また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1430992 全員に公開 ハイキング中国山地東部

岡曽山 滝コース〜三角点・ひづめ岩〜尾根コース (岡山県 鏡野町)

日程 2018年04月19日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
岡山県立森林公園に向けて県道116号を走り、神原橋を渡ったところの道沿いの空き地に車を停めてスタート。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間51分
休憩
49分
合計
3時間40分
S駐車地点11:2612:00滝谷の滝12:0512:58岡曽山(鏡野町)13:0613:25ひづめ岩13:5014:10岡曽山(鏡野町)14:2115:06ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■ 滝コース
一部、崩落箇所がある。10mほどではあるが注意は必要。基本的に沢の右岸を登るが、崩落箇所を越えると適宜渡渉して進む。滝を越えると、A/(B・C)コースの分岐がある。イワウチワが目的ならAコースがよいそうだが、稜線付近では多少のササヤブがある。

■ 三角点〜ひづめ岩
多少のアップダウンはあるが、道は明瞭。途中に熊のフンがあった。注意喚起の看板よりも、リアリティーがある。十分注意されたし。

■ 尾根コース
道は明瞭だが、なかなかの急登。途中に、B/Cコースの分岐がある。概ねBコースは直登、Cコースは多少九十九折れがあるルートのようだ。

※ 本来のBコースは尾根コースから分岐した直登ルートのようです。別途、尾根コースの分岐と滝コース分岐を繋ぐトラバース道の途中からほぼ直登するルートがある。これを登ると、頂上直下でBコースに合流する。新しく付けられたルートなのか、どうも無名のようである。私は何も知らず、この無名ルートを登った。急登だが、道は明瞭。イワウチワをみる事もできた。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

駐車場に向かう途中、羽出の集落から見上げた岡曽山。綺麗なピークだが、急登を覚悟。
2018年04月19日 11:05撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に向かう途中、羽出の集落から見上げた岡曽山。綺麗なピークだが、急登を覚悟。
2
ここからスタート、先行者がいるようだ。
2018年04月19日 11:25撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからスタート、先行者がいるようだ。
民家の間から入山すると、しばらく明瞭な道が続く。
2018年04月19日 11:32撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
民家の間から入山すると、しばらく明瞭な道が続く。
尾根コースとの分岐を過ぎ、滝コースの右岸を進んでいると大きく崩落している部分がある。
2018年04月19日 11:43撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根コースとの分岐を過ぎ、滝コースの右岸を進んでいると大きく崩落している部分がある。
このあたりの岩はかなり特徴的。
2018年04月19日 11:46撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりの岩はかなり特徴的。
35分で滝谷の滝に着いた。
2018年04月19日 12:00撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
35分で滝谷の滝に着いた。
落差10m、水量難あり。少し戻って左岸を巻いていく。
2018年04月19日 12:03撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落差10m、水量難あり。少し戻って左岸を巻いていく。
上の滝を巻き上がり、辛抱して急登を登ると分岐に出会う。Aコースは右上に直登、奥(南)にトラバースすると、尾根コースの先にあるB/Cコースの分岐に出会う。
2018年04月19日 12:26撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上の滝を巻き上がり、辛抱して急登を登ると分岐に出会う。Aコースは右上に直登、奥(南)にトラバースすると、尾根コースの先にあるB/Cコースの分岐に出会う。
尾根コースの分岐に到達する前に、きちんとした道(無名)があったので、なんとなくこれを登ることにした。
2018年04月19日 12:31撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根コースの分岐に到達する前に、きちんとした道(無名)があったので、なんとなくこれを登ることにした。
これがイワウチワの花かな。
2018年04月19日 12:38撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これがイワウチワの花かな。
1
そこそこあったが、あまり目立たない。
2018年04月19日 12:44撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこそこあったが、あまり目立たない。
1
辛抱して急登を登って頂上に着いた。
2018年04月19日 13:00撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
辛抱して急登を登って頂上に着いた。
ひづめ岩に向かいます。
2018年04月19日 13:20撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひづめ岩に向かいます。
これは違う。
2018年04月19日 13:25撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは違う。
羽出の集落と左上に泉山。
2018年04月19日 13:26撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羽出の集落と左上に泉山。
2
これがひづめ岩かな。
2018年04月19日 13:33撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これがひづめ岩かな。
1
何かに似ているような気もする。
2018年04月19日 13:33撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何かに似ているような気もする。
もう一度、羽出の集落。
2018年04月19日 13:48撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一度、羽出の集落。
三角点とひづめ岩の間の道の上に、熊のフン。犯行時刻は、ハエのたかり具合から、どうやら当日早朝のようだ。
2018年04月19日 13:59撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点とひづめ岩の間の道の上に、熊のフン。犯行時刻は、ハエのたかり具合から、どうやら当日早朝のようだ。
1
三角点とひづめ岩の間の道はとても明瞭。
2018年04月19日 14:07撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点とひづめ岩の間の道はとても明瞭。
岡曽山三角点に戻ってきた。
2018年04月19日 14:09撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岡曽山三角点に戻ってきた。
三角点からは明瞭な下山口が二つあった。ひとつは登ってきた道なので、下山にはもう一つの道を利用してみた。どうやらこれがCコースのようだ。
2018年04月19日 14:19撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点からは明瞭な下山口が二つあった。ひとつは登ってきた道なので、下山にはもう一つの道を利用してみた。どうやらこれがCコースのようだ。
この倒木は九十九折れの道です、Cコースはとても明瞭で歩きやすい。
2018年04月19日 14:23撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この倒木は九十九折れの道です、Cコースはとても明瞭で歩きやすい。
B/Cコースの分岐。
2018年04月19日 14:31撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
B/Cコースの分岐。
Bコースは直登。
2018年04月19日 14:32撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Bコースは直登。
Bコースはかなりの急登だが、どれを選んでも実質似たようなもの。
2018年04月19日 14:32撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Bコースはかなりの急登だが、どれを選んでも実質似たようなもの。
尾根コースの急登、結構きついよ。
2018年04月19日 14:53撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根コースの急登、結構きついよ。
ここに降りて来た、尾根コースと滝コースの分岐地点。
2018年04月19日 14:56撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここに降りて来た、尾根コースと滝コースの分岐地点。
駐車地点まで降りてきた。
2018年04月19日 15:14撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車地点まで降りてきた。
電線が邪魔だが、郵便局の辺りから見た岡曽山。
2018年04月19日 15:23撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
電線が邪魔だが、郵便局の辺りから見た岡曽山。
1
撮影機材:

感想/記録

岡曽山の滝谷の滝には撮影に来た事があったが、それより上は初めてです。
岡曽山は麓の集落から遠望するとピークはとんがりクンで、見るからに急登の山です。実際に登ってみると、うわさにたがわず見事な急登でした。急登区間の標高差は概ね200m、ゆっくりと登るのが吉です。

標高750m辺りまでは、尾根コースと滝(谷)コースがあります。
尾根コースの先はC/Bコースの分岐があります。Cコースが左、Bコースは直線的に直登になります。滝コースの先には、A/B・Cコースの分岐があります。Aコースは直登になり、B・Cコースへは南にトラバースして進み、尾根ルートの分岐に出会う。標高750mより上は、元々はこの三本のルートだったのでしょうが、トラバース道の途中にほぼ直登気味に登る無名の道があった。今回は(特に理由はないが)、これを登った。

4月中旬〜下旬はイワウチワが咲いているということです。花や植物にはたいした興味も知識もありませんから、通常はヒマワリの花くらいのアピールがないと目に入らないのですが、今回はその気で探しましたのでいくらか見つけました。
イワウチワの花は、標高にして750〜850mのあたり、一番北のAルートか、今回登った無名のルートの周辺に咲いているようです。Cコースではみかけなかった。

今回初めて熊のフンを見た、三角点とひづめ岩のルート上にあった。気をつけないといけません。
訪問者数:204人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ