また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1419702 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

今倉山 道坂トンネルから周遊

日程 2018年04月03日(火) [日帰り]
メンバー
天候快晴 霞
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道坂トンネル都留側登山口に駐車 6台程の駐車スペース
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間3分
休憩
38分
合計
3時間41分
S道坂隧道バス停09:2009:36道坂峠09:4410:45今倉山(東峰)11:11御座入山(今倉山:西峰)11:1211:22西ヶ原(パラジマ沢分岐)11:2511:36赤岩(松山)12:0112:12西ヶ原(パラジマ沢分岐)13:00道坂隧道バス停13:0113:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
パラジマ沢の下りは一部滑落注意。上りに使った方が安全。赤土の急坂は雨の日、雨の後などスリップ注意。
その他周辺情報神奈川方面に帰る場合は、途中日帰り温泉「道志の湯」有り
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

登山口は道坂トンネルの脇
2018年04月03日 09:19撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口は道坂トンネルの脇
今倉山周辺の案内図
2018年04月03日 09:17撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今倉山周辺の案内図
恩賜林の中を進むようです。
2018年04月03日 09:25撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恩賜林の中を進むようです。
10分程で尾根が見えて来ました
2018年04月03日 09:31撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分程で尾根が見えて来ました
登山口から15分程で尾根道に到着 右方向はCT3時間程で御正体山。本日は左方向の今倉山へ。
2018年04月03日 09:35撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口から15分程で尾根道に到着 右方向はCT3時間程で御正体山。本日は左方向の今倉山へ。
花柄が無いのでダンコウバイ 花柄があればアブラチャン
2018年04月03日 09:52撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花柄が無いのでダンコウバイ 花柄があればアブラチャン
1
ツノハシバミの雄花と雌花
2018年04月03日 09:52撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツノハシバミの雄花と雌花
1
ナガバノスミレサイシン これは白花?
2018年04月03日 09:56撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナガバノスミレサイシン これは白花?
2
ナガバノスミレサイシン
2018年04月03日 09:59撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナガバノスミレサイシン
2
林間から西峰のピーク
2018年04月03日 10:05撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林間から西峰のピーク
オヤマボクチは芽吹いたばかり
2018年04月03日 10:09撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オヤマボクチは芽吹いたばかり
トリカブト
2018年04月03日 10:14撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブト
林間から今倉山(東峰)
2018年04月03日 10:16撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林間から今倉山(東峰)
恩賜林の境界杭
2018年04月03日 10:18撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恩賜林の境界杭
テンの糞でしょうか?黒光りしています。
2018年04月03日 10:18撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テンの糞でしょうか?黒光りしています。
キブシの花
2018年04月03日 10:21撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キブシの花
山頂手前の直登
2018年04月03日 10:39撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前の直登
山頂手前はブナとモミノキの林
2018年04月03日 10:43撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前はブナとモミノキの林
エイザンスミレは未だ葉だけ
2018年04月03日 10:45撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エイザンスミレは未だ葉だけ
今倉山山頂到着
2018年04月03日 10:45撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今倉山山頂到着
今倉山三角点 樹林に囲まれ展望は無い
2018年04月03日 10:46撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今倉山三角点 樹林に囲まれ展望は無い
今倉山山頂の道標
2018年04月03日 10:48撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今倉山山頂の道標
成虫越冬したヒオドシチョウの翅はもうボロボロ
2018年04月03日 10:55撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
成虫越冬したヒオドシチョウの翅はもうボロボロ
1
西峰はこの道標のみ 別名「御座入山(ごぜりやま)」と言うらしい
2018年04月03日 11:11撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西峰はこの道標のみ 別名「御座入山(ごぜりやま)」と言うらしい
ガガイモの実
2018年04月03日 11:14撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガガイモの実
西ヶ原の分岐 展望台のある松山(赤岩)で昼食とするため直進
2018年04月03日 11:22撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西ヶ原の分岐 展望台のある松山(赤岩)で昼食とするため直進
西ヶ原分岐から10分程で松山(赤岩)に到着 松は有ったが、赤い岩は見当たらず。
2018年04月03日 11:36撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西ヶ原分岐から10分程で松山(赤岩)に到着 松は有ったが、赤い岩は見当たらず。
1
展望板 御正体・富士山方面
2018年04月03日 11:37撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望板 御正体・富士山方面
展望板に寄れば、左手の御正体山と右手の杓子山の間に富士山が見えるはずだが・・・
2018年04月03日 11:37撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望板に寄れば、左手の御正体山と右手の杓子山の間に富士山が見えるはずだが・・・
展望板の北方面 八溝山まで見える様です。
2018年04月03日 11:38撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望板の北方面 八溝山まで見える様です。
松山から西峰 今倉山(東峰)は隠れて見えない様です。
2018年04月03日 11:39撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松山から西峰 今倉山(東峰)は隠れて見えない様です。
マルハナバチ
2018年04月03日 12:10撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マルハナバチ
1
西ヶ原分岐に戻って来ました。右方向の沢コースを下ります。
2018年04月03日 12:12撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西ヶ原分岐に戻って来ました。右方向の沢コースを下ります。
崩壊地の通過 ここは特に危険性無し
2018年04月03日 12:14撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩壊地の通過 ここは特に危険性無し
ここはロープと木を頼りに急下降
2018年04月03日 12:18撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはロープと木を頼りに急下降
涸れ沢を渡って対岸へ
2018年04月03日 12:21撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸れ沢を渡って対岸へ
沢添いの道を下る
2018年04月03日 12:28撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢添いの道を下る
1
対岸に戻ります
2018年04月03日 12:29撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸に戻ります
ここで一旦沢に降りる様です。
2018年04月03日 12:35撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで一旦沢に降りる様です。
しばらくは沢下り。ピンクテープを頼りに進みます。
2018年04月03日 12:36撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは沢下り。ピンクテープを頼りに進みます。
沢歩きはここまでで、対岸の登山道に上がります。
2018年04月03日 12:39撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢歩きはここまでで、対岸の登山道に上がります。
再びピンクテープに従って対岸へ
2018年04月03日 12:41撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再びピンクテープに従って対岸へ
舗装された車道に出ました。
2018年04月03日 12:53撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装された車道に出ました。
しばらくは車道歩き
2018年04月03日 12:54撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは車道歩き
登山口に消防車・救急車が出動していました。何か事故があったのでしょうか?
2018年04月03日 13:00撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に消防車・救急車が出動していました。何か事故があったのでしょうか?
車道に出てから5分程で登山口駐車場に到着 6台ほど駐車可能ですが5台駐車中 今倉山ではお会いしなかったので、皆さん御正体山に行かれたのでしょうか?
2018年04月03日 20:59撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道に出てから5分程で登山口駐車場に到着 6台ほど駐車可能ですが5台駐車中 今倉山ではお会いしなかったので、皆さん御正体山に行かれたのでしょうか?

感想/記録
by nakie

道坂トンネルの都留市側出口の駐車帯に駐車。6台程停められそうです。
登山道はトンネル出口の脇を付けられています。登山口から15分程で尾根道に出ます。ここは道坂峠で、御正体山との分岐です。

道坂峠からは今倉山まで直登が続きます。未だほとんど草花は咲いていませんが、ナガバノスミレサイシンが唯一目立ちました。樹木の花は少し早く、ダンコウバイ、キイブシ、ツノハシバミなどの花が見られました。

今倉山(東峰)は樹林に囲まれ展望はありません。松山で昼食とすべく、早々に山頂を後にしました。一度下って同じ標高まで登り返すと西峰です。簡単な道標に「御座入山」とあります。ヤマレコで調べると「ごぜりやま」と読むようです。

西ヶ原に下り登り返せば松山(赤石)です。展望版もある展望台ですが、この日は春霞のせいか、遠望が利きません。辛うじて御正体山と杓子山は見えますが、その間に見えるはずの富士山は見えません。展望版によれば、南アルプス、北アルプス、八ヶ岳、北方は福島・茨城県境の八溝山まで見えるようです。空気の澄んだ時に再訪したいものです。

西ヶ原まで戻り、パラジマ沢を下ります。所々トラロープに掴まっての下降あり、沢下りあり、涸れ沢の渡渉ありで、侮れないコースです。一部ルートが不明になりかかりますが、良く見ればピンクテープがしっかり設置されていますので、これに従って行けば大丈夫です。滑落、浮石には十分注意しましょう。

50分程で舗装された車道に出ます。ここから登山口の駐車場までは5分程でした。
訪問者数:229人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ