また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1418482 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

残雪の谷川連峰馬蹄形縦走(白毛門より反時計回り)

日程 2018年03月31日(土) 〜 2018年04月01日(日)
メンバー , その他メンバー2人
天候2日とも晴れ!
アクセス
利用交通機関
車・バイク
谷川岳ベースプラザ駐車場に駐車
白毛門登山口駐車場は除雪されていないためとめられない
JR土合駅の駐車場も登山者は駐車禁止とのこと
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間11分
休憩
54分
合計
7時間5分
S谷川岳ロープウェイ駐車場06:5007:06白毛門登山口駐車場07:11東黒沢09:08松ノ木沢の頭09:1409:58白毛門10:1310:59笠ヶ岳11:1612:19朝日岳12:3512:54ジャンクションピーク13:55清水峠白崩避難小屋
2日目
山行
6時間30分
休憩
55分
合計
7時間25分
清水峠白崩避難小屋04:4505:40七ツ小屋山06:25蓬峠06:4007:25武能岳07:3509:10茂倉岳09:2509:45一ノ倉岳10:40谷川岳(オキノ耳)10:5511:10谷川岳(トマノ耳)12:10天神平12:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
このところの陽気でかなり雪解けが進んでいます。白毛門の登りの下部樹林帯は夏道露出、縦走路も所々夏道が露出。
松ノ木沢の頭から上は東側斜面への転落注意、白毛門頂上直下は雪壁になっていて絶対にスリップできない。特に下りは注意。
縦走路も朝日岳からの下りや一ノ倉岳からの下りなど転落・スリップ注意箇所多数。
縦走路の雪面もクラックがかなりあるので割れ目に落ちないように注意。
さらに所々雪庇も残っているので、端に寄り過ぎないこと。
晴れていれば稜線上は迷うところは無いと思うが、ガスがかかっていたり悪天候の場合は、トレースを見失って枝尾根などに迷い込まないようしっかりしたルートファインディングが必要。
その他周辺情報土合から車で10分ほど下ったホテル湯の陣は、ロープウェイチケットを見せると日帰り入浴料980円が590円に割引され、手ぬぐいももらえ、中も広くて良い湯でした。(日帰り入浴時間は13時から)
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

ロープウェイの駐車場から白毛門登山口まで車道を歩く
2018年03月31日 06:53撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイの駐車場から白毛門登山口まで車道を歩く
白毛門登山口の馬蹄形概念図の看板
2018年03月31日 07:10撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門登山口の馬蹄形概念図の看板
まずは東黒沢にかかる橋を渡る
2018年03月31日 07:10撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは東黒沢にかかる橋を渡る
最初は雪があったが、すぐに雪は無くなりしばらく夏道登山道、樹林帯の急登でキツイ
2018年03月31日 07:27撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は雪があったが、すぐに雪は無くなりしばらく夏道登山道、樹林帯の急登でキツイ
大きな木のところ
2018年03月31日 08:11撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな木のところ
松ノ木沢の頭付近、谷川岳をバックに登る
2018年03月31日 09:05撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松ノ木沢の頭付近、谷川岳をバックに登る
3
松ノ木沢の頭から白毛門を望む
2018年03月31日 09:06撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松ノ木沢の頭から白毛門を望む
一ノ倉の岩壁も黒々としている
2018年03月31日 09:08撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉の岩壁も黒々としている
2
ジジ岩とババ岩
2018年03月31日 09:32撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジジ岩とババ岩
白毛門 到着!
2018年03月31日 09:56撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門 到着!
1
白毛門から見る馬蹄形縦走路 谷川岳〜一ノ倉岳〜茂倉岳〜蓬峠に続く稜線
2018年03月31日 10:06撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門から見る馬蹄形縦走路 谷川岳〜一ノ倉岳〜茂倉岳〜蓬峠に続く稜線
2
笠ヶ岳から朝日に続く稜線
2018年03月31日 10:06撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳から朝日に続く稜線
2
白毛門山頂からの大展望
谷川岳と一ノ倉沢の大岩壁
2018年03月31日 10:06撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門山頂からの大展望
谷川岳と一ノ倉沢の大岩壁
2
白毛門から笠ヶ岳への稜線、夏は潅木や笹が茂っているがこの時期はすべて埋もれている
2018年03月31日 10:13撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門から笠ヶ岳への稜線、夏は潅木や笹が茂っているがこの時期はすべて埋もれている
2
笠ヶ岳に向かう
2018年03月31日 10:14撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳に向かう
2
笠ヶ岳山頂、雪ありません
2018年03月31日 11:04撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳山頂、雪ありません
1
笠ヶ岳避難小屋と朝日岳に続く稜線
2018年03月31日 11:04撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳避難小屋と朝日岳に続く稜線
1
笠ヶ岳からの谷川岳東面の大岩壁も迫力あります
2018年03月31日 11:04撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳からの谷川岳東面の大岩壁も迫力あります
2
笠ヶ岳山頂から広角で馬蹄形
谷川岳から武能岳まで
2018年03月31日 11:07撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳山頂から広角で馬蹄形
谷川岳から武能岳まで
1
笠ヶ岳山頂から広角で馬蹄形
茂倉岳から清水峠まで
その向こうに苗場山など
2018年03月31日 11:07撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳山頂から広角で馬蹄形
茂倉岳から清水峠まで
その向こうに苗場山など
2
笠ヶ岳山頂から広角で馬蹄形
清水峠から朝日岳まで
2018年03月31日 11:07撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳山頂から広角で馬蹄形
清水峠から朝日岳まで
1
清水峠の向こうに巻機山方面
2018年03月31日 11:07撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水峠の向こうに巻機山方面
2
笠ヶ岳山頂から白毛門に続く稜線
その向こうに武尊山や赤城山も見える
2018年03月31日 11:08撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳山頂から白毛門に続く稜線
その向こうに武尊山や赤城山も見える
1
笠ヶ岳からしばらく進んで笠ヶ岳を振り返る
2018年03月31日 11:31撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳からしばらく進んで笠ヶ岳を振り返る
1
朝日岳に続く稜線を登る
2018年03月31日 11:46撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳に続く稜線を登る
1
朝日岳山頂も雪ありません
2018年03月31日 12:19撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳山頂も雪ありません
3
朝日岳から見る馬蹄形縦走路
左は笠ヶ岳、その向こうに谷川岳から七ツ小屋山まで
2018年03月31日 12:27撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳から見る馬蹄形縦走路
左は笠ヶ岳、その向こうに谷川岳から七ツ小屋山まで
2
朝日岳からジャンクションピークに向かうなだらかな稜線
2018年03月31日 12:37撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳からジャンクションピークに向かうなだらかな稜線
1
越後から尾瀬方面
2018年03月31日 12:37撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越後から尾瀬方面
1
朝日ヶ原湿原付近
2018年03月31日 12:41撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日ヶ原湿原付近
ジャンクションピーク付近
2018年03月31日 12:56撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンクションピーク付近
1
巻機山へ続く稜線
2018年03月31日 12:56撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻機山へ続く稜線
1
清水峠と大源太山
2018年03月31日 13:06撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水峠と大源太山
1
大源太山アップ
2018年03月31日 13:06撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大源太山アップ
2
朝日岳からの下り
2018年03月31日 13:12撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳からの下り
1
朝日岳からの下り
2018年03月31日 13:22撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳からの下り
1
ちょっとした雪稜
2018年03月31日 13:24撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとした雪稜
1
清水峠がだいぶ近づいてきた
2018年03月31日 13:28撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水峠がだいぶ近づいてきた
1
峠付近の鉄塔
2018年03月31日 13:48撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠付近の鉄塔
1
あとちょっと
2018年03月31日 13:51撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとちょっと
1
手前の小さいほうが白崩避難小屋
奥の三角屋根はJR送電線監視所
2018年03月31日 13:49撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前の小さいほうが白崩避難小屋
奥の三角屋根はJR送電線監視所
1
清水峠 白崩避難小屋 到着!
2018年03月31日 13:55撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水峠 白崩避難小屋 到着!
3
清水峠からの谷川岳方面の眺め
ロケーションは最高です!
2018年03月31日 14:00撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水峠からの谷川岳方面の眺め
ロケーションは最高です!
3
JR送電線監視所
2018年03月31日 14:00撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JR送電線監視所
1
小屋の裏手にはかわいい神社
巻機山方面の景色が最高です
2018年03月31日 14:11撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の裏手にはかわいい神社
巻機山方面の景色が最高です
2
みんな春の陽気の中、小屋の外でくつろいでます
2018年03月31日 16:47撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みんな春の陽気の中、小屋の外でくつろいでます
1
翌日はまだ夜が明ける前にヘッデンを点けて出発
2018年04月01日 05:05撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日はまだ夜が明ける前にヘッデンを点けて出発
1
七ツ小屋山付近からの大源太山。ここまでくると尖がってます。
左下に伸びる稜線が2月に登った弥助尾根。
2018年04月01日 05:37撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ小屋山付近からの大源太山。ここまでくると尖がってます。
左下に伸びる稜線が2月に登った弥助尾根。
1
七ツ小屋山付近
2018年04月01日 05:38撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ小屋山付近
1
七ツ小屋山山頂
2018年04月01日 05:39撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ小屋山山頂
1
七ツ小屋山から谷川岳に続く馬蹄形の後半部分
2018年04月01日 05:42撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ小屋山から谷川岳に続く馬蹄形の後半部分
1
朝日岳の左からようやく日の出
2018年04月01日 05:48撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳の左からようやく日の出
2
しばし御来光を鑑賞
2018年04月01日 05:50撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばし御来光を鑑賞
1
夜明けの馬蹄形縦走路
2018年04月01日 06:00撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明けの馬蹄形縦走路
1
ほんのりモルゲンロートに染まる雪面
2018年04月01日 06:03撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほんのりモルゲンロートに染まる雪面
1
七ツ小屋山から蓬峠の間も一部夏道露出してます
2018年04月01日 06:06撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ小屋山から蓬峠の間も一部夏道露出してます
1
歩いてきた七ツ小屋山を振り返る
2018年04月01日 06:15撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた七ツ小屋山を振り返る
1
蓬ヒュッテに着いた
2018年04月01日 06:26撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓬ヒュッテに着いた
1
蓬ヒュッテ
2018年04月01日 06:28撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓬ヒュッテ
1
少し進んで蓬峠を振り返る
2018年04月01日 06:41撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し進んで蓬峠を振り返る
1
蓬峠の先も一部夏道露出
2018年04月01日 06:53撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓬峠の先も一部夏道露出
1
歩いてきた道
2018年04月01日 07:09撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた道
1
大源太山と巻機山
2018年04月01日 07:10撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大源太山と巻機山
3
武能岳のピークはこのさらに奥です
2018年04月01日 07:16撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武能岳のピークはこのさらに奥です
1
武能岳山頂手前
2018年04月01日 07:23撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武能岳山頂手前
1
武能岳からの茂倉岳と右は一ノ倉岳
2018年04月01日 07:28撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武能岳からの茂倉岳と右は一ノ倉岳
1
主脈の万太郎山方面
2018年04月01日 07:28撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主脈の万太郎山方面
1
茂倉岳、万太郎山方面
2018年04月01日 07:30撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茂倉岳、万太郎山方面
1
歩いてきた稜線、大源太山、巻機山
2018年04月01日 07:28撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた稜線、大源太山、巻機山
1
武能岳山頂
2018年04月01日 07:31撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武能岳山頂
1
茂倉岳に続く稜線
2018年04月01日 07:38撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茂倉岳に続く稜線
1
武能岳の下りも夏道露出
2018年04月01日 07:42撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武能岳の下りも夏道露出
1
茂倉岳 頂上遠い
2018年04月01日 07:57撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茂倉岳 頂上遠い
3
武能岳を振り返る
南側斜面は完全に雪が落ちて露出している
2018年04月01日 08:00撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武能岳を振り返る
南側斜面は完全に雪が落ちて露出している
武能岳西尾根
2018年04月01日 08:02撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武能岳西尾根
1
歩いてきた武能岳と朝日岳方面
2018年04月01日 08:28撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた武能岳と朝日岳方面
2
歩いてきた武能岳に続く稜線
2018年04月01日 08:32撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた武能岳に続く稜線
1
茂倉岳山頂から一ノ倉岳、谷川岳に続く稜線
2018年04月01日 09:16撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茂倉岳山頂から一ノ倉岳、谷川岳に続く稜線
1
茂倉岳から、歩いてきた馬蹄形縦走路の全景
2018年04月01日 09:26撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茂倉岳から、歩いてきた馬蹄形縦走路の全景
2
茂倉岳から一ノ倉岳に向かって
2018年04月01日 09:30撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茂倉岳から一ノ倉岳に向かって
1
一ノ倉岳と右は谷川岳
2018年04月01日 09:36撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳と右は谷川岳
1
茂倉岳を振り返る
2018年04月01日 09:40撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茂倉岳を振り返る
1
一ノ倉岳から谷川岳と右にのびる主脈
2018年04月01日 09:52撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳から谷川岳と右にのびる主脈
1
谷川岳の非対象山稜
2018年04月01日 09:55撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳の非対象山稜
この辺りははまだほとんど登山者はいない
2018年04月01日 10:06撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りははまだほとんど登山者はいない
雪庇あります
2018年04月01日 10:15撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇あります
ようやく富士浅間神社奥の院まできた
2018年04月01日 10:31撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく富士浅間神社奥の院まできた
オキノ耳まであと少し
2018年04月01日 10:36撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキノ耳まであと少し
クルリン雪庇
2018年04月01日 10:36撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クルリン雪庇
2
オキノ耳到着!
2018年04月01日 10:39撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキノ耳到着!
2
オキノ耳からのトマノ耳
2018年04月01日 10:39撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキノ耳からのトマノ耳
トマノ耳
人いっぱい!
2018年04月01日 10:39撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマノ耳
人いっぱい!
トマノ耳と主脈方面
2018年04月01日 10:42撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマノ耳と主脈方面
オキノ耳とトマノ耳の間
2018年04月01日 10:58撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキノ耳とトマノ耳の間
トマノ耳まであとちょっと
人いっぱいw
2018年04月01日 10:58撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマノ耳まであとちょっと
人いっぱいw
トマの耳からのオキノ耳と一ノ倉岳、茂倉岳
2018年04月01日 11:02撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマの耳からのオキノ耳と一ノ倉岳、茂倉岳
肩の小屋とマナイタグラと万太郎山に続く主脈
2018年04月01日 11:05撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋とマナイタグラと万太郎山に続く主脈
西黒尾根分岐 ケルンの道標
2018年04月01日 11:07撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西黒尾根分岐 ケルンの道標
西黒尾根分岐 ケルンの道標
2018年04月01日 11:07撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西黒尾根分岐 ケルンの道標
天神尾根からどんどん人が登ってきます
2018年04月01日 11:09撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神尾根からどんどん人が登ってきます
ボーダーやちびっこも登っていました
2018年04月01日 11:09撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボーダーやちびっこも登っていました
天神尾根の下り
天神平も見える
2018年04月01日 11:13撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神尾根の下り
天神平も見える
マナイタグラ
2018年04月01日 11:14撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マナイタグラ
山頂を振り返る
2018年04月01日 11:19撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂を振り返る
熊穴沢避難小屋はまだ埋もれている
2018年04月01日 11:32撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊穴沢避難小屋はまだ埋もれている
最後に谷川岳と西黒尾根
2018年04月01日 11:57撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に谷川岳と西黒尾根
谷川岳と朝日岳方面のパノラマ
2018年04月01日 11:58撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳と朝日岳方面のパノラマ
天神平からの猫耳
2018年04月01日 12:05撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神平からの猫耳

感想/記録



これまで3回、花の時期と紅葉の時期に谷川馬蹄形を日帰りで縦走したが、雪のある季節に歩きたいと思っていたので、仲間を誘って1泊で行ってきました。
2日とも好天に恵まれたおかげで荷物は重いものの終始絶景が見渡せて癒され、風も穏やかで暖かかった。むしろ登りでは暑くて汗が噴き出し、歩いているときは半そででもいいくらい。清水峠に着いてからはポカポカ陽気の小屋の外で日が暮れるまで景色を見ながら宴会。夜の避難小屋も全然寒くなかった。
雪解けも急速に進んでいてすっかり春山の様相、すでに縦走路の一部は夏道が露出していて午後は踏み抜きも多かった。もう少し雪が残っていて純白の馬蹄形を期待していたので、あと半月くらい前のほうが良かったのだろう。

白毛門までは何名かの登山者と出会ったが、白毛門から先は巻機方面に縦走しているパーティが1組、我々よりも先に馬蹄形を先行している単独の方が1名。翌日も一ノ倉岳までは静かだったが、谷川岳まで来ると一転、たくさんの登山者で賑わっていて別世界となった。

この日、馬蹄形を歩いて清水峠の白崩避難小屋で一緒になったのは全部で11名。我々3名のほか4名パーティ、2名パーティ、単独の方が2名。避難小屋は詰めれば14人くらいはなんとか泊まれる広さ。蓬峠付近でテン泊している方も数名いたので、この時期としてはずいぶん賑わっていたと思う。

ちなみに笠ヶ岳の避難小屋は扉が何かにひっかかって開かなかった。蓬ヒュッテも冬季入り口が凍り付いて開かなかった。一ノ倉岳避難小屋はまだ雪に埋もれていて、熊穴沢避難小屋もほぼ雪に埋もれていた。
訪問者数:764人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ