また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1431016 全員に公開 雪山ハイキング栗駒・早池峰

焼石 経塚山

日程 2018年04月19日(木) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
うがい清水の駒ヶ岳登山口まで進入可
10数台駐車可能
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち43%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間40分
休憩
35分
合計
8時間15分
Sうがい清水08:0609:34下賽ノ河原09:44上賽ノ河原09:48五葉の松09:4910:14駒ヶ岳12:40経塚山13:0613:45お坪の松15:10駒ヶ岳15:1615:26五葉の松15:2715:30上賽ノ河原15:37下賽ノ河原15:3816:20うがい清水16:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
駒ヶ岳〜経塚山間は夏道がなく、積雪期限定のルート。
雪はたくさん残っていて、概ね安定しており、崩れている個所も少ない。
経塚山頂直下は雪を追っていくと、最後に藪につかまる。夏道は左の崖沿いで、概ね出ているが、一部急な雪のトラバースもあり、ところどころ藪に出たりはいったりして進んだ。夏道の雪はまもなく融けそう。

稜線はすべて雪ををつないで歩けるが、広大な雪原を何度も越えるので悪天時は避けた方が無難。
平日なので、他に登山者はなし(トレースから多分駒ヶ岳までの方が一人おられたかも)。クマ対策は必要。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

栗駒が見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栗駒が見えてきた
13
駒ケ岳直下でアイゼン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ケ岳直下でアイゼン
7
社殿の裏から経塚山へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
社殿の裏から経塚山へ
9
雪たっぷりの稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪たっぷりの稜線
6
越えてきた駒ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越えてきた駒ヶ岳
7
なかなか近づかない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか近づかない
8
美しい道だが遠い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい道だが遠い
14
ミニリッジで遊ぶ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミニリッジで遊ぶ
14
山頂台地に上がる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂台地に上がる
2
横岳が見えてくると
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳が見えてくると
4
駒ヶ岳へ帰ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳へ帰ります
4
ショウジョウバカマと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマと
9
クマよけのお守り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クマよけのお守り
10

感想/記録
by cheeze

登山口に一台駐車されていたが、山菜採りの方だろうか。足跡はなく今日は我々だけになりそうだ。いろいろと念のためピッケル、アイゼン,ワカンの装備。

登山口からまもなく雪道になる。最初は平坦な森を抜けるが、赤布が適宜あって道を失うことはない。尾根が立ってくると雪庇の道に。かなり緩んでいるので一部夏道を歩いた。
稜線に登り上げると焼石連峰が左手に見えてくる。あとは大展望の道。駒ヶ岳手前に小ピークがあるが手前で雪道から出て夏道を辿るほうが楽。最後の急斜面を雪庇を避けながら慎重に登ると金ヶ崎駒ヶ岳。

山頂の社殿の裏手から冬季限定ルートに入る。豊かな雪庇と雪堤が途切れることなく続いている。小さなアップダウンが連続し楽ではないが、展望が素晴らしく、深いブナの森と繰り返し現れる広大な雪原の風景を楽しみながら歩を進めることができる。お坪の松の上部が大きく崩壊し始めているが脇をまくことができる。
斜度が立ってくると山頂直下。藪がでているので、夏道を探し左へ斜上していったが、歩きにくい場所もあり、夏道と藪を行ったり来たりしてここで結構時間がかかった。

気温が上昇し雪が緩んで、足取りが重かったものの、今年もなんとか登頂できた。山頂は大パノラマ。焼石連峰から真昼、和賀、秋田駒へと続く奥羽山脈の連綿とした連なりを眺めて、ゆっくり休憩。
2015年の同時期に歩いた時より全体的に残雪が多い印象。もうしばらく歩けそう。

長く遠い道だが、美しい原生のブナ森と豊かな残雪の稜線は、まさに東北の春山。静寂の山旅の雰囲気に溢れている。

*ヤマレコ直近の駒ヶ岳のレコと経塚山のレコ、大いに参考にさせていただいた。
訪問者数:475人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/7/18
投稿数: 944
2018/4/21 9:39
 経塚山
大パノラマですね やっぱり晴れた日の残雪歩きは最高です
奥様も山頂ランチ、良かったでしょうね〜〜
私は今日は行かれず・・
白いピッケルがカッコいいです
登録日: 2014/2/23
投稿数: 797
2018/4/21 16:24
 Re: 経塚山
久しぶりにこのコース歩きました。やっぱり焼石は雪深いですね。kamadamさんの夏油ー牛形ー経塚の周回コース、展望してきました。あらためて凄まじいコースですね
前に歩いた時より時間がかかっています。経年劣化ということでしょうか
今日はお休みですか。明日も歩けそうな感じですけど、どうでしょう。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン ピッケル 急登 雪庇 ブナ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ