また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1421019 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

お花見ラン〜南松本駅から林城跡

日程 2018年04月05日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:JR南松本駅から美ヶ原温泉までラン&歩き
帰り:バスでJR松本駅へ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間42分
休憩
19分
合計
4時間1分
S南松本駅12:5513:24弘法山古墳13:2514:27林小城14:3015:29林城跡15:4016:08林城跡登山口16:1016:54白糸の湯16:5616:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所なし
集落から城跡への登り口を探すのが難しいが、コースに入れば道標も踏み跡もしっかりあり、迷うことはなかった。
林大城の北の登山口にマップが入ったポストあり
その他周辺情報美ヶ原温泉の白糸の湯で日帰り入浴(300円)
シャンプー、石鹸はないので持参
無料のドライヤーはあり
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

並柳の交差点から弘法山古墳が桜饅頭のように見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
並柳の交差点から弘法山古墳が桜饅頭のように見える
1
饅頭にがぶりと取り付くとそこは桜の中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
饅頭にがぶりと取り付くとそこは桜の中
ソメイヨシノから抜け出るとピンクの枝垂れ桜の壁が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ソメイヨシノから抜け出るとピンクの枝垂れ桜の壁が
2
桜の波の向こうに常念山脈
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜の波の向こうに常念山脈
3
常念岳の左には槍が覗く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念岳の左には槍が覗く
2
松本市街地を挟んで鹿島槍方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松本市街地を挟んで鹿島槍方面
1
真っ白な乗鞍岳も遠くに見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ白な乗鞍岳も遠くに見える
周辺で駐車場を開放してくれているらしい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周辺で駐車場を開放してくれているらしい
遠ざかる弘法山古墳は桜に覆われている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠ざかる弘法山古墳は桜に覆われている
林さんが松平さんに兎を振る舞って名字と免田をもらったそうな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林さんが松平さんに兎を振る舞って名字と免田をもらったそうな
廣澤寺の総黒門
小笠原家のお墓があるらしいが奥深そうなのでスルー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廣澤寺の総黒門
小笠原家のお墓があるらしいが奥深そうなのでスルー
こんな道標をたよりに入山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな道標をたよりに入山
ほどなく林小城の最上部の石垣が見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほどなく林小城の最上部の石垣が見えてきた
案内板と石垣がある主郭
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内板と石垣がある主郭
廣澤寺から来て林小城を見学し大嵩崎(おおづき)集落へ下る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廣澤寺から来て林小城を見学し大嵩崎(おおづき)集落へ下る
途中にある地獄の釜と呼ばれる湿地
説明に馬一頭が飲み込まれたとあった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中にある地獄の釜と呼ばれる湿地
説明に馬一頭が飲み込まれたとあった
集落に出たところ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
集落に出たところ
ヤマブキはまだ蕾
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマブキはまだ蕾
1
ハナダイコン
他の花が少ないので目立つ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハナダイコン
他の花が少ないので目立つ
2
林大城の中に半地下壕を掘っていたらしい
まるで松代の大本営のよう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林大城の中に半地下壕を掘っていたらしい
まるで松代の大本営のよう
フクジュソウ
田んぼの土手に咲き残り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フクジュソウ
田んぼの土手に咲き残り
この道標から山に取り付くところを探すのが大変だった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道標から山に取り付くところを探すのが大変だった
登り口には山の神社がちょこりんと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り口には山の神社がちょこりんと
アブラチャン
あちこちで咲いていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アブラチャン
あちこちで咲いていた
2
尾根に出たところは複雑な交差点
林大城方面に進む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に出たところは複雑な交差点
林大城方面に進む
右から読むの?化粧水?
主郭方面から逸れるが行ってみる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右から読むの?化粧水?
主郭方面から逸れるが行ってみる
これがその化粧水井戸
遠くの沢から勾配を利用して水を引き、溜めていたのではないかという
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これがその化粧水井戸
遠くの沢から勾配を利用して水を引き、溜めていたのではないかという
主郭にあった案内板
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主郭にあった案内板
広い主郭に東屋がぽつん
おやつの時間だな!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い主郭に東屋がぽつん
おやつの時間だな!
続く副郭にも東屋あり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続く副郭にも東屋あり
林城跡の全体像がよくわかる案内板
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林城跡の全体像がよくわかる案内板
三日月状の削平地群を抜けて尾根を下って行くと一ノ門跡
見下ろすと薄川が見えた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三日月状の削平地群を抜けて尾根を下って行くと一ノ門跡
見下ろすと薄川が見えた
オケラと名札がついていた
キク科で秋に白いアザミのような花が咲いて、根っこは白朮(びゃくじゅつ)という生薬になるそうだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オケラと名札がついていた
キク科で秋に白いアザミのような花が咲いて、根っこは白朮(びゃくじゅつ)という生薬になるそうだ
1
ベンチがある展望台からの眺め
雲が垂れ込めてきたが、薄川沿いの桜並木と常念山脈は絶景
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベンチがある展望台からの眺め
雲が垂れ込めてきたが、薄川沿いの桜並木と常念山脈は絶景
1
登り口に出た
マップと竹の杖が置いてあった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り口に出た
マップと竹の杖が置いてあった
薄川を渡った先にある針塚古墳から林大城(左)と林小城(右)を振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄川を渡った先にある針塚古墳から林大城(左)と林小城(右)を振り返る
藤井の枝垂れ桜
遠くからも目立つ巨木
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤井の枝垂れ桜
遠くからも目立つ巨木
3
ゴールは白糸の湯
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴールは白糸の湯

感想/記録

春真っ盛り、花見を兼ねて小笠原氏の林城跡を巡った。あわよくばシュンランがどこかに咲いていないかと思っていたのだが、見つからなかった。松本の市街地のすぐそばに、こんなに立派な城跡が残っているのに感動したし、信州を巡る攻防に思いを馳せた。まだまだあるこの近くの他の山城たちも訪ねたみたいな〜
訪問者数:175人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

フクジュソウ 東屋 道標 ヤマブキ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ