また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1419073 全員に公開 講習/トレーニング丹沢

大山三峰(煤ヶ谷〜大山三峰〜不動尻〜広沢寺温泉入口)

日程 2018年04月02日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー23人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
■往路
小田急線「本厚木」駅発、7:40「宮ケ瀬」行のバスにて道の駅「きよかわ」まで
■帰路
16:25「広沢寺温泉入口」より「厚木バスセンター行き」に乗車、「本厚木駅」下車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間6分
休憩
27分
合計
7時間33分
S道の駅清川08:4208:49煤ヶ谷12:39大山三峰山12:5313:17七沢山13:2414:55不動尻15:25山の神沢広場15:30二の足林道ゲート15:46大沢川 トイレ15:53広沢寺温泉駐車場15:5816:04河鹿ノ沢16:0516:15広沢寺温泉入口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■煤ヶ谷〜大山三峰稜線まで
最初は落ち葉がたくさんの樹林帯の道(ヒルが多い場所)だが今回はヒルに遭遇せず。1匹も見かけませんでした。稜線に出るまでも、ここのところ雨も少ないため急登部分はかなりザレています。
■稜線から大山三峰尾根筋
鎖場、崩落地、ザレ、梯子多し。鎖場はそれを頼りに登るというよりも滑落防止のためのような感じ
■七沢山〜沢〜不動尻
崩れ気味のトラバース、枯れた沢通過、濡れた岩場、鎖(こちらの方が頼りに下りる感じ)など注意個所がたくさん。雨の後ならこちらの方が危ないような気がする。
その他周辺情報広沢寺温泉(入口より手前)からのバスが17時にあるので、ここの温泉を利用すればちょうど良い時間に帰れそうです。
http://www.geocities.jp/gyokusuiro/index.html.html
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 携帯 時計 サングラス ストック カメラ エマージェンシーシート

写真

道の駅「きよかわ」まで路線バスでやって来ました。こちらでトイレを済ませて出発します。登山口のある「煤ヶ谷」までは歩いて2・3分です。
2018年04月02日 08:49撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅「きよかわ」まで路線バスでやって来ました。こちらでトイレを済ませて出発します。登山口のある「煤ヶ谷」までは歩いて2・3分です。
2
谷太郎川沿いを歩きます。
2018年04月02日 08:54撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷太郎川沿いを歩きます。
登山口にはミツバツツジが咲いていました。春が一度に来た感じ。来る途中も桜も桃も満開でした。
2018年04月02日 08:59撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口にはミツバツツジが咲いていました。春が一度に来た感じ。来る途中も桜も桃も満開でした。
4
最初は樹林帯、植林の中の落ち葉の道を登って行きます。ここはヒルの発生地ですが、幸いなことにヒルには遭わずに通過できました。ヒルに会わないように稜線までは一気に行きます。
2018年04月02日 09:30撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は樹林帯、植林の中の落ち葉の道を登って行きます。ここはヒルの発生地ですが、幸いなことにヒルには遭わずに通過できました。ヒルに会わないように稜線までは一気に行きます。
山の神の祠に到着。ここで休憩します。
2018年04月02日 10:29撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の神の祠に到着。ここで休憩します。
昨年も見た根っこが半分以上出ているマメザクラの木です。今年も元気に花を咲かせていました。
2018年04月02日 10:46撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年も見た根っこが半分以上出ているマメザクラの木です。今年も元気に花を咲かせていました。
1
途中いくつもある注意書きです。最初の2つには「引き返す勇気」がありますが、それ以降は注意して通行となります。
2018年04月02日 10:57撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中いくつもある注意書きです。最初の2つには「引き返す勇気」がありますが、それ以降は注意して通行となります。
行く先を見上げる。
2018年04月02日 11:41撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行く先を見上げる。
三峰山到着。
2018年04月02日 12:55撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰山到着。
5
痩せ尾根からマメザクラを見る。
2018年04月02日 14:23撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せ尾根からマメザクラを見る。
1
七沢山を越えて沢筋を下りて行きます。
2018年04月02日 14:46撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七沢山を越えて沢筋を下りて行きます。
途中、崩れ気味のトラバースあり。濡れた岩のところを通過したり、鎖もまだまだ出てきたり。
2018年04月02日 14:51撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、崩れ気味のトラバースあり。濡れた岩のところを通過したり、鎖もまだまだ出てきたり。
不動尻到着。ミツマタが綺麗に咲いていました。
2018年04月02日 15:00撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動尻到着。ミツマタが綺麗に咲いていました。
3
山神隊道手前のキブシ
2018年04月02日 15:26撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山神隊道手前のキブシ
2
ヤマブキ
2018年04月02日 15:26撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマブキ
2
広沢寺温泉手前の里山風景
2018年04月02日 15:55撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広沢寺温泉手前の里山風景
3
広沢寺温泉入口バス停まで歩く途中に見事な桜並木あり
2018年04月02日 16:14撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広沢寺温泉入口バス停まで歩く途中に見事な桜並木あり
1
撮影機材:

感想/記録

 3月に個人で行った大山三峰と全く同じルートを岩場講習のツアーで再訪しました。自分で歩いて知っている道は、初めての場所に連れて行ってもらうとは精神的な余裕が違います。難しい道ではありましたが楽に歩けたと思います。ペース配分が勉強になりました。
 大山三峰までの往路の上りは結構速いペースで登りました。その後の尾根筋や沢筋の鎖場、ザレ、岩場などはゆっくりと歩きました。確かに往路の上りだけが速く行って問題のないところですし、今後すぐにヒルも出てくるでしょうから、この部分は休みなしに通過したいところです。次回、個人で行く時は往路上りをスピードアップしていくことにします。鎖場、ザレ、濡れた岩、崩れ気味の沢沿いの道は注意が必要でやはり大雨の後はやめた方がいいなと感じました。
訪問者数:354人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ