また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1421447 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

【丹生山系】キスラシ山

日程 2018年04月07日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々雨
アクセス
利用交通機関
電車
行き:神鉄五社
帰り:神鉄唐櫃台
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間59分
休憩
0分
合計
1時間59分
Sスタート地点10:5212:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
全域で案内がありません。尾根筋は展望がなく、現在位置を特定するのが困難です。GPS持参が望ましいです。
コース状況/
危険箇所等
全域で案内がなく、ルートファインディングが必要です。
その他周辺情報からとの湯で湯浴みの後ビール
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヤマレコMAP カロリーメイト2ブロック タオル 着替え ヘッドライト ウインドブレーカー 水500ml ヘアバンド

写真

今回は神鉄五社駅から出発です。
2018年04月07日 10:52撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は神鉄五社駅から出発です。
2
五社の交差点より昨年登った高丸山が見えました。
2018年04月07日 10:57撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五社の交差点より昨年登った高丸山が見えました。
2
中尾神社。登山口は神社の裏手の駐車場にありました。
2018年04月07日 11:03撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中尾神社。登山口は神社の裏手の駐車場にありました。
3
お墓の裏にあった竹林に続く踏み跡を進みました。先人のレポによると、神社の西側にも登山口があるようです。(未確認)
2018年04月07日 11:06撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お墓の裏にあった竹林に続く踏み跡を進みました。先人のレポによると、神社の西側にも登山口があるようです。(未確認)
2
微かな踏み跡を追っていくと、尾根筋に細いながらもはっきりした小径を見つけました。このルートは意外と歩かれているのかも知れません。
2018年04月07日 11:10撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
微かな踏み跡を追っていくと、尾根筋に細いながらもはっきりした小径を見つけました。このルートは意外と歩かれているのかも知れません。
3
阪神高速のフェンスに出ました。右手に進むと道路を越える陸橋があります。
2018年04月07日 11:13撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阪神高速のフェンスに出ました。右手に進むと道路を越える陸橋があります。
この陸橋、何のために作られたのでしょうか?
2018年04月07日 11:14撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この陸橋、何のために作られたのでしょうか?
陸橋の先も比較的はっきりした小径が続いていました。
2018年04月07日 11:16撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陸橋の先も比較的はっきりした小径が続いていました。
1
小径をたどります。
2018年04月07日 11:20撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小径をたどります。
斜度が強くなるにつれ、岩場が現れます。
2018年04月07日 11:22撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜度が強くなるにつれ、岩場が現れます。
3
このルート唯一の眺望でした。阪神高速と高丸山。
2018年04月07日 11:24撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このルート唯一の眺望でした。阪神高速と高丸山。
7
行く手に採石場の崖が見えてきました。
2018年04月07日 11:25撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行く手に採石場の崖が見えてきました。
8
採石場の大露頭に出ました。発破の危険があるため、ここに長居したくはありません。
2018年04月07日 11:31撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
採石場の大露頭に出ました。発破の危険があるため、ここに長居したくはありません。
3
露頭を左手に進み、ここから登山道に戻ります。
2018年04月07日 11:33撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
露頭を左手に進み、ここから登山道に戻ります。
1
キスラシ北側のピークにこの標識が2つ設置されています。
この先、ピークを過ぎると崖に当たり進めなくなります。
2018年04月07日 11:43撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キスラシ北側のピークにこの標識が2つ設置されています。
この先、ピークを過ぎると崖に当たり進めなくなります。
2
ピークの先の崖から引き返し、五社側から1つ目の標識の裏手にキスラシ山へ続く踏み跡を見つけました。このテープが目印です。
2018年04月07日 11:48撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークの先の崖から引き返し、五社側から1つ目の標識の裏手にキスラシ山へ続く踏み跡を見つけました。このテープが目印です。
1
北側のピークとキスラシ山の鞍部には地理院地図に記載されている林道跡が確認できました。
2018年04月07日 11:51撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側のピークとキスラシ山の鞍部には地理院地図に記載されている林道跡が確認できました。
1
林道跡を離れこの尾根に乗ります。
2018年04月07日 11:53撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道跡を離れこの尾根に乗ります。
1
キスラシ山山頂(たぶん)。山頂標識を見つけられませんでした><。
2018年04月07日 11:57撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キスラシ山山頂(たぶん)。山頂標識を見つけられませんでした><。
2
キスラシ山から尾根伝いに進みました。枝尾根が多く、迷いやすいです。ここは、486.7mピーク。天ヶ峰という名前がついていると後で知りました。
2018年04月07日 12:18撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キスラシ山から尾根伝いに進みました。枝尾根が多く、迷いやすいです。ここは、486.7mピーク。天ヶ峰という名前がついていると後で知りました。
3
今回は地理院地図に記載されている唐櫃台への下山路に迷わず乗ることが出きました。眺望はありませんが、ミツバツツジが満開で目を楽しませてくれました。
2018年04月07日 12:36撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は地理院地図に記載されている唐櫃台への下山路に迷わず乗ることが出きました。眺望はありませんが、ミツバツツジが満開で目を楽しませてくれました。
4
地理院地図の下山路は唐櫃台に近づくにつれ滑りやすい急斜面になるので、早々に沢に逃げました。
2018年04月07日 12:45撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地理院地図の下山路は唐櫃台に近づくにつれ滑りやすい急斜面になるので、早々に沢に逃げました。
2
このルート、ゴールに「からとの湯」があるのが嬉しいです。
2018年04月07日 12:51撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このルート、ゴールに「からとの湯」があるのが嬉しいです。
5

感想/記録

先人のレポに、丹生山系の東端キスラシ山に関するものがいくつかあり、藪こぎが楽な春のうちに踏破しておくことにしました。
キスラシ山以外にもいくつかピークがありますが、眺望は全くありませんでした。
尾根筋ではミツバツツジが満開で、その方面に詳しい方には楽しめると思います。
地質は全域白っぽい流紋岩質ですが単調でした。採石場で流紋岩を採ってコンクリートにでも混ぜるのかな?
これにて丹生山系を西から東まで踏破したことになります。
この山域は手付かずの自然が残り美しい地層が観察できる魅力的な場所でした。
多くの人が訪れ、好きになって欲しいと思います。
訪問者数:288人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/1/31
投稿数: 243
2018/4/7 18:42
 キスラシ山
tadawasabiさん、はじめまして!(でしたよね
いつもレコを興味津々で読まさせて頂いております

キスラシ山は丹生山系の東端という位置、また山名のインパクトの強さから、以前からとても気になっていた山です。
いつか歩かねばと思っているのですが、なかなか踏み込めずにいました。
でもtadawasabiさんの詳しいレコを読んで、安心?して行けそうな気がしてきました。
下山後の もGOODですしね。

tadawasabiさんのレコを参考に近いうちに訪れたいと思います。
出来ればミツバツツジの時期が良さそうですね。
ためになる情報、どうもありがとうございました。
登録日: 2017/6/11
投稿数: 1
2018/4/8 11:42
 Re: キスラシ山
Ham0501さん、こんにちは!
レコ読んでいただき、ありがとうございます。
コメントいただけると嬉しいですね。励みになります

キスラシ山へは他に桜池から取り付くルートがあるようです。
jyunntarouさんのレコ:
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-650452.html
このルートならドキドキしながら採石場を通過せずにすみます。

藪こぎ区間がありますので服が相当汚れます。お気をつけてお出かけください
他の山域のレコも楽しみにしています!

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ