また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1420488 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

横尾山〜飯盛山/瑞牆山荘〜清里駅

日程 2018年04月04日(水) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候☀晴れ/花粉多し、クシャミ・鼻水連発
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
◇交通
●往路
・18:00 自宅
・18:10 最寄りの圏央道I.C.
・19:40〜20:10 中央道・談合坂S.A.(休憩&食事)
・20:46 中央道・須玉I.C. 
・21:30 瑞牆山荘無料駐車場(車中泊)
●復路
・13:00〜13:40 清里駅〜瑞牆山荘(タクシーで移動)
・14:00 瑞牆山荘無料駐車場
・14:35 中央道・須玉I.C. 
・15:15〜15:45 中央道・談合坂S.A.(休憩&食事)
・17:25 最寄の圏央道I.C.
・17:35 自宅

◇駐車場
●瑞牆山荘無料駐車場
・瑞牆山荘から100m
・無料
・100台
・舗装済で区画割有り
・トイレは瑞牆山荘にあり(使用料100円・Pから100m)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間11分
休憩
44分
合計
7時間55分
S瑞牆山荘04:5806:36信州峠(横尾山登山口)06:4307:29カヤトの原07:57横尾山08:1108:43豆腐岩08:47木賊ノ頭08:5309:08木賊ノ大ダル09:0909:3309:4110:01三ツ沢ノ大ダル(二ツ山峠)10:0410:28三ツ沢ノ頭10:56十文字峠10:5811:29飯盛山展望台11:36飯盛山11:3812:49清里駅12:5012:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◇コース状況/危険箇所等
●瑞牆山荘〜信州峠
・一般道歩き。
・鄂構戸遒泙任浪爾蝓△修靴匿州峠までは登り続き。
●信州峠〜横尾山
・一般登山道で危険個所なし。
●横尾山〜豆腐岩〜槍(破線ルート)
・基本県境の尾根筋歩き、雪解けから歩いている人は少ないようです。
・豆腐岩の先に木賊ノ頭との分岐に標柱がありますが南西方の踏跡が正解。
・踏跡薄い所が散在しますがテープ等を見逃さなければ道迷いは少ないと思いますが何でもない所でアニマルトレイルに踏み込んでしまいロスしました。変だと感じたら深入りせずに分かる所まで戻りましょう。
●槍〜三ツ沢ノオオダル〜三ツ沢ノ頭(破線ルート)
・三ツ沢ノオオダルから三ツ沢ノ頭までは尾根が広く踏み跡が途中からありませんでした。ロストしたのか不安でしたが、テープの付いた枝が落下しているのを3〜4ヶ所見つけたのでこれが目視できなかった原因でした。要注意区間です。
●三ツ沢ノ頭〜飯盛山(破線ルート)
・平沢牧場の鉄柵まで大きく下り柵沿いを歩きます。
・鉄柵が右に曲がる手前にある開閉できる柵を潜りバラ線沿いを歩きます。暫くすると三沢方面からの山道と合流したら適当な所でバラ線を潜り山道を歩き飯盛山に向かいます。(※開閉柵を開けたら必ず元通り針金で固定しましょう)
●飯盛山〜平沢牧場〜平沢〜清里駅
・整備されたハイキングコース
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

無料駐車場から移動して、瑞牆山荘を出発します。
2018年04月04日 04:56撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無料駐車場から移動して、瑞牆山荘を出発します。
7
県道原浅尾韮崎線にぶつかったら右折して信州峠に向かいます。
2018年04月04日 05:46撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道原浅尾韮崎線にぶつかったら右折して信州峠に向かいます。
3
瑞牆山、大ヤスリ岩が目立ちます。
2018年04月04日 05:47撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瑞牆山、大ヤスリ岩が目立ちます。
7
左に瑞牆山、右端が金峰山です。
2018年04月04日 05:47撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に瑞牆山、右端が金峰山です。
6
山瑞から朝日が出てきました。
2018年04月04日 06:19撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山瑞から朝日が出てきました。
9
信州峠に到着。左の階段が横尾山登山口、右には10台分位の駐車スペース。
2018年04月04日 06:34撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
信州峠に到着。左の階段が横尾山登山口、右には10台分位の駐車スペース。
3
カヤトの原、広々としていて展望も良いですよ。
2018年04月04日 07:27撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カヤトの原、広々としていて展望も良いですよ。
11
南アルプス、右から甲斐駒、仙丈ヶ岳、離れて北岳、間ノ岳が見える。
2018年04月04日 07:28撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス、右から甲斐駒、仙丈ヶ岳、離れて北岳、間ノ岳が見える。
14
八ヶ岳連邦。
2018年04月04日 07:28撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳連邦。
9
ズームします。
2018年04月04日 07:28撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズームします。
27
さあ、横尾山に向かいます。この小ピークに隠れています。
2018年04月04日 07:28撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、横尾山に向かいます。この小ピークに隠れています。
6
横尾山山頂です。
2018年04月04日 07:56撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾山山頂です。
7
嫁の記念撮影。
2018年04月04日 07:56撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嫁の記念撮影。
24
私の記念撮影。さあ、これから横尾山〜飯盛山の破線ルートを歩きます。
2018年04月04日 07:57撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私の記念撮影。さあ、これから横尾山〜飯盛山の破線ルートを歩きます。
27
出だしからは登山道という標識が何回か出てきて整備されている印象でした。
2018年04月04日 08:15撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出だしからは登山道という標識が何回か出てきて整備されている印象でした。
4
平沢牧場という標識がありましたが、こちらには向かいません。ここら辺りはやや笹薮が深くなり膝くらいでした。赤テープは見失わない程度にあります。
2018年04月04日 08:21撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平沢牧場という標識がありましたが、こちらには向かいません。ここら辺りはやや笹薮が深くなり膝くらいでした。赤テープは見失わない程度にあります。
7
テープが見えなくても基本尾根筋を歩きます。踏み跡が薄いですが何となく分かるという感じ。
2018年04月04日 08:22撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テープが見えなくても基本尾根筋を歩きます。踏み跡が薄いですが何となく分かるという感じ。
7
時々、目の保養で楽しませてくれます。
2018年04月04日 08:23撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々、目の保養で楽しませてくれます。
12
雪解けしてから歩かれていない様子で踏み跡は殆んど分かりませんがテープがあるので助かります。
2018年04月04日 08:32撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪解けしてから歩かれていない様子で踏み跡は殆んど分かりませんがテープがあるので助かります。
5
豆腐岩に到着。ここまではロストなく歩いて来ました。
2018年04月04日 08:41撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
豆腐岩に到着。ここまではロストなく歩いて来ました。
7
豆腐岩を過ぎて直にこの標識があります。よく間違えるポイントで木賊ノ頭方面に向かわず南西方面の踏み跡に従います。ここは難なく通過したのですがこの直ぐ後にアニマルトレイルに踏み入ってロスしました。
2018年04月04日 08:47撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
豆腐岩を過ぎて直にこの標識があります。よく間違えるポイントで木賊ノ頭方面に向かわず南西方面の踏み跡に従います。ここは難なく通過したのですがこの直ぐ後にアニマルトレイルに踏み入ってロスしました。
4
アニマルトレイルに踏み入って戻る途中。鹿の糞が大量に有ったので定宿の寝床ですかね。急斜面のトラバースになり気づきました5分位ミスルートを歩いてしまいました。
2018年04月04日 08:54撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アニマルトレイルに踏み入って戻る途中。鹿の糞が大量に有ったので定宿の寝床ですかね。急斜面のトラバースになり気づきました5分位ミスルートを歩いてしまいました。
5
良く見ましたがこれは鳥の巣箱ですかね。。横木の穴が塩ビ管に通じています。
2018年04月04日 08:56撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良く見ましたがこれは鳥の巣箱ですかね。。横木の穴が塩ビ管に通じています。
4
尖った小ピーク、たぶん槍。。
2018年04月04日 09:30撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尖った小ピーク、たぶん槍。。
7
槍に到着、展望ありです。
2018年04月04日 09:32撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍に到着、展望ありです。
7
槍の補助三角点。
2018年04月04日 09:32撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍の補助三角点。
9
金峰山には雪が付いてますね。
2018年04月04日 09:34撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山には雪が付いてますね。
16
北岳バットレス。
2018年04月04日 09:34撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳バットレス。
18
左下の木のない小さく見えるピークが飯盛山、まだ距離がありますね。
2018年04月04日 09:42撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左下の木のない小さく見えるピークが飯盛山、まだ距離がありますね。
22
このテープは新しいですが色褪せた目立たないのも多いですので注意です。
2018年04月04日 09:47撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このテープは新しいですが色褪せた目立たないのも多いですので注意です。
5
踏み跡が薄いのでテープを見逃さないように。ここも小さな赤テープが枝に付いていました。
2018年04月04日 09:55撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡が薄いのでテープを見逃さないように。ここも小さな赤テープが枝に付いていました。
4
三ツ沢ノオオダルから三ツ沢ノ頭の広い登り斜面はテープが見つからず踏み跡もなしでロストしたのか不安になりました。3〜4回テープの付いた枝が落ちていたので目視できなかったようです。要注意です。
2018年04月04日 10:13撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ沢ノオオダルから三ツ沢ノ頭の広い登り斜面はテープが見つからず踏み跡もなしでロストしたのか不安になりました。3〜4回テープの付いた枝が落ちていたので目視できなかったようです。要注意です。
7
落下したテープの付いた枝。
2018年04月04日 10:27撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落下したテープの付いた枝。
4
斜面の登りが終わると開けました。ここは「三沢の頭」辺りです。この後、平沢牧場の鉄柵を目指して下ります。
2018年04月04日 10:27撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面の登りが終わると開けました。ここは「三沢の頭」辺りです。この後、平沢牧場の鉄柵を目指して下ります。
11
目指す最終ピーク飯盛山が左上に見えました。
2018年04月04日 10:28撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す最終ピーク飯盛山が左上に見えました。
7
金格子柵(左)とバラ線(右)の間を歩きます。
2018年04月04日 10:30撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金格子柵(左)とバラ線(右)の間を歩きます。
5
振り返って。
2018年04月04日 10:39撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って。
4
鉄柵が右に直角に曲がる手前に開く鉄柵が針金で止めてあります。そこを潜り鉄柵の左に出てバラ線沿いを真っ直ぐ歩きます。
2018年04月04日 10:44撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄柵が右に直角に曲がる手前に開く鉄柵が針金で止めてあります。そこを潜り鉄柵の左に出てバラ線沿いを真っ直ぐ歩きます。
4
八ヶ岳連峰一望、手前左のピークはこれから登る飯盛山。
2018年04月04日 10:45撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳連峰一望、手前左のピークはこれから登る飯盛山。
10
進行方向右手で三沢方面からの山道と合流、適当な所でバラ線を潜り山道を歩きます。
2018年04月04日 10:54撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進行方向右手で三沢方面からの山道と合流、適当な所でバラ線を潜り山道を歩きます。
5
十文字峠にあるハイキングマップ。ここまで来れば道迷いはナシで一安心。
2018年04月04日 10:58撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十文字峠にあるハイキングマップ。ここまで来れば道迷いはナシで一安心。
4
長い急階段、まだ楽はできません。
2018年04月04日 11:07撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い急階段、まだ楽はできません。
5
飯盛山も近くなりました。
2018年04月04日 11:15撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯盛山も近くなりました。
6
良い眺めですが、今日は暑い。。初夏のようです。
2018年04月04日 11:29撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い眺めですが、今日は暑い。。初夏のようです。
23
飯盛山に到着、日影がなく暑いので早々に退散して清里駅に向かいます。
2018年04月04日 11:36撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯盛山に到着、日影がなく暑いので早々に退散して清里駅に向かいます。
40
小海線・清里駅に到着、お疲れ様でした。私は昨年赤岳登山の起点にした市営無料駐車場に赤線つなぎのために向かいます。
2018年04月04日 12:48撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小海線・清里駅に到着、お疲れ様でした。私は昨年赤岳登山の起点にした市営無料駐車場に赤線つなぎのために向かいます。
8
おまけ、市営無料駐車場。
2018年04月04日 12:52撮影 by RICOH WG-30, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おまけ、市営無料駐車場。
5
撮影機材:

感想/記録
by wazao

今回は赤線繋ぎで瑞牆山荘から清里駅まで歩いてきました。清里駅に下山後に瑞牆山荘に戻る交通手段が悩ましいところでしたがタクシーに決めました。電車で清里駅から韮崎駅、そして韮崎駅からバスで瑞牆山荘ですと2人分の電車・バス料金はタクシー代と余り変わりません。タクシーですと瑞牆山荘に50分で戻れるので2人以上の場合はお薦めです。

火曜日に仕事を終えてから瑞牆山荘無料駐車場に向かい車中前泊しました。朝5時に出発して信州峠にある横尾山登山口まで一般路を歩きます。今回、注意したのは横尾山〜飯盛山の破線区間です。少ないレコアップの記録をチェックさせて頂き準備をしました。事前学習の効果(?)や嫁のガンバリも有り予定どおりに完結でき満足しました。短い距離でしたが2度ロストして分かる位置まで戻りましたが2度とも何でこんな所で間違えたのかという感じでした。アニマルトレイルや何回か踏まれてしまったミスルートでしたが注意不足でした。破線区間の中でも三ツ沢のオオダルから三ツ沢ノ頭の間は要注意区間です。広い尾根の急坂登り、雪で倒れた後の低い笹薮のため踏み跡が分かりませんでした。また、赤テープの付いた枝が複数落下していたのでテープが途切れるポイントがあります。

自宅には珍しく渋滞にも遭わず明るい内に帰宅できました。風呂上りにキンキンに冷えたビールがご馳走で一気に3本消費。レコを半分位仕上げた後は朝まで爆睡、今日も元気に仕事を終えました。
訪問者数:854人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/12/25
投稿数: 6136
2018/4/5 20:37
 赤線繋ぎ
wazaoさん、こんにちは

ダニとか大丈夫でしたか?
獣道とか歩いたら結構付いたりすると思いますが速すぎてダニも取付ないのかなぁ。
ひょっとして八ヶ岳と繋ぐんですか
凄いですね。花粉症は大変でしたね。
お疲れサマでした。
登録日: 2012/9/27
投稿数: 1029
2018/4/5 22:02
 Re: 赤線繋ぎ
higrasiさん、こんばんは!

ダニは今のところ大丈夫です。
アニマルトレースに踏み込んだので
気になっていたのですがまだ活動して
いないのですかね。。

higurasiさんのレコで残雪期のヤブで
ダニにつかれたのを見て警戒しましたが
激ヤブの奥美濃周辺に比べたらユルイようです。
赤線の目標はとりあえず八ヶ岳までですが
もう少し先まで繋げたい欲が出てきました。

花粉はほぼ終わりに来ていたのですが
何十年ぶりかの酷い症状になりました。
晴天青空と景観で楽しめたので満足しました。
登録日: 2011/6/12
投稿数: 4090
2018/4/6 7:46
 繋がりましたね
wazaoさん、おはようございます!

急用で愛知に出向いておりました。
遅コメにて、失礼いたします

金峰山から八ヶ岳、見事に繋がりましたね
おめでとうございます
横尾山は、登ろうと思っているお山ですので、参考に
させて頂きます
でも、ソロなのでタクシー代は痛いな〜

しかし、笹藪も有るバリ区間は嫌らしいですね。
オマケに、ダニ警報も発令される場所ですか
よくぞ、そんな場所にお二人で行かれましたね
健脚、知力、探究心を併せ持つ、お二人ならばこそですね!
里山に多いアニマルトレイル
人間は罠で獲物を捕らえますが、ひょっとすると、獣の
復讐かもしれませんね!?

バリありでの長丁場、お疲れ様でした!
登録日: 2012/9/27
投稿数: 1029
2018/4/6 14:22
 Re: 繋がりましたね
tailwindさん、こんにちは!
出張、お疲れ様です。

金峰山から八ヶ岳がやっとこ繋がりました
ありがとうございます。
横尾山の手前、カヤトの原は広々として展望があり
南アや八ヶ岳が一望できて気持ち良いですよ。
レコでも評判でしたので楽しみにしていましたが
期待を裏切りませんでした

清里に下山後の交通手段がしっくりしなかったのですが
タクシー会社への事前問い合わせで教えてもらいました。
tailさんには少々ブルジョアの臭いを感じているのですが。。

これから雪に潰された笹藪が起き上がって
もっと伸びてくると嫌でしょうね。。ダニは免れたようです
集団で移動している鹿などの踏跡がハッキリしているので
間違えてしまいました。。獣の復讐ですか。。怖いですね
縄張りで遊ばせて頂いているわけですから野生には勝てませんね
登録日: 2012/10/7
投稿数: 467
2018/4/8 19:26
 カヤトの原がイイですね。
wazaoさん、こんばんは。
御奥様共々の静かなトレイル、良かったですね!
残雪の八ヶ岳を望みながらの山歩きは気分爽快だったことでしょう。
このルートは歩いていませんが、清里〜飯盛山〜野辺山のハイクを昔したことがあり、ちょっと懐かしい感じがしました。清里〜赤岳(真教寺尾根)、これも私の山歩きデビューのルートで感慨深いです。
ピークハントでなく、昔道を歩くって感じはいいですね。
心地よい疲労で &zzz、最高でしたね。お疲れさまでした
登録日: 2012/9/27
投稿数: 1029
2018/4/8 20:42
 Re: カヤトの原がイイですね。
nksanさん,こんばんは!

最終ピークの飯盛山まで静かな歩きでした。
時々、南アや八ヶ岳連峰が見れたので
楽しめました。
清里から真教寺尾根経由の赤岳は
私も山デビュールートです。

昨年、10代後半に歩いた初ルートで赤岳を目指しました。当時は清里は高原ブームでしたので賑やかでしたが少々静かになりすぎたような印象を受けました。

歩かれていたルートが廃れて藪化してしまうのも寂しですがワイルド感もあり新鮮な感覚もあり楽しめます。
身体を動かした後の疲労感&アルコール&爆睡は最高に心地よいですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ