また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1409506 全員に公開 雪山ハイキング白馬・鹿島槍・五竜

*大展望に大満足*小遠見山〜中遠見山スノーハイク

日程 2018年03月24日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
・白馬五竜スキー場(エイブル白馬五竜)無料駐車場
 ゴンドラ とおみ駅−アルプス平駅 往復チケット1800円
 (チケット売り場ではなく乗り場にて直接購入)
 ※ゴンドラは朝8:15より運行

・アルプス第一ペアリフト(今回は使わず)片道400円
 (アルプス平から地蔵の頭の下あたりまで行けますが
  たいした距離はないので今回はスキー場脇を歩きました)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間57分
休憩
1時間42分
合計
5時間39分
S白馬五竜アルプス平08:4609:12地蔵の頭10:42小遠見山10:5011:19中遠見山12:4613:16小遠見山13:2314:15地蔵の頭14:25白馬五竜アルプス平14:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ゴンドラ乗り場 とおみ駅に登山ポストあり

写真

とおみ駅よりゴンドラ
五竜テレキャビンで
アルプス平まで!
2018年03月24日 08:06撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とおみ駅よりゴンドラ
五竜テレキャビンで
アルプス平まで!
今回リフトは使わず
アルプス平よりスキー場脇を歩いていきます。
2018年03月24日 08:52撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回リフトは使わず
アルプス平よりスキー場脇を歩いていきます。
2
地蔵の頭の真下にある
リフト乗り場に到着。
2018年03月24日 09:05撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵の頭の真下にある
リフト乗り場に到着。
1
斜面を登ればそこはもう
地蔵の頭。
2018年03月24日 09:12撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面を登ればそこはもう
地蔵の頭。
1
小遠見山へ向かう尾根。
先行の皆さん、好き好きに
歩いてます。
2018年03月24日 09:16撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小遠見山へ向かう尾根。
先行の皆さん、好き好きに
歩いてます。
2
さて、私たちはどこから
登っていきましょうか。
2018年03月24日 09:20撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、私たちはどこから
登っていきましょうか。
尾根に出ました。
景色サイコーです。
火打、妙高、戸隠連峰!
2018年03月24日 10:02撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に出ました。
景色サイコーです。
火打、妙高、戸隠連峰!
6
ヤッホー五竜岳!
武田菱がクッキリと。
2018年03月24日 10:05撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤッホー五竜岳!
武田菱がクッキリと。
8
美しい尾根道。
先行の人たちが見えます。
2018年03月24日 10:07撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい尾根道。
先行の人たちが見えます。
4
ここを上りきれば
小遠見山だ。
2018年03月24日 10:29撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを上りきれば
小遠見山だ。
1
小遠見山に到着!
2018年03月24日 10:43撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小遠見山に到着!
3
火打、妙高。美しいです。
2018年03月24日 10:46撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火打、妙高。美しいです。
4
さて、中遠見山に向かって
まずは下ります。
左に鹿島槍、右に五竜岳。
2018年03月24日 10:49撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、中遠見山に向かって
まずは下ります。
左に鹿島槍、右に五竜岳。
2
たぶん2、3日前に
雪が降って数十センチは
積もったんじゃないかな。
2018年03月24日 10:53撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たぶん2、3日前に
雪が降って数十センチは
積もったんじゃないかな。
2
五竜岳を見ながら
気持ちのいい尾根道を。
2018年03月24日 10:53撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜岳を見ながら
気持ちのいい尾根道を。
2
ケルン発見。
ここが中遠見山。
標識はおそらく雪の下。
2018年03月24日 11:23撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケルン発見。
ここが中遠見山。
標識はおそらく雪の下。
2
唐松岳も真っ白。
2018年03月24日 11:58撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳も真っ白。
白馬三山〜♪
2018年03月24日 11:58撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬三山〜♪
雪庇のアート☆
2018年03月24日 11:58撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇のアート☆
7
青空の下の戸隠連峰。
素晴らしい眺望。
2018年03月24日 12:01撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空の下の戸隠連峰。
素晴らしい眺望。
どなたが作ったのか
可愛らしい雪だるま発見。
耳が付いてる・・・猫?
2018年03月24日 12:32撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どなたが作ったのか
可愛らしい雪だるま発見。
耳が付いてる・・・猫?
4
本日はこの辺りまでで
引き返します。いつまでも
名残惜しそうに写真を撮る。
2018年03月24日 12:34撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日はこの辺りまでで
引き返します。いつまでも
名残惜しそうに写真を撮る。
1
鹿島槍の頭上にぽっかりと
UFOのような雲が。
2018年03月24日 12:38撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍の頭上にぽっかりと
UFOのような雲が。
8
大遠見山へ向かう稜線。
その奥にそびえる五竜岳。
2018年03月24日 12:38撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大遠見山へ向かう稜線。
その奥にそびえる五竜岳。
これが今年1月氷河と
確認されたカクネ里雪渓。
ロマンだなぁ。
2018年03月24日 12:52撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが今年1月氷河と
確認されたカクネ里雪渓。
ロマンだなぁ。
4
少し戻ってきた所で
振り返る。鹿島槍と五竜岳。
何度見ても素晴らしい景色!
2018年03月24日 13:15撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し戻ってきた所で
振り返る。鹿島槍と五竜岳。
何度見ても素晴らしい景色!
2
爺ヶ岳。
左下奥にはうっすらと
槍ヶ岳の姿も。
2018年03月24日 13:16撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳。
左下奥にはうっすらと
槍ヶ岳の姿も。
1
右が浅間山、左は四阿山。
2018年03月24日 13:20撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右が浅間山、左は四阿山。
白馬三山を眺めながら。
2018年03月24日 13:24撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬三山を眺めながら。
1
火打・妙高方面を
眺めながら。
2018年03月24日 13:29撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火打・妙高方面を
眺めながら。
1
眼の前に広がる
大パノラマ!
2018年03月24日 13:49撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼の前に広がる
大パノラマ!
飛んでいきたくなります。
2018年03月24日 13:59撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛んでいきたくなります。
1
帰りは地蔵の頭を迂回して
2018年03月24日 14:10撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは地蔵の頭を迂回して
再びスキー場脇を歩いて
ゴンドラ アルプス平駅へ。
お疲れ様でした!
2018年03月24日 14:24撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再びスキー場脇を歩いて
ゴンドラ アルプス平駅へ。
お疲れ様でした!

感想/記録

スキー場駐車場に7時過ぎに到着。
ゴンドラの運行開始が8:15からなので、着替え&支度をしながら
しばし車内で待機。

とおみ駅の改札にて直接ゴンドラチケットを買い、アルプス平まで。
早速アイゼンを付けます。
アルプス平から地蔵の頭の下あたりまで行けるペアリフトには今回乗らず、
そのままスキー場脇を邪魔にならないよう歩きます。

リフト乗り場の所から直登し、まずは地蔵の頭へ。
そこから一旦下り、遠見尾根に続く斜面を登ります。

尾根道に出ても風はなく、歩いていると暑いぐらい。
天気もよく最高の展望の中、いくつかのアップダウンを越えて
小遠見山に到着。

小遠見山での展望を楽しんだ後、中遠見山へ向かい 歩みを進めます。
コース右側には雪庇、左側が切り落ちている箇所もあるので、足元を
気をつけながら歩きます。
おそらく2、3日前にまた雪が降り数十センチは雪が積もったのでしょう、
けっこう足が深く沈み込みました。

中遠見山の山頂標識は雪に埋もれて発見できませんでしたが
石のケルンがあったので、その辺りで休憩することに。
目の前には、今年1月に氷河が確認された鹿島槍の北東に位置するカクネ里雪渓。
五竜岳の山頂付近に現れる武田菱の雪形も確認することができました。
風もなく気持ちのいい青空の下、これらの絶景をおかずに昼食&コーヒータイム。
なんて贅沢な時間なんでしょう。もう大満足です。

体力と時間があれば大遠見山まで、とも考えていたのですが、ここで十分満足
できたこともあり、今回は引き返すことに。

天気もよく足元の雪も少しずつ緩んできていたので、気をつけながら
小遠見山まで戻り、その後も戸隠連峰や四阿山・浅間山などの景色を
楽しみながら下っていき、地蔵の頭の箇所だけは登らずに右側を迂回して
行きと同じくスキー場脇を歩き、アルプス平のゴンドラ駅まで戻ってきました。

今回はアイゼン+両手ストックで歩きましたが、途中片側が切り落ちている箇所を
歩いている時には、滑落したら一気に滑り落ちていきそうだなぁと感じたので
やはりピッケルも持って行くべきだったのかなとも思いました。
訪問者数:179人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ