また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1408066 全員に公開 ハイキング霧島・開聞岳

鹿児島遠征最終日 快晴の 霧島 えびの高原 白鳥山

日程 2018年03月23日(金) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
滞在していた鹿児島市の宿からレンタカーで一般道を走り、えびの高原へ。カーナビやグーグルナビ通りに行くと、通行止道路を案内されました。この先通行止の看板があり戻ったのであまりロスしなかったのですが、霧島神社の交差点を左折してえびの高原へ向かうのが正解です。3月の新燃岳の噴火のせいか、霧島神社より先の道は空いています。えびの高原の駐車場は500円ですが、数台しか止まってていません。帰りは途中新燃岳のビューポイントから新燃岳も眺めて、霧島神社に参拝後、空港近くでレンタカーを返却しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間17分
休憩
18分
合計
1時間35分
Sえびの高原13:4613:53えびの展望台13:5614:13二湖パノラマ展望台14:2114:35白鳥山14:3814:45白鳥山北展望台14:57白紫池15:10えびの展望台15:16えびのエコミュージアムセンター15:2015:21えびの高原G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ハイキングコースとしてとても整備されています。
その他周辺情報下山後に霧島神社に参拝して、レンタカー返却前に空港近くのザボンラーメンに寄りました。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 飲料 ヘッドランプ ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス カメラ

写真

霧島神社の交差点。右折が距離的に近いので、ナビは右折を勧めますが、通行止めなので、えびの高原へは左折が正解です。
2018年03月23日 12:49撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧島神社の交差点。右折が距離的に近いので、ナビは右折を勧めますが、通行止めなので、えびの高原へは左折が正解です。
途中の道の駅で道を確認して、えびのエコミュージアム前の駐車場到着です。ほとんど車とすれ違うことなく、駐車場も空いてました。駐車場の方が行ける所の説明をしてくれました。新燃岳は噴火当初は黒い噴煙を上げていたそうですが、最近は白い噴煙に変わったそうです。韓国岳越しに新燃岳の白い噴煙が見えます。
2018年03月23日 13:48撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の道の駅で道を確認して、えびのエコミュージアム前の駐車場到着です。ほとんど車とすれ違うことなく、駐車場も空いてました。駐車場の方が行ける所の説明をしてくれました。新燃岳は噴火当初は黒い噴煙を上げていたそうですが、最近は白い噴煙に変わったそうです。韓国岳越しに新燃岳の白い噴煙が見えます。
登山口の案内もしていただいて、見送られながら、池巡りコースへ。
2018年03月23日 13:49撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口の案内もしていただいて、見送られながら、池巡りコースへ。
池巡りコースへはここを上がっていきます。
2018年03月23日 13:51撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池巡りコースへはここを上がっていきます。
整備されたハイキング道を少し上ると展望台に。登りたかった韓国岳が青空に映えます。
2018年03月23日 13:56撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
整備されたハイキング道を少し上ると展望台に。登りたかった韓国岳が青空に映えます。
更に登った所の展望台からは更にしっかり韓国岳が。
2018年03月23日 13:56撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に登った所の展望台からは更にしっかり韓国岳が。
1
大浪池でしょうか。ここから韓国岳に登るコースを計画していましたが、残念です。
2018年03月23日 13:57撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大浪池でしょうか。ここから韓国岳に登るコースを計画していましたが、残念です。
これから向かう白鳥山と白紫池が見えます。
2018年03月23日 14:21撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう白鳥山と白紫池が見えます。
御池がきれいですね。
2018年03月23日 14:21撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御池がきれいですね。
快晴です。途中鹿児島地元のご夫婦に声を掛けていただいて話しました。いつもは韓国岳に登るそうですが、登れないので白鳥山に来たとのこと。同じですね。
2018年03月23日 14:22撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴です。途中鹿児島地元のご夫婦に声を掛けていただいて話しました。いつもは韓国岳に登るそうですが、登れないので白鳥山に来たとのこと。同じですね。
1
山頂直下は火山特有の溶岩石のざらざら斜面を登ります。
2018年03月23日 14:33撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下は火山特有の溶岩石のざらざら斜面を登ります。
1
山頂に到着。大浪池と韓国岳の展望が広がります。
2018年03月23日 14:39撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に到着。大浪池と韓国岳の展望が広がります。
2
写真だけ撮って下山開始。すぐに北展望台です。
2018年03月23日 14:49撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真だけ撮って下山開始。すぐに北展望台です。
こちらも眺め良いですね!
2018年03月23日 14:49撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも眺め良いですね!
2
御池がきれいです。
2018年03月23日 14:49撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御池がきれいです。
御池の縁には白い所も。砂浜でしょうか?
2018年03月23日 14:50撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御池の縁には白い所も。砂浜でしょうか?
北展望台からは普通の登山道を下ります。急な坂なので、逆方向で登ったほうがハイキングとしてはより安全ですね。
2018年03月23日 14:50撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北展望台からは普通の登山道を下ります。急な坂なので、逆方向で登ったほうがハイキングとしてはより安全ですね。
ハイキング道に合流しました。時間が無いので、エコミュージアム方面に戻ります。
2018年03月23日 14:55撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイキング道に合流しました。時間が無いので、エコミュージアム方面に戻ります。
ガサッと音がして見ると、鹿が近くに。これほど近くで野生の鹿を見たのは初めてです。
2018年03月23日 14:58撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガサッと音がして見ると、鹿が近くに。これほど近くで野生の鹿を見たのは初めてです。
白紫池は大きいですね。
2018年03月23日 14:59撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白紫池は大きいですね。
最初の展望台に戻ってきました。
2018年03月23日 15:12撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の展望台に戻ってきました。
ハイキング道入口に戻りました。全工程で、会ったのは5組程。静かなハイキングです。
2018年03月23日 15:15撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイキング道入口に戻りました。全工程で、会ったのは5組程。静かなハイキングです。
エコミュージアムでバッジを購入。
2018年03月23日 15:18撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エコミュージアムでバッジを購入。
ミュージアムには霧島山のジオラマがありました。距離感が判りますね。ひととおり見学して、空港を目指します。
2018年03月23日 15:20撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミュージアムには霧島山のジオラマがありました。距離感が判りますね。ひととおり見学して、空港を目指します。
途中霧島神社に参拝しました。神聖な雰囲気が漂っています。大きな鳥居入ってすぐの観光案内所の駐車場から歩きましたが、もうちょっと先にも駐車場あったので、そこでも良かったかも。
2018年03月23日 16:12撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中霧島神社に参拝しました。神聖な雰囲気が漂っています。大きな鳥居入ってすぐの観光案内所の駐車場から歩きましたが、もうちょっと先にも駐車場あったので、そこでも良かったかも。
1
境内には霧島杉の巨木があります。言葉を失って見上げてしまいました。
2018年03月23日 16:13撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
境内には霧島杉の巨木があります。言葉を失って見上げてしまいました。
霧島神社には桜島方向の展望スポットがあります。今日の桜島は噴煙少なめ。桜島はもちろん左手奥にかすかに昨日登った開聞岳が見えます。写真だと見えないかな。
2018年03月23日 16:17撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧島神社には桜島方向の展望スポットがあります。今日の桜島は噴煙少なめ。桜島はもちろん左手奥にかすかに昨日登った開聞岳が見えます。写真だと見えないかな。
霧島神社の観光案内所で、新燃岳噴火で中止になった霧島ウォークのマグカップ300円を買って、空港に。
2018年03月25日 09:53撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧島神社の観光案内所で、新燃岳噴火で中止になった霧島ウォークのマグカップ300円を買って、空港に。
1
途中ザボンラーメンに寄りました。麺がちゃぽんみたいですね。あっさり目のスープとしっかり味のチャーシューが合って、美味しい。
2018年03月23日 17:23撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中ザボンラーメンに寄りました。麺がちゃぽんみたいですね。あっさり目のスープとしっかり味のチャーシューが合って、美味しい。
1

感想/記録

鹿児島遠征最終日に霧島山のえびの高原から白鳥山(池巡りコースの一部)を歩いて来ました。計画した時は韓国岳を大浪池方向から登る予定でしたが、最近の規制で通行止めになって、白鳥山に変更。数日前まではえびのエコミュージアムも閉館していましたが、新燃岳の規制が4劼ら3劼暴名されて、エコミュージアムも再開。朝エコミュージアムに電話して、開館を確認して、実際行ってみると、えびの高原は降灰の跡も無くて、穏やかな感じでした。今回霧島山は諦めかけていましたが、これほどの晴天で静かに霧島の山池を眺めながら歩けて、良かったです。
けれど、雄大な韓国岳はいつかは登ってみたいですね。
今回開聞岳と霧島山に上りましたが、桜島を含めて、天気に恵まれて、桜満開の中、ダイナミックな鹿児島の景観に会えて、楽しめた鹿児島遠征でした。
今回も、無事に下山できて良かった。
次に鹿児島に来るときは屋久島でしょうか。楽しみです。
訪問者数:114人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

高原 マグ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ