また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1420035 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

鉄五郎新道のイワウチワを追いかける

日程 2018年04月04日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
往路・復路 共にJR奥多摩線 古里駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち42%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間53分
休憩
13分
合計
5時間6分
S古里駅07:5908:22寸庭橋08:32鉄五郎新道入口09:13金比羅神社09:1610:54広沢山10:5511:40大塚山11:4911:59中ノ棒山12:47御岳山登山口13:04古里駅13:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは古里駅にあります。
登山口から金毘羅神社間で崩落箇所があり十分な注意が必要です。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

登山口に行く途中民家の庭で輝いています
2018年04月04日 08:06撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に行く途中民家の庭で輝いています
1
シロバナヘビイチゴ
2018年04月04日 08:13撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロバナヘビイチゴ
1
民家の庭先で手入れの行き届いた「ボケ」?
綺麗だ!
2018年04月04日 08:13撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
民家の庭先で手入れの行き届いた「ボケ」?
綺麗だ!
ヒトリシズカ
2018年04月04日 08:25撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒトリシズカ
3
カタクリ
終盤を向えた様ですね
2018年04月04日 08:28撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタクリ
終盤を向えた様ですね
2
ヤマエンゴサク
2018年04月04日 08:31撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマエンゴサク
2
スミレが目立ち始めた
ナガバノスミレサイシン?
2018年04月04日 08:38撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スミレが目立ち始めた
ナガバノスミレサイシン?
1
ミヤマネコノメソウ
2018年04月04日 08:51撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマネコノメソウ
1
ハナネコノメソウ
もう終盤ですね
2018年04月04日 08:53撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハナネコノメソウ
もう終盤ですね
1
山頂にはいろんな祠があります
2018年04月04日 09:12撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂にはいろんな祠があります
2
金毘羅神社に咲く「ミツバツツジ」
周辺一帯にいっぱい咲き誇っています
2018年04月04日 09:23撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金毘羅神社に咲く「ミツバツツジ」
周辺一帯にいっぱい咲き誇っています
2
ミツバツツジ越しに鳩ノ巣城山を望む
右側は開けています
2018年04月04日 09:27撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジ越しに鳩ノ巣城山を望む
右側は開けています
2
まず最初の位置で
思ったより小さな花弁だ
2018年04月04日 09:32撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まず最初の位置で
思ったより小さな花弁だ
2
お馴染みの標識
核心部に来たなー
2018年04月04日 09:34撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お馴染みの標識
核心部に来たなー
1
傾斜がきつく撮影に苦労する
2018年04月04日 09:36撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾斜がきつく撮影に苦労する
3
群生状態です
2018年04月04日 09:38撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
群生状態です
2
次のポイントで
2018年04月04日 09:42撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次のポイントで
5
撮影し難い
これが限界だ!
2018年04月04日 09:43撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
撮影し難い
これが限界だ!
5
少しピンクが残っている
本日これが一番かなー
2018年04月04日 09:46撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しピンクが残っている
本日これが一番かなー
8
毎度のケルンとミツバツツジ
2018年04月04日 10:14撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毎度のケルンとミツバツツジ
2
此処にも有るけど此れが限界だ
足元が崩れる!
2018年04月04日 10:18撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
此処にも有るけど此れが限界だ
足元が崩れる!
3
此処は群生していた
2018年04月04日 10:19撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
此処は群生していた
3
上からです
2018年04月04日 10:20撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上からです
4
アセビ
此処だけでした
2018年04月04日 10:21撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アセビ
此処だけでした
2
此処が最後の確認場所です
此処も傾斜のきつい場所でした
2018年04月04日 10:30撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
此処が最後の確認場所です
此処も傾斜のきつい場所でした
3
コアジサイロード
今はこの状態です
2018年04月04日 11:28撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コアジサイロード
今はこの状態です
1
スミレ三種#1
2018年04月04日 12:17撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スミレ三種#1
3
#3
丹三郎尾根に咲く
ナガバノスミレサイシン
2018年04月04日 12:39撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
#3
丹三郎尾根に咲く
ナガバノスミレサイシン
1
登山口まで降りて来ました
春、真っ盛りです
2018年04月04日 12:49撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口まで降りて来ました
春、真っ盛りです
1
定点ポイントから
多摩川を見ます
2018年04月04日 12:58撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定点ポイントから
多摩川を見ます
3

感想/記録

 待望の鉄五郎新道に咲くイワウチワを鑑賞に出掛けました。

随所に春の息吹を感じながら、当初の目的を果たせた様に思えます。
本命であるイワウチワは想像より小粒で、数日遅かった様な感じで白色が強く、ピンク系を探すのが大変でした。しかも傾斜の激しい場所ばかりの為、撮影するのに難しいアングルばかりで納得出来る画像を掲載することが出来ず少し悔やまれます。

 今日は、このコースで初めて5人様を確認出来、当初着けた熊鈴も早々に外し、撮影箇所では時間が早かったのか1人の方とお会いしただけです。
訪問者数:632人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ