また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1433469 全員に公開 ハイキング丹沢

大山/週末/男坂→富士見台→大山→見晴台→女坂

日程 2018年04月21日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
バイク/インディアンスカウト
駐車場/伊勢原市営 大山第二駐車場(¥200)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間20分
休憩
48分
合計
5時間8分
Sスタート地点09:2810:19阿夫利神社下社10:2010:38西の峠10:4211:0416丁目11:0411:1820丁目11:1911:3725丁目11:4011:55大山12:1712:30不動尻分岐12:3013:11見晴台13:2013:33二重滝13:3513:39阿夫利神社下社13:4113:59大山寺14:0414:36大山ケーブルバス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

感想/記録

登山3回目。
2回の靴慣らしが終わり、いよいよ本格的な登山として臨んだ大山、コマ参道から山頂まで全て登り切る計画でスタート。
序盤の男坂の急斜面で、高所恐怖症だったのを思い出し早くもピンチ…さらに水持ってくるの忘れた事に気付き絶望、序盤で心が折れそうに。。喉の渇きを我慢しながらやっとの思いで阿夫利神社下社に到着。茶屋の店員さんに水を差し出して貰った時は神様かと。。小休憩して水500mlを買い、下社脇から山頂に向けて再出発。
道程はそれなりの傾斜で、ザレ場や岩場、木の根で歩きづらいところもあるが、木段などの階段が一番キツイ…歩幅が合わず、一段一段足に負荷が掛かるので辛い…山登りに階段は注意。ただ基本は木陰で空気が気持ち良く、富士見台では綺麗に富士山が見えて心身共にリフレッシュ♪山蛭対策で地べたに座るのは控え、所々にある休憩所のベンチで小休憩しながら、何とか山頂の本社に到着。
山頂は意外と人が多く、座れる場所はほぼ占有されていましたが、茶屋の席が空いていたので、山菜そば¥500とスポーツドリンク¥300を購入して着席。ちょうど富士山が見える席で富士山見ながら啜るそばは格別でした。。山頂散策含め休憩は30分程で切り上げ下山開始。
ここからがこの登山で最も過酷な道程に…
見晴台方面への下山は序盤から怒涛の階段ラッシュ、最初こそ歩きやすかったが、ひたすら続く段差に、登りで疲労した足がすぐに悲鳴をあげ、筋肉が痙攣、足がガクガク、膝が笑ってまともに立ってられない。。。それでも我慢して進むと最後には膝が痛くなるという最悪な展開…見晴台までの半分の道程でこの状態に陥った為、残りの行程はめちゃくちゃ辛かった。。やっとの思いで見晴台に到着し10分ほどベンチで休憩。その名の通り見晴らしはよろし。。
二重社、下社方面へ再出発、ここからの道程は階段も少なく歩きやすかった。
下社の茶屋で小休憩、豆腐ソフト美味しかった。。
下りは女坂から。
男坂にも匹敵するのではないかというくらいの急斜面で、疲れ切った脚では危険なので休み休みゆっくりとコマ山道まで下山。到着した頃には脚が限界でした。。豆腐アイスをで火照った体を冷やしながらゴール。
初心者向けの山だと聞いてたのに、かなり大変な思いをして山登りの過酷さの片鱗を見た気がする。。
※但し、上級者向けという記載もありコース次第かも
訪問者数:40人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ザレ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ