また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1434722 全員に公開 ハイキング奥武蔵

大持山・小持山・武甲山 周回

日程 2018年04月22日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
30台ほどの収容台数がある生川(一の鳥居)の駐車場ですが、朝7時に到着したときには満車でした。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間40分
休憩
1時間10分
合計
5時間50分
S一の鳥居(武甲登山道入口)07:1007:45妻坂峠08:45大持山の肩08:5009:00大持山09:15雨乞岩09:35小持山10:10シラジクボ10:1510:45武甲山11:2511:55大杉の広場12:0012:20不動滝12:40LOGMOG12:5513:00一の鳥居G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大持山・小持山の縦走路は岩を越えるシーンが何回かあります。
また尾根歩きなので、道幅の狭いところでは滑落しないよう注意が必要です。
表参道(武甲山〜生川)はなだらかなで危険なところはありません。
その他周辺情報一の鳥居の近くにLOGMOGというカフェがあります。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 予備靴ひも ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 タオル ストック カメラ

写真

朝7時に到着したときは既に満車だった一の鳥居の駐車場。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝7時に到着したときは既に満車だった一の鳥居の駐車場。
1
おそらくほとんどが表参道から登り、そこから浦山口に抜ける人、小持山・大持山と縦走する人、ピストンで戻る人にばらけると予想。
そこで自分は先に大持山・小持山へ向かい、ばらけて空くことを期待する戦法を採ることにしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おそらくほとんどが表参道から登り、そこから浦山口に抜ける人、小持山・大持山と縦走する人、ピストンで戻る人にばらけると予想。
そこで自分は先に大持山・小持山へ向かい、ばらけて空くことを期待する戦法を採ることにしました。
1
妻坂峠から先はけっこうきつい登りです。
でも画像だとのどかで穏やかな感じにしか見えないのは何故。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妻坂峠から先はけっこうきつい登りです。
でも画像だとのどかで穏やかな感じにしか見えないのは何故。
1
自分は花とか詳しくないしあまり興味はないんだけど、カタクリは控えめな感じと花びらのすっきり感が好きです。
実は今日の山行はカタクリの花を見るのが目的の半分だったりします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分は花とか詳しくないしあまり興味はないんだけど、カタクリは控えめな感じと花びらのすっきり感が好きです。
実は今日の山行はカタクリの花を見るのが目的の半分だったりします。
1
大持山の肩。
春特有の霞が掛かって遠くまで見えません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大持山の肩。
春特有の霞が掛かって遠くまで見えません。
2
ここらへんからイワイワしてきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここらへんからイワイワしてきます。
ここの縦走路はほんと楽しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの縦走路はほんと楽しい。
イワイワも楽しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワイワも楽しい。
これを撮影したときは気が付かなかったのですが、この岩場の下の木に花が供えられていました。
このルートでトレイルランニングで亡くなった人がいたことをそれで思い出しました。
自分も本当に気を付けなくては。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これを撮影したときは気が付かなかったのですが、この岩場の下の木に花が供えられていました。
このルートでトレイルランニングで亡くなった人がいたことをそれで思い出しました。
自分も本当に気を付けなくては。
2
ここが雨乞岩ってところなんですかね?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが雨乞岩ってところなんですかね?
4
小持山を過ぎると、「見上げるとそこには武甲山」の状態になります。
あそこを登り返すのか…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小持山を過ぎると、「見上げるとそこには武甲山」の状態になります。
あそこを登り返すのか…。
1
あそこを登り返すのか…(2回目)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこを登り返すのか…(2回目)
1
あそこを登り返すのか…(3回目)

どんどん大きく高くなっていく武甲山。
なんかもうシラジクボから表参道にエスケープしてもいいんじゃないかという気持ちがムクムクと湧き上がってきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこを登り返すのか…(3回目)

どんどん大きく高くなっていく武甲山。
なんかもうシラジクボから表参道にエスケープしてもいいんじゃないかという気持ちがムクムクと湧き上がってきます。
2
シラジクボ。
ここからエスケープしてしまうとあまりに時間が早いので、やはり武甲山に挑むことにしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラジクボ。
ここからエスケープしてしまうとあまりに時間が早いので、やはり武甲山に挑むことにしました。
1
シラジクボからの激登りは必死で歩いたのでまったく撮影なし。
で、武甲山頂の御嶽神社。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラジクボからの激登りは必死で歩いたのでまったく撮影なし。
で、武甲山頂の御嶽神社。
2
山頂からの眺め。
もやもや〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの眺め。
もやもや〜。
3
羊山公園の芝桜。
人がゴミのよ(略)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羊山公園の芝桜。
人がゴミのよ(略)
4
山頂でご飯を食べたらさっさと下山します。
いや、さっさと下山したかったのですが、登ってくる人がどんどん来るのでさっさとできません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂でご飯を食べたらさっさと下山します。
いや、さっさと下山したかったのですが、登ってくる人がどんどん来るのでさっさとできません。
不動滝で顔を洗ってさっぱりすっきり。
この水は煮沸なしで飲めるのかなぁ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動滝で顔を洗ってさっぱりすっきり。
この水は煮沸なしで飲めるのかなぁ。
ここでとりあえずは登山道終了、ですが、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでとりあえずは登山道終了、ですが、、、
このコンクリの道が地味にきつい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このコンクリの道が地味にきつい。
最近できたらしいカフェ、LOGMOGさん。
生川側はなんの店もなかったから、こういうカフェがあるのは嬉しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最近できたらしいカフェ、LOGMOGさん。
生川側はなんの店もなかったから、こういうカフェがあるのは嬉しい。
3
コーヒーフロートで一息入れることに。
外で飲んでいたら子ヤギが近くに来て草をモグモグし始めました。
かわいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コーヒーフロートで一息入れることに。
外で飲んでいたら子ヤギが近くに来て草をモグモグし始めました。
かわいい。
4
武甲山から下山中、ヘリコプターの音が聞こえてました。
そして一の鳥居ではこの山岳救助隊の車が泊まってました。
何もないといいんですが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武甲山から下山中、ヘリコプターの音が聞こえてました。
そして一の鳥居ではこの山岳救助隊の車が泊まってました。
何もないといいんですが。
3
車でだいぶ下ってから撮影。
こっちから見るとやはり独特な山容だなぁ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車でだいぶ下ってから撮影。
こっちから見るとやはり独特な山容だなぁ。
2
更に車からの一枚。
やっぱり山を趣味とする者としては一度見ておくべきだろうか。
しかしこの歳になってアニメってどうよ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に車からの一枚。
やっぱり山を趣味とする者としては一度見ておくべきだろうか。
しかしこの歳になってアニメってどうよ。
3

感想/記録
by bean

ルートは手書きです。適当です。

先月、仲間と武甲山を登ったときは、一の鳥居の駐車場に朝9時近く到着でも余裕で泊められました。
そして今日、いい陽気になったとはいえ朝7時なら駐車場はガラガラで寂しいくらいかもネ!と余裕ぶっこいていたら満車で泊められませんでした。
少し戻って路肩に泊めることができましたが、下山して帰るときは路肩の車列が、使い古しのパンツのゴム並みに伸びてました。
恐るべし、ブコーさん。

歩き始めからずっと人も少なくて静かでしたが、武甲山の山頂に着いたとたんに大賑わいでした。
山頂の広場の片隅でお弁当を食べていたら、いつの間にか大勢に取り囲まれ、脱出困難になったときはどうしようかと。
山は怖い。
訪問者数:282人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ