また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1406683 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

【中央分水嶺】八子ヶ峰-大門峠-白樺湖

日程 2018年03月18日(日) [日帰り]
メンバー
天候sun
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
ロイヤルヒルスキー場
リフト券 500円/1回(今回は第1クワッドリフト→第2クワッドリフトをはしご)
http://royalhill.co.jp/ticket/#base
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間55分
休憩
0分
合計
4時間55分
S女ノ神茶屋・蓼科山登山口07:1007:21女の神茶屋ルート出合い07:26ヒュッテアルビレオ07:34八子ヶ峰東峰07:43八子ヶ峰・中間ピーク07:55中央分水嶺下降点08:12奥白樺湖バス停08:31南平台別荘地08:58三本松バス停09:241504m三角点09:36大門峠10:00ロイヤルヒルゲレンデ下10:20ロイヤルヒルゲレンデ上11:10しらかば2in1リフト降り場11:10八子ヶ峰西峰11:20八子ヶ峰・中間ピーク11:49八子ヶ峰東峰11:55ヒュッテアルビレオ12:05女の神茶屋ルート出合い12:05すずらん峠園地駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報ロマネット 530円
http://okaya-romanet.jp/information.html

福和家
https://tabelog.com/nagano/A2002/A200203/20018240/
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

女ノ神茶屋の駐車場からスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女ノ神茶屋の駐車場からスタート
稜線が近づいていてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線が近づいていてきた。
ヒュッテアルビレオ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテアルビレオ
中央アルプスと木曽御嶽山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプスと木曽御嶽山
1
中央分水嶺の下降点にあったテープ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央分水嶺の下降点にあったテープ
2in1のゲレンデ東端を下っていく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2in1のゲレンデ東端を下っていく
ちょこっとだけゲレンデの中を歩く
リフト稼働前なので、スキーヤーはいなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょこっとだけゲレンデの中を歩く
リフト稼働前なので、スキーヤーはいなかった。
ゲレンデ下にある奥白樺湖のバス停
冬季なので、運休中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデ下にある奥白樺湖のバス停
冬季なので、運休中
林道 南平線に入る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道 南平線に入る。
電波施設?の脇を左折
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
電波施設?の脇を左折
1
南平台の別荘地の中へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南平台の別荘地の中へ
別荘地の最高地点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別荘地の最高地点
別荘地から離れる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別荘地から離れる
笹の背丈がとても低い
鹿の大群がいたので、食べつくされている?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹の背丈がとても低い
鹿の大群がいたので、食べつくされている?
1
三本松nバス停
ここからは、しばらく舗装路歩き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三本松nバス停
ここからは、しばらく舗装路歩き
1504m三角点
基準点名は「高和良比」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1504m三角点
基準点名は「高和良比」
大門峠
これで今日の稜線つなぎは終わり!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大門峠
これで今日の稜線つなぎは終わり!
1
リフトを乗り継いで400mほどの高低差を一気に稼ぐ!(@[email protected])
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフトを乗り継いで400mほどの高低差を一気に稼ぐ!(@[email protected])
1833m三角点
基準点名は「八子ヶ峰」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1833m三角点
基準点名は「八子ヶ峰」
天狗岳以南の八ヶ岳連峰
白くなりすぎ…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岳以南の八ヶ岳連峰
白くなりすぎ…
1
中央分水嶺の下降点まで戻ってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央分水嶺の下降点まで戻ってきた。
穂高岳〜槍ヶ岳
大キレットに蝶ヶ岳がかぶってしまっているのは、ちょっと残念
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高岳〜槍ヶ岳
大キレットに蝶ヶ岳がかぶってしまっているのは、ちょっと残念
2
ヒュッテアルビレオを目指す
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテアルビレオを目指す
甲斐駒ケ岳と仙丈ケ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ケ岳と仙丈ケ岳
1
甲斐駒ケ岳をアップで
左奥に北岳が!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ケ岳をアップで
左奥に北岳が!
2
仙丈ケ岳をアップで
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳をアップで
2
無事下山
朝と比べるとたくさん車が停まっていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山
朝と比べるとたくさん車が停まっていた。
1

感想/記録
by Gipfel

今回は歩き残していた中央分水嶺の部分を歩くことにしました。

蓼科山の登山口になるスズラン峠駐車場から出発しました。
ほとんどの登山者は蓼科山へ向かっていましたが、
これから向かう八子ヶ峰方面にも、積もった雪にトレースがありました。

歩きやすい道を登っていくと、親湯からのルートと合流し、眺めのいい稜線になりました。
八子ヶ峰ヒュッテ(今の名前はヒュッテアルビレオ?)からの眺めはとてもよく、
南アルプスから中央アルプスがよく見えていました。

今回は中央分水嶺を歩きたいので、
2in1スキー場のリフト手前のピークから北側に伸びる尾根を下りました。
下降点にはたまたまなのか分かりませんが、赤テープがついていました。

ゲレンデの未圧雪ゾーンの脇に当たる場所を下っていきました。
いい感じに疎林なのに加えて、雪が締まっていたのでスタスタと下っていくことができました。

県道192号線に下りきるまでゲレンデ外で行けるかと思いましたが、
最後はゲレンデの初心者コースを下りました。
下りきったころにちょうどゲレンデオープンの時間だったので、
滑走者の邪魔になることはありませんでした。


県道192号線を横断し、林道南平線に入りました。
最初は舗装路でしたが、しばらく進んだところにある電波施設?まで来たところで
左折して藪道になりました。
車が通るのは無理ですが、ちょっと立派な獣道が続いていました。
雪があれば楽なのですが、この時期だともう雪が解けてしまっていました。

南平の別荘地のエリアに入ると舗装路になりました。
携帯電話の電波が入るので、グーグルマップと国土地理院の地図を見比べながら進みました。

別荘地内は道に迷ってしまうかも?と心配していましたが、
思いのほかに尾根が見分けやすかったです。

別荘地を抜けると、踏み跡が全くありませんでした。
笹薮の幅の広い尾根を下っていきました。

三本松のバス停のところにある蕎麦屋の前にあるベンチで休憩しました。
一休みしてから、白樺湖交差点を右に曲がり、オートキャンプ場手前を左折しました。

道なりに進んでいくと、アパート群の脇を通り抜けて、
1,504m三角点のあるピークを目指して、とりつきました。

踏み跡はほとんどなく、笹薮の急坂でした。
山頂に着くと、本沢からのルートがあり、これから向かう大門峠まで登山道が続いていました。

大門峠まで着き、無事に今回の稜線繋ぎが終わりました、
帰りのルートは特にこだわりはありませんでしたが、
往路を戻るのはつまらないので、白樺湖の湖畔を回って、
ロイヤルヒルスキー場から登ることにしました。

ロイヤルヒルスキー場にはリフトがあるので、もしかしたら乗れるのかも!
と思い、チケット売り場へ行くと、1回券も販売しているということで、
2回分のチケットを購入して山頂まで一気に登りました。

ここのスキー場を最後に滑ったのは10年以上前なので、、懐かしく思いました。
高度を一気に稼いで、八子ヶ峰への稜線を歩きました。

北側の眺めがよく気持ちのいい稜線でした。

2in1スキー場のゲレンデ脇を通って、早朝に通った道でスズラン峠登山口へ戻りました。

ようやく八ヶ岳と中央アルプス最北部と稜線をつなげることができました。
次は、中央アルプスの中央部と稜線をつなぎたいです。
訪問者数:264人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/7/24
投稿数: 52
2018/3/21 1:22
 アメダス
いいお天気でよかったですね。ところで22番の写真はアメダス「白樺湖」だと思います。北緯: 36 度 6.3 分 東経: 138 度 13.7 分 標高: 1440 m で大門峠の少し西かと思います。
登録日: 2011/11/10
投稿数: 196
2018/3/21 8:38
 Re: アメダス
アメダスなんですね!

ちなみに場所は、2in1スキー場から北上したあたりですー
登録日: 2012/7/24
投稿数: 52
2018/3/21 15:59
 Re[2]: アメダス
あら、ちょっと場所が違いますね。
http://amedas.log-life.net/index.php?%E7%99%BD%E6%A8%BA%E6%B9%96
設備は同じように見えたのですが・・・。類似の観測施設だとは思いますが

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ