また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1433556 全員に公開 山滑走槍・穂高・乗鞍

乗鞍岳

日程 2018年04月21日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
parking 三本滝駐車場
朝8時でレストハウス前の舗装駐車場はもちろん、未舗装スペースのほうもだいぶ埋まってました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間6分
休憩
44分
合計
4時間50分
S三本滝駐車場08:0308:29かもしかリフト最上部(ツアーコース開始点)09:30ツアーコース終点11:19蚕玉岳11:26乗鞍岳12:1012:33ツアーコース終点12:43かもしかリフト最上部(ツアーコース開始点)12:53三本滝駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
8:03 三本滝駐車場 -> ツボ足
8:22 かもしかゲレンデ1947m 8:25 -> シール
11:28 乗鞍岳 12:01 -> スキー滑降
(ラストのかもしかゲレンデにて、除雪された道路を横断するため2回板を外した)
12:53 三本滝駐車場
その他周辺情報spa 乗鞍高原温泉 湯けむり館 720円
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 [スキー板/ビンディング/靴] MADSHUS:EPOCH/Burnt Mt. Designs :Lite Spike 3pin/Scarpa: T2 '13モデル

写真

三本滝駐車場。隣の未舗装スペースもけっこう混雑
2018年04月21日 08:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三本滝駐車場。隣の未舗装スペースもけっこう混雑
かもしかゲレンデ。雪は十分だが、除雪済みの道路で2箇所分断されている
2018年04月21日 08:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かもしかゲレンデ。雪は十分だが、除雪済みの道路で2箇所分断されている
ツアーコース入口
2018年04月21日 08:29撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツアーコース入口
中央・南アルプスをバックにツアーコースを登る
2018年04月21日 09:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央・南アルプスをバックにツアーコースを登る
5番標識先からの高天ヶ原・剣ヶ峰
2018年04月21日 09:18撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5番標識先からの高天ヶ原・剣ヶ峰
位ヶ原急斜面
2018年04月21日 09:28撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
位ヶ原急斜面
位ヶ原。火曜に降雪があったようで、真っ白にリセットされている
2018年04月21日 09:49撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
位ヶ原。火曜に降雪があったようで、真っ白にリセットされている
山頂からの滑降斜面。先月末の大規模な雪崩跡は完全になくなってる
2018年04月21日 10:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの滑降斜面。先月末の大規模な雪崩跡は完全になくなってる
こちらは摩利支天岳
2018年04月21日 10:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは摩利支天岳
蚕玉岳-朝日岳間斜面を登ったのだが、
2018年04月21日 10:37撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蚕玉岳-朝日岳間斜面を登ったのだが、
トレースが滑る人の邪魔になる、ここから登るべきではないと注意された。そうなの?
2018年04月21日 11:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースが滑る人の邪魔になる、ここから登るべきではないと注意された。そうなの?
稜線上も凍結なし。シールのまま余裕で登れる
2018年04月21日 11:17撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上も凍結なし。シールのまま余裕で登れる
蚕玉岳からの剣ヶ峰。あと少し
2018年04月21日 11:18撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蚕玉岳からの剣ヶ峰。あと少し
到着。御嶽山を望む
2018年04月21日 11:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着。御嶽山を望む
乗鞍本宮奥宮
2018年04月21日 11:35撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍本宮奥宮
槍・穂高や笠ヶ岳など北アルプスの山々
2018年04月21日 11:36撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍・穂高や笠ヶ岳など北アルプスの山々
剣ヶ峰-蚕玉岳間の滑降斜面
2018年04月21日 12:12撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰-蚕玉岳間の滑降斜面
多少新雪が積もっていたが、すでに荒れまくり
2018年04月21日 12:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多少新雪が積もっていたが、すでに荒れまくり
荒れてはいても、雪は適度に緩んで滑りやすい
2018年04月21日 12:17撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒れてはいても、雪は適度に緩んで滑りやすい
旧コロナ観測所を背景に
2018年04月21日 12:20撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧コロナ観測所を背景に
こちらの斜面はまだ十分きれい
2018年04月21日 12:20撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらの斜面はまだ十分きれい
この辺りはフィルムクラスト。快適に滑れる
2018年04月21日 12:22撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りはフィルムクラスト。快適に滑れる
面ツルの位ヶ原へ
2018年04月21日 12:24撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
面ツルの位ヶ原へ
振り返る。朝方はきれいだった斜面も、もうシュプールだらけ
2018年04月21日 12:25撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る。朝方はきれいだった斜面も、もうシュプールだらけ
位ヶ原をこれほど快適に滑れるとは思わなかった
2018年04月21日 12:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
位ヶ原をこれほど快適に滑れるとは思わなかった
位ヶ原急斜面からツアーコースへ。ここからは荒れまくり
2018年04月21日 12:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
位ヶ原急斜面からツアーコースへ。ここからは荒れまくり
ゲレンデと変わらぬツアーコースを滑る
2018年04月21日 12:36撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデと変わらぬツアーコースを滑る
かもしかゲレンデを滑って終了
2018年04月21日 12:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かもしかゲレンデを滑って終了

感想/記録

快晴・夏日予報の今週末、三本滝ゲートまで道路が開通したこともあり、乗鞍岳に登ることにしました。3000m峰のこの山なら雪腐れも少なく、他の山より快適に往復できるだろうという思惑もあります。

標高の低い山々は待ったなしで雪解けが進む中、この乗鞍は4月の雪でだいぶ持ち直した様子。さらに上部は火曜に降雪があったようで、位ヶ原から上は真っ白にリセットされていました。
雪は適度に緩んだ状態で、凍結箇所もまるでなし。山頂まで労せずシールで登れました。
ただ、寝不足での3000m峰はやはり辛い。最後は目眩も起こし、息絶え絶えで登ることになりました。

滑降は剣ヶ峰-蚕玉岳間の斜面。山頂直下の斜面はすでにシュプールだらけだったので、広いほうの蚕玉岳側の沢筋を滑ることにしました。
上部は新雪が若干積もった状態。これがむしろ邪魔で、数人分のシュプールだけでグダグダに荒れまくってました。まぁ適度に緩んだ状態だったので十分楽しく滑れましたが。
途中からは面ツルのフィルムクラスト。シュプールもまだ1本だけで(他のシュプールは剣ヶ峰側の沢筋に合流していた)、とても気分良く滑れました。
位ヶ原もやはり面ツル。この時期、これだけきれいな斜面を滑れたのはラッキーです。
ツアーコースはさすがに荒れまくりで、細板テレマークでは疲れるばかり。それでも足を取られるような腐れ雪ではなかったので、まぁ十分と言っていいでしょう。

そんなこんなで快適だったはずの山行ですが、下山してみると充実感にはちょっと欠ける感じ。滑りやすい雪質だったため、逆に無木立斜面の単調さが際立ってしまったのかもしれません。
個人的に、残雪期は多少苦労することになっても変化に富んだコースのほうが楽しめるようです。
訪問者数:197人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ