また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1403899 全員に公開 ハイキング金剛山・岩湧山

霧氷と花と展望の金剛山

日程 2018年03月17日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
南海電車河内長野駅から南海バスで金剛登山口バス停へ(往路)
金剛ロープウェイバス停から南海バスで河内長野駅へ(帰路)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間40分
休憩
0分
合計
5時間40分
Sスタート地点09:2015:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
腰折滝の高巻きと、二の滝の高巻き道はロープと木の根を頼りによじ登る部分がある。腰折滝の高巻き道では先日も84歳の方が滑落して死亡された事故あり。(ご冥福をお祈りします)

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

ツツジオ谷のショウジョウバカマの蕾。花が咲くのは2週間後くらいかな。
2018年03月17日 09:36撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジオ谷のショウジョウバカマの蕾。花が咲くのは2週間後くらいかな。
2
一の滝の落口。わずかにつららが残っていた。
2018年03月17日 10:14撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一の滝の落口。わずかにつららが残っていた。
2
二の滝から上部は霜柱のオンパレードであった。この辺りは3cmくらい。上部のブナ林では10cmまで成長していた。
2018年03月17日 10:27撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二の滝から上部は霜柱のオンパレードであった。この辺りは3cmくらい。上部のブナ林では10cmまで成長していた。
ツツジオ谷からタカハタ道に出ると一面に霧氷が広がっていた。
2018年03月17日 10:49撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジオ谷からタカハタ道に出ると一面に霧氷が広がっていた。
3
今シーズンはもう見れないと思っていた霧氷。タカハタ道最上部。
2018年03月17日 10:49撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今シーズンはもう見れないと思っていた霧氷。タカハタ道最上部。
3
地面に落ちたエビの尻尾。
2018年03月17日 10:54撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地面に落ちたエビの尻尾。
1
青空に映える霧氷
2018年03月17日 10:55撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に映える霧氷
3
青空に映える霧氷
2018年03月17日 10:56撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に映える霧氷
6
青空に映える霧氷
2018年03月17日 10:56撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に映える霧氷
2
青空に映える霧氷
2018年03月17日 10:56撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に映える霧氷
5
六地蔵さん。後の林は白くなっていた。
2018年03月17日 11:00撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六地蔵さん。後の林は白くなっていた。
2
霧氷のトンネル
2018年03月17日 11:01撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷のトンネル
5
霧氷のトンネルへ行く
2018年03月17日 11:01撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷のトンネルへ行く
3
国見城址の北斜面
2018年03月17日 11:04撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見城址の北斜面
3
国見城址の北斜面。雲一つない青空が気持ち良い。
2018年03月17日 11:05撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見城址の北斜面。雲一つない青空が気持ち良い。
3
冬から春へ。福寿草。まだ綺麗に咲いていました。
2018年03月17日 12:48撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬から春へ。福寿草。まだ綺麗に咲いていました。
3
大峰山ズーム。中央は稲村ヶ岳
2018年03月17日 13:03撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峰山ズーム。中央は稲村ヶ岳
2
大峰山・山上ヶ岳(左)と大普賢岳(中央)と稲村ヶ岳(左)
2018年03月17日 13:05撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峰山・山上ヶ岳(左)と大普賢岳(中央)と稲村ヶ岳(左)
1
左から弥山、八経ヶ岳、明星ヶ岳、舟の垰、仏性嶽
2018年03月17日 13:06撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から弥山、八経ヶ岳、明星ヶ岳、舟の垰、仏性嶽
3
弥山、八経ヶ岳から釈迦ヶ岳(右端)
2018年03月17日 13:06撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥山、八経ヶ岳から釈迦ヶ岳(右端)
1
ちはや園地の休憩所
2018年03月17日 13:15撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちはや園地の休憩所
マンサク(展望台下)
2018年03月17日 13:37撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マンサク(展望台下)
1

感想/記録

金剛山の花はまだ早いと思われたが状況を見に出かけた。金剛登山口の案内では山頂は零下4度と出ており、相当冷え込んだ模様であった。ツツジ尾谷のショウジョウバカマは花芽が膨らんでいるのが数本で開花までもう少しといったところか。一の滝、二の滝は一ケ月前の氷瀑から様変わりして大量の水が落ちていた。二の滝の上あたりから霜柱が多く見られた。ツツジ尾谷からタカハタ道へ登ると前方のブナ林が一面霧氷に覆われておりびっくりした。まさかこの時期に見事な霧氷が見れると思っていなかった上に、青空に映えてこの冬で一番見映えするもので感激も一入であった。井戸広場で昼食としたが、食事中に大量の霧氷(エビの尻尾)が落ちてきてさながら吹雪のようでなかなか風情があった。裏参道から遊歩道を経て福寿草を見に行った。ロープウェイ横の木の構造物が崩落の危険があり通行止めになっているので、香楠荘の横のシャクナゲの路からしか入れない。福寿草は未だきれいに咲いていた。この後、千早園地に回ったが、ミュージアムの前からは大峰山脈の大展望が見られた。今日は視界が良く効いてくっきりと眺めることが出来た。ミュージアムの人に山の名前を聞いた所、展示してあった写真を持ち出して丁寧に教えて頂き、大変ありがたかった。欲を出して展望台へ行ってみたが、前の樹々が邪魔で、ミュージアム前のほうが好展望であった。展望台の下方ではマンサクの花が一本だけだが咲き残っていた。この後、遊歩道を岩屋文殊まで戻り、寺谷を下降して百ヶ辻へ下山した。寺谷の花もまだまだという状況であった。
訪問者数:124人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ