また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1429032 全員に公開 ハイキング奥武蔵

花を求めて、蕨山

日程 2018年04月14日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
さわらびの湯の駐車場を利用しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間10分
休憩
1時間0分
合計
6時間10分
Sさわらびの湯バス停06:5007:40金比羅神社跡07:5008:00名栗金比羅山08:10中登坂08:2008:50大ヨケノ頭09:20藤棚山09:3010:00蕨山(展望台)10:3013:00名郷13:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
岩場の急坂は要注意です。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 日よけ帽子 ザック 行動食 飲料 地図(地形図) ガイド地図(ブック) 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

さわらびの湯駐車場に到着
2018年04月14日 06:42撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さわらびの湯駐車場に到着
金毘羅神社跡
2018年04月14日 07:41撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金毘羅神社跡
ヤマザクラの彼方に奥武蔵の山々
2018年04月14日 08:02撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマザクラの彼方に奥武蔵の山々
中登坂の先、杉木立の間から名栗湖を臨む。
2018年04月14日 08:08撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中登坂の先、杉木立の間から名栗湖を臨む。
名残のミツバツツジと咲き始めのヤマツツジ
2018年04月14日 08:26撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残のミツバツツジと咲き始めのヤマツツジ
ミツバツツジ、美しい!
2018年04月14日 08:28撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジ、美しい!
3
この日のお目当て、アカヤシオを見つけましたが、見頃を過ぎて名残の花がちらほら・・・
2018年04月14日 08:40撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日のお目当て、アカヤシオを見つけましたが、見頃を過ぎて名残の花がちらほら・・・
2
木々の向こうに見えるのは、去年の秋に登った棒ノ嶺などの山々
2018年04月14日 08:46撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の向こうに見えるのは、去年の秋に登った棒ノ嶺などの山々
馬酔木(あせび)の花は満開です。
2018年04月14日 08:47撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬酔木(あせび)の花は満開です。
1
大ヨケの頭
2018年04月14日 08:49撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ヨケの頭
1
藤棚山という名前だけど、藤の花は見あたりません。
2018年04月14日 09:25撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤棚山という名前だけど、藤の花は見あたりません。
ここまで登ってくると、まだ花がたくさん残っているアカヤシオに出会えました
2018年04月14日 10:00撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで登ってくると、まだ花がたくさん残っているアカヤシオに出会えました
急坂を過ぎると蕨山展望台。ここでお湯を沸かしてカップ麺を作りました。
2018年04月14日 10:02撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂を過ぎると蕨山展望台。ここでお湯を沸かしてカップ麺を作りました。
アカヤシオがまだまだたくさん見られた蕨山展望台。花と遠くの山並みを見ながらの食事は美味しい!
2018年04月14日 10:03撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカヤシオがまだまだたくさん見られた蕨山展望台。花と遠くの山並みを見ながらの食事は美味しい!
花びらが丸くて、淡い桃色で、可愛い!
2018年04月14日 10:05撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花びらが丸くて、淡い桃色で、可愛い!
5
出会えて良かった、アカヤシオちゃん!
2018年04月14日 10:05撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出会えて良かった、アカヤシオちゃん!
1
展望台の休憩を終え、名郷方面へ。5分ほど歩いたところが蕨山の原点らしい。最高峰(展望台より11m高い)は見晴悪く地味らしいのでパスして下山ルートへ。
2018年04月14日 10:41撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台の休憩を終え、名郷方面へ。5分ほど歩いたところが蕨山の原点らしい。最高峰(展望台より11m高い)は見晴悪く地味らしいのでパスして下山ルートへ。
散ったアカヤシオの花が登山道に
2018年04月14日 10:55撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
散ったアカヤシオの花が登山道に
岩場で見つけたイワウチワの横顔
2018年04月14日 11:00撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場で見つけたイワウチワの横顔
2
正面はピンボケだった・・・
2018年04月14日 11:01撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面はピンボケだった・・・
2
下りの急坂が続きました。
2018年04月14日 12:23撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りの急坂が続きました。
山の最後はヤマブキの花
2018年04月14日 12:36撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の最後はヤマブキの花
名郷バス停からバスでさわらびの湯まで戻りました。
2018年04月14日 12:58撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名郷バス停からバスでさわらびの湯まで戻りました。

感想/記録

急坂を登るのは辛いと思い、ガイドブックに書いてあるのとは逆ルートにしましたが失敗でした。急坂の連続の下りで4回も尻もちをつき、凹みました・・・幸い打ち身だけで済みましたが、一歩間違えば大きなケガになりかねません。反省しました。
訪問者数:287人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ