また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1407253 全員に公開 ハイキングアジア

アンナプルナ・パノラマトレッキング

日程 2018年03月12日(月) 〜 2018年03月16日(金)
メンバー , その他メンバー12人
天候晴れ時々曇
アクセス
利用交通機関
バス、 飛行機
成田空港〜ソウル仁川空港〜カトマンズ・トリブバン空港〜ポカラ空港
ポカラからチャーターバスでキムチェの少し先まで行ったところからトレッキング開始
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間35分
休憩
0分
合計
1時間35分
SKimche12:5514:30Ghandruk14:30宿泊地
2日目
山行
5時間30分
休憩
0分
合計
5時間30分
宿泊地08:0013:30Tadapani13:30宿泊地
3日目
山行
7時間0分
休憩
0分
合計
7時間0分
宿泊地08:3015:30Ghorepani15:30宿泊地
4日目
山行
9時間35分
休憩
2時間30分
合計
12時間5分
宿泊地04:3006:05Poon Hill06:5007:30Ghorepani09:1516:35Hille16:35宿泊地
5日目
山行
3時間0分
休憩
0分
合計
3時間0分
宿泊地07:3010:30BirethantiG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルートは手入力、およその時間を記載
コース状況/
危険箇所等
3/12 キムチェからガンドルンへ
ポカラからバスでかなりの悪路をキムチェへ、キムチェの少し先までバスで入りトレッキング開始。
石畳の道を登り、2時間弱でガンドルンに着いた。

3/13 ガンドルンからタダパニへ
早朝、ロッジの屋上からアンナプルナサウスとマチャプチャレが展望できて、ヒマラヤの高峰を初めて拝むことができた。
少し登ると大きなシャクナゲが現れ、この後もしばらくはシャクナゲの森が続いた。20m位の高さがあり、日本のシャクナゲとは別の大木に思えた。
13時半頃にはタダパニのロッジに到着した。タダパニは小さな集落で、岡の上に登ると集落を一望できた。

3/14 タダパニからゴラパニへ
朝は雲が多く展望不良、少し経つと雲が晴れてきてヒマラヤの展望が開けてきた。
タダパニから少し下り、登り返してデウラリ峠2990mへ、ずっとシャクナゲの森が続き、標高の高いところには真赤なシャクナゲも見られ、この日のシャクナゲは素晴らしかった。
この日は石段のアップダウンの多い道を通り、ゴラパニにたどりついた。少し雲が出てきて展望はそれほど良くなかった。

3/15 プーンヒル往復後ヒレへ
夜明け前の4:30にプーンヒルに向けて出発、暗い道をヘッドライトで登った。日の出前の朝6時頃にプーンヒルに到着。すでにかなりの人がおり、その後も続々と登ってきた。今回最大の展望所で少し粘っていたが、雲が多く大展望も日の出も拝むことはできなかった。
あきらめて宿に戻ってから朝食を食べた後9:15に出発。この後もシャクナゲは見られるが、ゴラパニから南に下るとヒマラヤの展望はほとんどなくなってしまった。
16時半頃ようやくヒレのロッジに到着した。この日の夜はかなり雨が降った。

3/16 ヒレからビレタンティへ
ヒレの朝は快晴、かなり冷え込んだようで標高の高いところは雪が積もって白くなっていた。
7:30に出発、少し歩くと林道になり、ずっと林道沿いを歩き、3時間程で終了地点のビレタンティに着いた。休憩所からマチャプチャレが展望できた。

その後バスでポカラ空港に行き、ポカラからカトマンズへ移動した。
翌日、夜明け前にナガルコットから日の出を見に行き、このときは遠くエベレストまで展望することができた。
その他周辺情報ロッジには温水シャワーがあるにはあるが、お湯はまともに出ないので一度もシャワーは浴びなかった。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 飲料 コンパス ヘッドランプ 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 時計 タオル カメラ

写真

キムチェ
2018年03月12日 12:22撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キムチェ
石段の道
2018年03月12日 13:11撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石段の道
ガンドルン到着
2018年03月12日 13:20撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガンドルン到着
ロッジ付近を散策
2018年03月12日 16:57撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロッジ付近を散策
2
翌朝の宿の屋上から
アンナプルナサウスとマチャプチャレ
2018年03月13日 06:34撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝の宿の屋上から
アンナプルナサウスとマチャプチャレ
2
アンナプルナサウス
2018年03月13日 06:37撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アンナプルナサウス
1
シャクナゲの木が大きい
2018年03月13日 10:58撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲの木が大きい
シャクナゲ
2018年03月13日 10:59撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲ
2
タダパニの村
山が赤い
2018年03月13日 13:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タダパニの村
山が赤い
タダパニを見下ろす
2018年03月13日 16:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タダパニを見下ろす
1
真赤なシャクナゲ
2018年03月14日 09:24撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真赤なシャクナゲ
真赤なシャクナゲ
2018年03月14日 10:47撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真赤なシャクナゲ
シャクナゲ色
2018年03月14日 14:20撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲ色
1
日本のシャクナゲと同じものとは思えない
2018年03月14日 14:50撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本のシャクナゲと同じものとは思えない
ゴラパニの入口
2018年03月14日 15:27撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴラパニの入口
1
世界最高の展望地の一つ
のはずだったが
2018年03月14日 17:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
世界最高の展望地の一つ
のはずだったが
夜明け前にプーンヒルに向けて出発
プーンヒルの料金所
2018年03月15日 05:06撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明け前にプーンヒルに向けて出発
プーンヒルの料金所
1
プーンヒル標識
人が多い
2018年03月15日 06:08撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プーンヒル標識
人が多い
1
雲が多く展望不良
2018年03月15日 06:14撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が多く展望不良
2
見えるはずの山
2018年03月15日 06:33撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見えるはずの山
1
夜が明けてきたが
2018年03月15日 06:55撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜が明けてきたが
1
展望不良
ダウラギリは見えず
2018年03月15日 06:57撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望不良
ダウラギリは見えず
あきらめてプーンヒルを後にする
2018年03月15日 07:04撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あきらめてプーンヒルを後にする
料金所出口
2018年03月15日 07:25撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
料金所出口
1
ゴラパニ出口
ここを過ぎるとヒマラヤの展望はなし
2018年03月15日 09:29撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴラパニ出口
ここを過ぎるとヒマラヤの展望はなし
ヤギの放牧
2018年03月15日 10:21撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤギの放牧
1
ロバ優先
2018年03月15日 15:37撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロバ優先
2
ロッジ
この日の夜は雨
2018年03月15日 16:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロッジ
この日の夜は雨
翌朝は快晴で寒い
上部は雪で白くなっていた
2018年03月16日 07:01撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝は快晴で寒い
上部は雪で白くなっていた
1
上部は雪で白くなっている
2018年03月16日 08:47撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部は雪で白くなっている
1
水牛の横を通る
2018年03月16日 09:33撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水牛の横を通る
1
マチャプチャレが見えた
2018年03月16日 09:57撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マチャプチャレが見えた
1
マチャプチャレ
2018年03月16日 10:02撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マチャプチャレ
3
トレッキング終了地点
2018年03月16日 10:08撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレッキング終了地点
最後のランチ
2018年03月16日 10:20撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後のランチ
3
ポカラ空港
2018年03月16日 14:19撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ポカラ空港
ポカラからヒマラヤ方面は展望不良
2018年03月16日 14:19撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ポカラからヒマラヤ方面は展望不良
1
翌朝
ナガルコットの日の出
2018年03月17日 06:17撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝
ナガルコットの日の出
3
エベレストは遠いため小さく見えた拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探すエベレストは遠いため小さく見えた
1

感想/記録

カトマンズは予想していたよりも人と車、埃も多かった。ポカラは小さな町でローカルな町という感じだった。道路は舗装されていてもかなり凹凸が多くバスの乗り心地は悪く、未舗装路に入るとさらにひどくなる。
トレッキング道は石畳のようなところが結構多く、かなり急坂もあるので十分な山用装備が必要である。
今回のトレッキングの最高地点で最高の展望所のプーンヒルで展望不良でダウラギリが見えなかったのが残念だったが、山の展望なのでしかたがないとあきらめるしかなかった。
しかし、ネパールの国花である大きなシャクナゲが満開で美しく、シャクナゲ色に染まった山を歩けたことは貴重な体験であったと思う。
訪問者数:177人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 サル シャクナゲ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ