また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1431630 全員に公開 ハイキング東海

<東海の山> 番外編 Vol.6 : 猿投山 バリエーションルート(?)

日程 2018年04月22日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー4人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
猿投神社の駐車場は満車で、路肩の空き地をなんとか確保しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間57分
休憩
2時間1分
合計
6時間58分
S猿投山麓駐車場07:5610:26東の宮10:2810:46猿投山12:3913:23大岩展望台13:2914:54猿投山麓駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
私にとってほぼ二年ぶりの再訪でした。前回はごく一般的なメインルートを歩きました。そのときのレコはこちら。↓
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-888966.html
メインルートは東海自然歩道として整備されて、多くの登山者が行きかっていますが、きょう歩いたルートはところどころ荒れ気味で、道標も登山者も少なかったです。単独行は道迷いに要注意。
その他周辺情報今回は寄らなかったのですが、登山口近くに猿投温泉という温浴施設があるようです。送迎のバスも出ているようなので、機会があれば訪れてみたいです。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 雨具 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ストック
備考 平地の最高気温は30℃近く、この時季にしては暑い一日でしたが、山のなかは意外に涼しかったです。食後の珈琲はアイスにしようかと迷ったけど、ホットで正解でした。

写真

きょうはグループ登山の日、いつものように山友さんのクルマに乗せて頂き、登山口へと向かいます。お世話になります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きょうはグループ登山の日、いつものように山友さんのクルマに乗せて頂き、登山口へと向かいます。お世話になります。
猿投神社の裏手で集合。人気の山ということで、駐車場は早くも満車、路肩の空き地にクルマを停めます。
…ここから歩き始めるのですが…あれ、こっちに行くんですか?? 標識とか無いんですが…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿投神社の裏手で集合。人気の山ということで、駐車場は早くも満車、路肩の空き地にクルマを停めます。
…ここから歩き始めるのですが…あれ、こっちに行くんですか?? 標識とか無いんですが…。
…人気のまばらな急斜面…あれ、猿投山って、こんなところだったっけ? 随分と野趣溢れる登山道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
…人気のまばらな急斜面…あれ、猿投山って、こんなところだったっけ? 随分と野趣溢れる登山道です。
急斜面を上っていくと見晴らしの開けるところがあります。「あれが猿投山ですか?」、「いやいや、あれじゃないよ、まだまだ遠いよ」…とのことです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面を上っていくと見晴らしの開けるところがあります。「あれが猿投山ですか?」、「いやいや、あれじゃないよ、まだまだ遠いよ」…とのことです。
一帯は国定公園に指定されているせいか、意外と植林帯は少なく、広葉樹の天然林が広がっています。新緑萌え萌え。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一帯は国定公園に指定されているせいか、意外と植林帯は少なく、広葉樹の天然林が広がっています。新緑萌え萌え。
1
ところどころ分岐があって道が分かれています。バリエーションルートの、さらに脇道。道というより踏み跡、獣道のような雰囲気すらあります。私一人だったら迷っていたかもしれません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころ分岐があって道が分かれています。バリエーションルートの、さらに脇道。道というより踏み跡、獣道のような雰囲気すらあります。私一人だったら迷っていたかもしれません。
1
一旦林道に出ますが、ここからはまた急斜面となります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦林道に出ますが、ここからはまた急斜面となります。
登山道は樹々に覆われていて陽射しはあたらないのですが、さすがに急坂を歩き続けていると暑くなり、小憩を繰り返します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は樹々に覆われていて陽射しはあたらないのですが、さすがに急坂を歩き続けていると暑くなり、小憩を繰り返します。
まだまだ急坂が続きます。道標はほとんど無く、落ち葉の積もった急斜面…鈴鹿の仙ヶ岳がこんな感じだったなぁ…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ急坂が続きます。道標はほとんど無く、落ち葉の積もった急斜面…鈴鹿の仙ヶ岳がこんな感じだったなぁ…。
1
急坂を上り詰めたところが、猿投山の「最高峰」。山頂よりもここのほうが3mほど高いようですが、一面の樹々に覆われて展望はまったくありません。まばらな登山者を、お猿さんがぽつんと出迎えるだけです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂を上り詰めたところが、猿投山の「最高峰」。山頂よりもここのほうが3mほど高いようですが、一面の樹々に覆われて展望はまったくありません。まばらな登山者を、お猿さんがぽつんと出迎えるだけです。
1
最高峰から少し下ったところが東の宮です。本日の安全など祈願します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高峰から少し下ったところが東の宮です。本日の安全など祈願します。
東の宮からは東海自然歩道となります。ここまで歩いてきた荒れ気味の急斜面とはうってかわって、とてもよく整備されています。あぜ道から高速道路に入ったみたいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東の宮からは東海自然歩道となります。ここまで歩いてきた荒れ気味の急斜面とはうってかわって、とてもよく整備されています。あぜ道から高速道路に入ったみたいです。
よく整備されていますが、そのぶん階段も多いです。「自然歩道」というのはどこもそんな感じですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく整備されていますが、そのぶん階段も多いです。「自然歩道」というのはどこもそんな感じですね。
少しだけ見晴らしが開ける場所があります。空気が澄んでいると御嶽山や中央アルプスが望まれるらしいのですが、あいにくきょうは靄っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しだけ見晴らしが開ける場所があります。空気が澄んでいると御嶽山や中央アルプスが望まれるらしいのですが、あいにくきょうは靄っています。
山頂へ向けて、あと一息です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂へ向けて、あと一息です。
山頂に到着しました。ざっと30人くらいの方々が休憩されています。さすがは愛知県随一の人気の山ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に到着しました。ざっと30人くらいの方々が休憩されています。さすがは愛知県随一の人気の山ですね。
ふぅ〜、風が気持ちいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふぅ〜、風が気持ちいい。
展望は残念ながらこんな感じです。空気の澄んでいる日にまた来ることにしよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望は残念ながらこんな感じです。空気の澄んでいる日にまた来ることにしよう。
さて、昼食の準備に取り掛かりましょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、昼食の準備に取り掛かりましょうか。
まずは具だくさんのスープをぐつぐつと…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは具だくさんのスープをぐつぐつと…。
野菜がいっぱい、美味。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野菜がいっぱい、美味。
次に、パンと具材をぺたぺたと…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次に、パンと具材をぺたぺたと…。
山友さんの道具に挟んで、しばらく直火で…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山友さんの道具に挟んで、しばらく直火で…。
いただきます…っとと、アチチっ…。
様々な食材が織りなす、贅沢な味わいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いただきます…っとと、アチチっ…。
様々な食材が織りなす、贅沢な味わいです。
こちらは「小倉トースト」、名古屋スイーツの定番ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは「小倉トースト」、名古屋スイーツの定番ですね。
珈琲も淹れましょう…ということで、本日のランチは、スープ、メイン、デザート、珈琲のフルコース(?)でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
珈琲も淹れましょう…ということで、本日のランチは、スープ、メイン、デザート、珈琲のフルコース(?)でした。
ここで、もう一人の山友さんが飛び入り御参加。お疲れさまです。お茶でもどうぞ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで、もう一人の山友さんが飛び入り御参加。お疲れさまです。お茶でもどうぞ。
食事と談笑をゆっくり楽しんでから、山頂を後にします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食事と談笑をゆっくり楽しんでから、山頂を後にします。
しばらく自然歩道を戻ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく自然歩道を戻ります。
東の宮から下っていくと、見晴らしの開けた場所があります。数人の方が休憩されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東の宮から下っていくと、見晴らしの開けた場所があります。数人の方が休憩されています。
ここは「大岩展望台」、眼下はTOYOTA市の大展望。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは「大岩展望台」、眼下はTOYOTA市の大展望。
大岩展望台の先で自然歩道を離れて、また脇道に入ります。往路ほど急斜面ではないのですが、小さな起伏の繰り返しです。途中で丸々と太ったアオダイショウに遭遇しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩展望台の先で自然歩道を離れて、また脇道に入ります。往路ほど急斜面ではないのですが、小さな起伏の繰り返しです。途中で丸々と太ったアオダイショウに遭遇しました。
静かな山道を坦々と下っていきます。少し遠回りなので、意外と時間がかかります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静かな山道を坦々と下っていきます。少し遠回りなので、意外と時間がかかります。
林道にでてきました。ここから駐車場まではすぐです。お疲れさまでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道にでてきました。ここから駐車場まではすぐです。お疲れさまでした。
さて、帰りましょう。きょうも充実した一日でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、帰りましょう。きょうも充実した一日でした。

感想/記録

愛知県ではもっともポピュラーと言える山ですが、この日のルートにはそのような雰囲気はなく、鈴鹿や奥三河あたりを歩いているような気さえしました。低山といえど侮り難い、この山の奥深さを実感しました。ご案内して頂いた皆様、ありがとうございました。
訪問者数:391人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ