また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1429269 全員に公開 ハイキング赤城・榛名・荒船

黒檜山[クロビヤマ]・駒ヶ岳:赤城山[アカギヤマ]

日程 2018年04月14日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー7人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
赤城山南麓に沿って走る国道353号と群馬県道4号(奥利根ゆけむり街道)が交差する畜産試験場交差点から県道4号に入り大沼を目指します。
大沼に出たら湖に沿って北上し、赤城神社への分岐を過ぎると200mほど先の左側に広い黒檜山登山口駐車場があります。
この駐車場から登山口までは300mほど車道歩きとなり、登山口の近くの路肩にも数台駐車できるスペースがあります。
公衆トイレは黒檜山登山口駐車場には無く、手前の大洞の駐車場に有ります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間53分
休憩
1時間19分
合計
4時間12分
S黒檜山登山口駐車場10:3610:40黒檜山登山口10:4110:56猫岩11:04<休憩>1,480m付近11:0912:01駒ヶ岳分岐12:04赤城山12:1812:21黒檜山大神13:0613:32大タルミ13:4213:51駒ヶ岳13:5514:37駒ヶ岳大洞登山口14:41あかぎ広場前バス停14:48黒檜山登山口駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所は有りませんでした。
登山ポストは見当たりませんでした。
その他周辺情報下山後に畜産試験場交差点から渋川方面に国道353号を1kmほど進んだところにある「道の駅ふじみ」で富士見温泉に入浴する予定でしたが臨時休館となっていました。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

10時15分、ガスっている大沼(オノ)湖畔の広い黒檜山登山口駐車場に駐車しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10時15分、ガスっている大沼(オノ)湖畔の広い黒檜山登山口駐車場に駐車しました。
1
黒檜山登山口と駐車場は300m離れています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒檜山登山口と駐車場は300m離れています。
1
駐車場入口にある駐車場、登山口の案内標識です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場入口にある駐車場、登山口の案内標識です。
1
10時36分に登山口への車道歩きから登山を開始しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10時36分に登山口への車道歩きから登山を開始しました。
1
登りに掛かる前に登山口にて。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りに掛かる前に登山口にて。
4
ガスの中を登り始めましたが、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの中を登り始めましたが、
1
最初から割と急な上りとなって、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初から割と急な上りとなって、
1
早くも皆の間隔が開きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早くも皆の間隔が開きました。
少しなだらかなところも有りましたが、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しなだらかなところも有りましたが、
崩れているところや、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩れているところや、
岩だらけの上りも有りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩だらけの上りも有りました。
1
元気なHさん、Fさん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
元気なHさん、Fさん。
1
標高1,450m付近を高校生の集団の後ろについて登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1,450m付近を高校生の集団の後ろについて登ります。
2
急な岩稜を登ると、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な岩稜を登ると、
1
10時56分、標高1,460m付近の「猫岩」に着きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10時56分、標高1,460m付近の「猫岩」に着きました。
1
歩き易い道となりましたが、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き易い道となりましたが、
直ぐに岩が露出している道にもどり、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直ぐに岩が露出している道にもどり、
先行の4人が待っていてくれたので、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行の4人が待っていてくれたので、
1
11時4分から5分間休憩(標高1,480m付近)しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11時4分から5分間休憩(標高1,480m付近)しました。
ガスっていて眺望が利かない中を再び登り始めましたが、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスっていて眺望が利かない中を再び登り始めましたが、
身体の慣れと休憩で、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
身体の慣れと休憩で、
再び元気になって登る面々。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び元気になって登る面々。
赤テープに導かれて標高1,550m付近の広い斜面を登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤テープに導かれて標高1,550m付近の広い斜面を登ります。
少しだけ残っていた雪田の脇を通って、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しだけ残っていた雪田の脇を通って、
雪田に向かって登ってくる4人。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪田に向かって登ってくる4人。
再び岩の急な上りとなり、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び岩の急な上りとなり、
1
11時22分、富士山展望ポイントに着きましたがガスっているため眺望は全く利きませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11時22分、富士山展望ポイントに着きましたがガスっているため眺望は全く利きませんでした。
1
標高1,590m付近で稜線の幅が狭くなりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1,590m付近で稜線の幅が狭くなりました。
標高1,650m付近の登山道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1,650m付近の登山道です。
標高1,720m付近で、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1,720m付近で、
後続の4人は2回目の休憩となりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後続の4人は2回目の休憩となりました。
先を行く3人は駒ヶ岳分岐に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先を行く3人は駒ヶ岳分岐に。
先を行く3人から4分遅れて1人駒ヶ岳分岐に到着、正面が黒檜山への道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先を行く3人から4分遅れて1人駒ヶ岳分岐に到着、正面が黒檜山への道です。
1
相変わらずガスっている中を頂上に向かい、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相変わらずガスっている中を頂上に向かい、
12時4分、黒檜山頂上に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12時4分、黒檜山頂上に到着。
4
黒檜山頂上の様子です。ガスって何も見えないので絶景スポットに行くのは止めて西側に回り込んだら、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒檜山頂上の様子です。ガスって何も見えないので絶景スポットに行くのは止めて西側に回り込んだら、
2
先行の3人が頂上西側斜面で風を避けて休んでいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行の3人が頂上西側斜面で風を避けて休んでいました。
1
全員が揃ったところで記念撮影を行い、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全員が揃ったところで記念撮影を行い、
5
風があって寒いので「黒檜大神」に行って大休止することにしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風があって寒いので「黒檜大神」に行って大休止することにしました。
3
駒ヶ岳分岐を直進して、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳分岐を直進して、
2
12時21分、黒檜大神に着きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12時21分、黒檜大神に着きました。
御黒檜大神(オンクロビオオカミ)石碑です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御黒檜大神(オンクロビオオカミ)石碑です。
ここで13時6分まで昼食休憩となりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで13時6分まで昼食休憩となりました。
2
食事と喫茶を終えて出発しようとすると、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食事と喫茶を終えて出発しようとすると、
1
ガスが晴れてきて電波塔が林立する地蔵岳の頂上部が天空の城のように雲の上に現れました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが晴れてきて電波塔が林立する地蔵岳の頂上部が天空の城のように雲の上に現れました。
5
地蔵岳をバックにSさん、Hさん、Fさんを。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵岳をバックにSさん、Hさん、Fさんを。
1
大タルミを目指して黒檜山を下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大タルミを目指して黒檜山を下ります。
「花見ヶ原森林公園」への分岐を通り、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「花見ヶ原森林公園」への分岐を通り、
階段状の道を下ると、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段状の道を下ると、
木段が続くようになり、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木段が続くようになり、
駒ヶ岳が見えてきて、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳が見えてきて、
右手には大沼と大洞の建物や駐車場が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手には大沼と大洞の建物や駐車場が見えてきました。
大タルミに向かって階段道が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大タルミに向かって階段道が続きます。
100mほど先(中央)に見えるようになりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
100mほど先(中央)に見えるようになりました。
1
3人を少しアップで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3人を少しアップで。
3人をさらにアップで見ると、緊急時の現在地を示す「黒檜山10」標識のところに居ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3人をさらにアップで見ると、緊急時の現在地を示す「黒檜山10」標識のところに居ました。
3人から見た我々(中央右)を少しアップで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3人から見た我々(中央右)を少しアップで。
3人の後を追って、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3人の後を追って、
見えるようになった黒檜山をバックに階段道を下るSさん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見えるようになった黒檜山をバックに階段道を下るSさん。
1
「黒檜山10」標識を通過すると、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「黒檜山10」標識を通過すると、
1
先行の3人が待つ、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行の3人が待つ、
大タルミに13時32分に着きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大タルミに13時32分に着きました。
1
明るくなって黒檜山も見える大タルミで42分まで休憩しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るくなって黒檜山も見える大タルミで42分まで休憩しました。
Sさん、Hさん、地図を眺めるFさん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Sさん、Hさん、地図を眺めるFさん。
1
駒ヶ岳に向かって大タルミを出発し、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳に向かって大タルミを出発し、
13時51分、駒ヶ岳頂上に到着。頂上標識の脇でHさん、Hさん、Fさんを。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13時51分、駒ヶ岳頂上に到着。頂上標識の脇でHさん、Hさん、Fさんを。
2
後続の4人も木段を登って、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後続の4人も木段を登って、
全員が揃ったので記念撮影を行いました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全員が揃ったので記念撮影を行いました。
4
13時55分、再びガスの中の木段下りから下山を開始。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13時55分、再びガスの中の木段下りから下山を開始。
14時4分、南の肩に着き、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14時4分、南の肩に着き、
西方向に進路を変え、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西方向に進路を変え、
鉄製の階段を下って、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄製の階段を下って、
ジグザグの坂を下ると、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジグザグの坂を下ると、
車道が見えてきて、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道が見えてきて、
14時37分、駒ヶ岳登山口に着きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14時37分、駒ヶ岳登山口に着きました。
1
駒ヶ岳登山口の案内標識です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳登山口の案内標識です。
車道に沿って林間に道がついていたのでそこを進み、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道に沿って林間に道がついていたのでそこを進み、
大洞の駐車場の前で車道に出ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大洞の駐車場の前で車道に出ました。
駐車場の向かい側の「あかぎ広場」にある案内板とバス停です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場の向かい側の「あかぎ広場」にある案内板とバス停です。
1
駐車場に5人を残し、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に5人を残し、
1
3人で黒檜山登山口駐車場に向かい、14時48分に下山しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3人で黒檜山登山口駐車場に向かい、14時48分に下山しました。
1

感想/記録

2006年9月に登って以来、11年半振りに赤城山(黒檜山、駒ヶ岳)に山岳会OBOG達と登ることになりました。
当日の天気予報は曇りで夕方から雨となっていましたが、国道17号線(上武道路)を前橋方向に向かっている時、榛名山やその東端にあって先日登った水沢山は眺めることができたものの赤城山は中腹から上が雲の中でした。
10時過ぎに黒檜山登山口駐車場に着くと、周囲はガスで眺望が利かず気温は2℃と非常に寒い状態でした。

10時36分に歩き始め、先ずは車道を北方向に300mほど進んで黒檜山登山口に着きましたが、登り始めから急な傾斜の道となり、直に岩が露出している道となりました。
赤城山が高校総体の会場となるとのことで、この日は一般の登山者のほかに高校の登山部・山岳部の生徒達がたくさん登っていました。

ガスっていて眺望が全く利かないのは変わりませんでしたが、急な登りのため最初感じていた寒さは直に感じなくなりました。
残雪は殆ど無く、休憩を含めゆっくり歩いても1時間半弱で黒檜山頂上に着けました。
頂上からさらに2分ほど先に行ったところに絶景スポットがあると案内表示がありましたが、ガスっていて何も見えないためパスして頂上で休もうとしたら風があって寒く、8人が風を凌げるスペースが無かったため、駒ヶ岳分岐の先にある黒檜大神に行って昼食をとることにしました。
黒檜大神から駒ヶ岳に向かって出発する時に少しだけ眺望が利くようになり、雲海の上に地蔵岳頂上の電波塔が見えましたが、昨年11月に中国地方で見た竹田城(見た目は全然違いますが…)のような感じがして良い眺めでした。
また、大タルミへの下りの途中から大沼を眺めることもできました。

全般的にガスって眺望が利かず、黒檜山から駒ヶ岳、駒ヶ岳登山口までは嫌いな階段の多い山でしたが、黒檜山登山口から黒檜山までは岩の露出した道が多く、楽しく登ることができました。
また、下山後に予定していた富士見温泉での入浴が今年2月に発生した天井落下事故のため休業が続いていて入れなかったのが心残りとなりました。
訪問者数:474人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ