また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1403999 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走比良山系

白滝山・蓬莱山

日程 2018年03月17日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候
アクセス
利用交通機関
電車バス
往:堅田駅から坊村までバス
帰:蓬莱駅

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間4分
休憩
41分
合計
6時間45分
S坊村09:3710:07三ノ滝10:11伊藤新道出合10:37わさび大滝10:4210:43わさび天井滝10:5511:41白滝山11:4211:52オトワ池11:5312:15夫婦滝12:1713:29レストランどんぐりハウス13:52レストランバードキャッスル13:5314:09蓬莱山14:1714:55小女郎峠14:59RP小女郎215:0215:31RP小女郎115:3515:43薬師ノ滝15:47薬師ノ滝道登山口16:00東屋の休憩所(薬師滝コース)16:0416:21蓬莱駅16:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
山と高原地図で実線ルートながら不明瞭。崩落箇所なども有り。沢沿いのルートなので滑りやすいところもあり少し危険。まだ残雪が残っている箇所もありました。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

序盤からわかりにくい道
2018年03月17日 10:16撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
序盤からわかりにくい道
1
所々に道標ありますが、道はイマイチ不明瞭です。
2018年03月17日 10:32撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々に道標ありますが、道はイマイチ不明瞭です。
1
序盤にあった滝
2018年03月17日 10:37撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
序盤にあった滝
3
予想外に霧氷ありました。
2018年03月17日 11:24撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予想外に霧氷ありました。
1
このあたりだとこんな感じの小さい霧氷です。
2018年03月17日 11:27撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりだとこんな感じの小さい霧氷です。
1
景色は良いですね
2018年03月17日 11:28撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色は良いですね
1
この辺まで登ってくると霧氷も育ってます。
2018年03月17日 11:32撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺まで登ってくると霧氷も育ってます。
1
白滝山到着・・・特に眺望なし
2018年03月17日 11:41撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白滝山到着・・・特に眺望なし
3
しばらく行くと登る山が見える
2018年03月17日 11:49撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく行くと登る山が見える
2
この池凍ってました。
2018年03月17日 11:53撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この池凍ってました。
1
ここから谷筋を遡行していくルートに突入。
2018年03月17日 12:14撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから谷筋を遡行していくルートに突入。
1
途中でいい感じの場所があったので昼食休憩。
谷筋進むのが足場が悪かったり残雪があったりとなかなか進みませんでした。ここまででも疲れてます(^_^;)
2018年03月17日 12:38撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中でいい感じの場所があったので昼食休憩。
谷筋進むのが足場が悪かったり残雪があったりとなかなか進みませんでした。ここまででも疲れてます(^_^;)
1
打見山のゲレンデまで出ますが、そこから蓬莱山まで登るのが結構キツかったです。最後の登りの斜面で水仙の芽がいっぱい出てました。
2018年03月17日 13:55撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
打見山のゲレンデまで出ますが、そこから蓬莱山まで登るのが結構キツかったです。最後の登りの斜面で水仙の芽がいっぱい出てました。
3
びわ湖バレイはまだ盛況。
2018年03月17日 13:58撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
びわ湖バレイはまだ盛況。
2
今日は晴れて景色が最高でした。
2018年03月17日 13:58撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は晴れて景色が最高でした。
2
遠くまで見えます。
2018年03月17日 14:11撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くまで見えます。
2
同じ様な写真ですが・・・
2018年03月17日 14:11撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じ様な写真ですが・・・
1
スノーボーダーたちも景色に見とれながら休憩してましたね。
2018年03月17日 14:11撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スノーボーダーたちも景色に見とれながら休憩してましたね。
1
下りはここから蓬莱駅までいきましたが、崩落しているところもあり、道も不明瞭なところもありました。実線ルートとは思えない感じです。ほぼバリエーションルートかも。
2018年03月17日 14:54撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りはここから蓬莱駅までいきましたが、崩落しているところもあり、道も不明瞭なところもありました。実線ルートとは思えない感じです。ほぼバリエーションルートかも。
1

感想/記録

 今回はじめてのコースを開拓するつもりで歩きました。坊村から白滝山へのルートは山と高原地図で実線ルートになっていたので、まぁ道は明瞭だろうと思っていましたが、かなり荒れていました。序盤、少し道を間違えて軌道修正していますので、あまりルートは参考にしないでください。この登りルートは急登を進んだり、沢沿いを進んだりとかなりハードな道です。体力に自信がない方にはおすすめできません。最後は打見山のゲレンデの下の方にでてきますので、そこから、蓬莱山への道もゲレンデ内を通過できないので遠回りになり結構きついです。また今の時期は人工雪のせいで、アイゼン無しだと滑ったりして体力消耗します(^_^;)。今日は天気が良かったので、蓬莱山まで登り切ると景色が最高で苦労して歩いた甲斐はありました。下りは余裕かと思っていましたが、小女郎峠から蓬莱駅までの道もかなりの急な下りで、一部崩落があったり、残雪もあったりで、あるきにくかったです。道も荒れているところも有り、疲れた足にはかなりこたえました。この下りのルートも実線ルートなのですが、もう少し整備されないとあまり歩かれないだろうなと思います。どちらかというと登りで使うべきルートかもしれません。
訪問者数:354人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

アイゼン 急登 崩落 高原 道標 霧氷 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ