また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1419839 全員に公開 ハイキング奥武蔵

棒ノ折山(白谷沢ルート)

日程 2018年04月01日(日) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー3人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
さわらびの湯バス停近くの駐車場(無料)
トイレあり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間15分
休憩
1時間37分
合計
5時間52分
Sさわらびの湯バス停08:2408:54 登山口09:52林道10:0010:13岩茸石10:45棒ノ折山12:0512:30岩茸石12:58飛行機操縦櫓13:0714:16さわらびの湯バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
問題なし
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

さわらびの湯バス停の近くの駐車場に車を停める。標高255m。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さわらびの湯バス停の近くの駐車場に車を停める。標高255m。
1
駐車場からしばらく車道を登ると有馬ダムが見えてくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場からしばらく車道を登ると有馬ダムが見えてくる。
有馬ダムに到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有馬ダムに到着。
比較的小さなダムだがツーリングで訪れている人が多い。
日の光を反射して地面がきらきら光っている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
比較的小さなダムだがツーリングで訪れている人が多い。
日の光を反射して地面がきらきら光っている。
ダムからさらに車道を歩いて登山口を目指す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダムからさらに車道を歩いて登山口を目指す。
美しい桜が咲いているが、フェンスがあって中に入れないようになっている。
何のために桜を植えたのか…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい桜が咲いているが、フェンスがあって中に入れないようになっている。
何のために桜を植えたのか…
登山口に到着。この近くにも何台か車が停まっているが、
ここに車を停めると周回コースを歩けない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に到着。この近くにも何台か車が停まっているが、
ここに車を停めると周回コースを歩けない。
最初は杉の植林地帯を登って行く。子供たちは花粉症気味なので少し心配だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は杉の植林地帯を登って行く。子供たちは花粉症気味なので少し心配だ。
左側はかなりの急斜面。
難易度は高くないが、沢沿いの登山道を歩くため、それなりに危険はある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側はかなりの急斜面。
難易度は高くないが、沢沿いの登山道を歩くため、それなりに危険はある。
木の根を乗り越えていく。久々の登山だがペースは快調だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の根を乗り越えていく。久々の登山だがペースは快調だ。
藤懸の滝。小さな滝だが形が独特だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤懸の滝。小さな滝だが形が独特だ。
沢を何度か渡りながら進んでいく。
息子は石の上を選んで歩いていくのが少々苦手だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を何度か渡りながら進んでいく。
息子は石の上を選んで歩いていくのが少々苦手だ。
両側に現れる大岩。この間を抜けていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両側に現れる大岩。この間を抜けていく。
沢を超える場所は手を繋ぐ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を超える場所は手を繋ぐ。
滝のすぐそばを登る。爽快な登山道だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝のすぐそばを登る。爽快な登山道だ。
1
本コースのハイライト、ゴルジュを通過する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本コースのハイライト、ゴルジュを通過する。
2
これほど気軽に美しい沢の中を歩ける登山道を他に知らない。
何度来ても楽しい登山道だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これほど気軽に美しい沢の中を歩ける登山道を他に知らない。
何度来ても楽しい登山道だ。
ゴルジュを抜けたら急斜面の岩場を登って行く。
歩きやすいよう石が積まれていて鎖もあるので、あまり危険はない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴルジュを抜けたら急斜面の岩場を登って行く。
歩きやすいよう石が積まれていて鎖もあるので、あまり危険はない。
沢登りもそろそろ終盤。
最後にロープを掴んで大きな岩を乗り越える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢登りもそろそろ終盤。
最後にロープを掴んで大きな岩を乗り越える。
1
林道に到着。ここから山頂まではまだ結構距離があるため、ここで一休み。
ここにあった東屋はいつの間にか撤去されている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に到着。ここから山頂まではまだ結構距離があるため、ここで一休み。
ここにあった東屋はいつの間にか撤去されている。
ここからは沢を離れて普通の登山道になる。
周囲の木々は芽吹き直前で薄らとした黄緑色だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは沢を離れて普通の登山道になる。
周囲の木々は芽吹き直前で薄らとした黄緑色だ。
カタクリの花がポツリと咲いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタクリの花がポツリと咲いている。
岩茸石に到着。
岩に登っている人がいたので、子供たちもすぐに岩に登り始める。
帰りに登ろうと声をかけたが無駄だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩茸石に到着。
岩に登っている人がいたので、子供たちもすぐに岩に登り始める。
帰りに登ろうと声をかけたが無駄だった。
1
ここからしばらくの登山道は階段が崩壊している。
登山というよりアスレチックだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからしばらくの登山道は階段が崩壊している。
登山というよりアスレチックだ。
2
権次入峠に到着。良い休憩スペースだが、山頂までもうすぐなのでここは通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権次入峠に到着。良い休憩スペースだが、山頂までもうすぐなのでここは通過。
尾根上のコースは植生回復のため閉鎖されていて、
左の植林地帯の中に迂回ルートがつけられている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上のコースは植生回復のため閉鎖されていて、
左の植林地帯の中に迂回ルートがつけられている。
棒ノ折山山頂に到着。標高969m。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
棒ノ折山山頂に到着。標高969m。
3
山頂はかなり広いため、多くの登山者がいてもそれほど気にならない。
思ったよりも早く到着したため、ゆっくりと昼食休憩をとる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂はかなり広いため、多くの登山者がいてもそれほど気にならない。
思ったよりも早く到着したため、ゆっくりと昼食休憩をとる。
1
晴れてはいるが、春霞で展望はぼんやり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れてはいるが、春霞で展望はぼんやり。
1
昼食をとったら下山開始。
娘は丸太の上をテンポよく歩いている。
息子は登りはできても下りはまだ難しいようだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食をとったら下山開始。
娘は丸太の上をテンポよく歩いている。
息子は登りはできても下りはまだ難しいようだ。
岩茸石に着いたら、また岩に登り出す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩茸石に着いたら、また岩に登り出す。
上に登るとそれなりに高度感がある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上に登るとそれなりに高度感がある。
岩茸石からは登りのルートから分かれて、別ルートを下る。
何回か林道を横切る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩茸石からは登りのルートから分かれて、別ルートを下る。
何回か林道を横切る。
展望台らしきものが見えたので息子は走り出す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台らしきものが見えたので息子は走り出す。
展望台ではなく飛行機の操縦場所だった。
羽の向きは制御しているが推進力は無く、風の力で飛ばしているらしい。
操縦用の櫓を造るなど、なかなか贅沢な遊びだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台ではなく飛行機の操縦場所だった。
羽の向きは制御しているが推進力は無く、風の力で飛ばしているらしい。
操縦用の櫓を造るなど、なかなか贅沢な遊びだ。
階段が砂に埋まって、かなり滑りやすい斜面になっている。
ロープを設置するのではなく、スコップで土を取り除いてほしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段が砂に埋まって、かなり滑りやすい斜面になっている。
ロープを設置するのではなく、スコップで土を取り除いてほしい。
ここからは植林地帯の中をジグザグに下っていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは植林地帯の中をジグザグに下っていく。
足元にイワウチワの花が咲いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元にイワウチワの花が咲いている。
こちらはツツジ。山の中にも春が訪れている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらはツツジ。山の中にも春が訪れている。
下山。この辺りはちょうど桜が満開だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山。この辺りはちょうど桜が満開だ。
最後に少し斜面を登って駐車場に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に少し斜面を登って駐車場に到着。
お休み処やませみで饅頭を買って一息つく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お休み処やませみで饅頭を買って一息つく。
1

感想/記録

スキーなどに行っていて長い間山はご無沙汰だった。
季節はすっかり春になり、色んな山に行けるようになったので、2か月振りに山に行くことにする。
今回はリハビリ登山という事で、きつすぎず軽すぎずの山を選択。
8年振りに棒ノ折山に行くことにする。

3回目の訪問だが、3回とも白谷沢ルート。
このルートは気軽に沢登りが楽しめるため、お気に入りのルートだ。
山頂からの展望は春霞でぼんやりしていた。

今回の山行は、なまった体にはちょうど良い負荷だった。
リハビリを終えて、次回はもう少しハードな山に登ってみようと思う。
訪問者数:1198人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ