か。所要時間を示した案内板が多く設置されている。
2018年03月17日 10:45撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう山頂か。所要時間を示した案内板が多く設置されている。
開けていて気持ちがよい。
2018年03月17日 10:51撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けていて気持ちがよい。
1
宮地山山頂。奥は植樹帯だが、登山道のある手前は落葉樹林。
2018年03月17日 10:51撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宮地山山頂。奥は植樹帯だが、登山道のある手前は落葉樹林。
山頂標識。
2018年03月17日 10:53撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂標識。
鞍部。右に折れると寄バス停。もともと歩くはずだった道。
2018年03月17日 10:59撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部。右に折れると寄バス停。もともと歩くはずだった道。
相変わらず気持ちがよい。
2018年03月17日 11:00撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相変わらず気持ちがよい。
タコチバ山。小さなスペースがある程度。
2018年03月17日 11:10撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タコチバ山。小さなスペースがある程度。
別の標識。
2018年03月17日 11:10撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別の標識。
1
まだ落葉樹林帯。
2018年03月17日 11:13撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ落葉樹林帯。
林道合流(振り返る)。
2018年03月17日 11:21撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道合流(振り返る)。
送電鉄塔。
2018年03月17日 11:26撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電鉄塔。
立派な(無粋な?)林道が左から合流。
2018年03月17日 11:26撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な(無粋な?)林道が左から合流。
しばらく林道歩き。
2018年03月17日 11:29撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく林道歩き。
国土地理院の地図を見ると、以前の登山道は直登だったのかもしれないが、ここは左に巻く。
2018年03月17日 11:33撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国土地理院の地図を見ると、以前の登山道は直登だったのかもしれないが、ここは左に巻く。
1
鞍部に着くと右に折れてシダンゴ山へ。
2018年03月17日 11:41撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部に着くと右に折れてシダンゴ山へ。
植林帯の中の階段を登る。
2018年03月17日 11:43撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林帯の中の階段を登る。
男坂・女坂分岐。女坂はだいぶ迂回しそうだったので、男坂を選択。
2018年03月17日 11:46撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男坂・女坂分岐。女坂はだいぶ迂回しそうだったので、男坂を選択。
1
いきなり馬酔木の群落に出る。
2018年03月17日 11:52撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなり馬酔木の群落に出る。
植えすぎ?
2018年03月17日 11:52撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植えすぎ?
1
シダンゴ山山頂。
2018年03月17日 11:53撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シダンゴ山山頂。
2
山名のいわれと祠。
2018年03月17日 11:54撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山名のいわれと祠。
富士山がちょっと見える。
2018年03月17日 11:55撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山がちょっと見える。
人多い。
2018年03月17日 12:20撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人多い。
馬酔木の向こうに丹沢山塊。
2018年03月17日 12:24撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬酔木の向こうに丹沢山塊。
2
市街地側。向こうは海?
2018年03月17日 12:25撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市街地側。向こうは海?
馬酔木の中を下山開始。
2018年03月17日 12:25撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬酔木の中を下山開始。
ずっとこんな感じの植林帯。
2018年03月17日 12:39撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっとこんな感じの植林帯。
水場。冷たいかと思ったら、妙にぬるかった。
2018年03月17日 12:49撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場。冷たいかと思ったら、妙にぬるかった。
林道終点。2台駐車していた。
2018年03月17日 12:50撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点。2台駐車していた。
ここは林道に行かずに右へ。
2018年03月17日 12:51撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは林道に行かずに右へ。
平行移動が多くなるが、植林帯なのは相変わらず。
2018年03月17日 12:52撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平行移動が多くなるが、植林帯なのは相変わらず。
送電鉄塔。さきほどの鉄塔と同じ送電線。電線下の木は切り倒して切り株のみ。
2018年03月17日 12:55撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電鉄塔。さきほどの鉄塔と同じ送電線。電線下の木は切り倒して切り株のみ。
部分的に広葉樹林。
2018年03月17日 12:57撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
部分的に広葉樹林。
登山道出口。
2018年03月17日 13:02撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道出口。
夏ミカン?
2018年03月17日 13:03撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏ミカン?
里山的な農村風景。
2018年03月17日 13:05撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
里山的な農村風景。
茶畑と向こうにあるのはサクラ?
2018年03月17日 13:06撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶畑と向こうにあるのはサクラ?
サクラ?
2018年03月17日 13:07撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サクラ?
1
トイレ。
2018年03月17日 13:09撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレ。
ここも水仙。
2018年03月17日 13:13撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも水仙。
警戒中。
2018年03月17日 13:16撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
警戒中。
1
寄バス停に到着。
2018年03月17日 13:22撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寄バス停に到着。
1
バス停隣接の自然休養村管理センター内。この辺は、しだれ桜で有名らしい。
2018年03月17日 13:29撮影 by DSLR-A700, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス停隣接の自然休養村管理センター内。この辺は、しだれ桜で有名らしい。
1
撮影機材:

感想/記録

スキーシーズンも終わったので登山再開。連れがまずはリハビリ登山、と言っていたので、前日にヤマレコの新着レポートを見て、馬酔木が山頂に咲いているらしいシタンゴ山がちょうどよいのでは、と決定。

9時40分のバスに乗ったが、他に2グループ+個人が乗っていた。寄(やどりき)バス停から宮地山を含めた周回を考えていたが、グループがメンバーに配っていた地図を横目で見ると、一つ手前の田代向から宮地山・シタンゴ山を回って寄に下りるコースが書いてあった(調べてみると、神奈川県の未病改善ウォーキングマップ36「シダンゴ山・宮地山ハイキングコース」というもの)。

寄からの周回だと、宮地山へは鞍部からの往復になるが、これだと戻る必要はないし、日の当たり方も概ね順光になっていいのではと思い、急遽このコースに変更、田代向で下りた。ただ、なぜか地図を持っている人も含めて他は誰も下りなかった。

登山道はよく整備されていて歩きやすい。宮地山への登り、さらに次の小ピーク、タコチバ山を過ぎたあたりまでの登山道は、山の斜面には植林帯もあるが、登山道近くは落葉樹林が多くなっていたりして、視線が抜けるので気持ちよく歩ける。春の新緑・秋の紅葉ともに期待できそう。途中で前のバスで来たらしき高齢者の集団40名ほどを抜いた。かなりの人気があるようだ。

シタンゴ山近くになると、逆に植林が多くなる。山頂付近は馬酔木だらけで、今がちょうど満開。ちょっと植えすぎではないか、という気もするが。山頂は、馬酔木越しに眺望が得られる。寄から登ってきたのか往路のバスで乗り合わせた人も含めて、にぎわっていた。さらに昼食休憩中に、途中で抜いた人も上がってきて大変な混雑に。

寄への下山路は、暗い植林帯の中をジグザグに下りていくことになり、山道が水道(みずみち)になってえぐれたりもしていて、あまり気持ちがよくない。落葉樹林はほとんどない。今回は周回コースだったからよかったが、寄からシタンゴ山を往復するだけでは、満足感は低いのではないか。

人が多かったのは想定外だったが、コンパクトに楽しめた山行だった。
訪問者数:173人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ