また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1435324 全員に公開 ハイキング奥武蔵

大平山と七跳山、仙元尾根

日程 2018年04月22日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ、暑かった。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
浦山大日堂バス停横の駐車場利用。出発時は自分のみ、下山時は、他に2台。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
峠ノ尾根から七跳山
一般登山道ではないので道標等ありません。尾根に沿って、GPS、地図、コンパスで確認しながら登りました。
ブヨなどは気にならない程度、ヤブもほとんど無かったです。61号鉄塔付近に、クマンバチと思われるやや大きいハチが数匹飛んでいました。危険は低いと思いましたが、離れて歩きました。

都県境尾根
他のハイカーの方も多く、しっかりと整備された登山道です。道が狭くなっている箇所もあります。

仙元尾根
落ち葉で道がわかりにくい箇所がいくつかあり、こまめにGPSで確認しながら下りました。
峠から下った場合、大楢の手前に、尾根の東側が崩落した箇所ありました。崩落していない反対側にある踏み跡を、注意して通過しました。
広河原分岐から、うっかり間違えて、広河原へ少し降りてしまいました。広河原への道の方がはっきりしており、大日堂への正しい道は、落ち葉で分かりにくかったです。
後半は鉄塔巡視路の黄色いポールが参考になりました。

七跳山までの登りと、仙元尾根の下りでは、熊鈴をジャンジャンならしました。
その他周辺情報羊山公園の芝桜が見頃のようです。そのためか、帰りに国道229に向かう途中から大渋滞、140で帰りましたが、そこも事故で渋滞発生!電車、バスにすれば良かった。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

浦山大日堂バス停からスタート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浦山大日堂バス停からスタート。
1
細久保谷沿いの道に。橋を渡ってしばらく道路を歩きましたが、橋の先すぐに右手にある道を登るほうが良かったかもしれません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細久保谷沿いの道に。橋を渡ってしばらく道路を歩きましたが、橋の先すぐに右手にある道を登るほうが良かったかもしれません。
行き過ぎて、少し戻り、この左手から取り付きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行き過ぎて、少し戻り、この左手から取り付きました。
この道に合流しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道に合流しました。
大きな岩の前で曲がっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな岩の前で曲がっています。
地蔵峠。凄い木です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵峠。凄い木です。
4
お地蔵様。無事下山できますよう、手を合わせました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お地蔵様。無事下山できますよう、手を合わせました。
2
浦山川沿いの集落が見えました。細久保集落へは、今の川沿いの道では無く、この峠を超えたのでしょうか。ここから急な登りが始まります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浦山川沿いの集落が見えました。細久保集落へは、今の川沿いの道では無く、この峠を超えたのでしょうか。ここから急な登りが始まります。
鉄塔の周りは開けて眺めが良いのですが、数匹のクマンバチと思われるハチが飛んでおり、足早に離れて通過しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔の周りは開けて眺めが良いのですが、数匹のクマンバチと思われるハチが飛んでおり、足早に離れて通過しました。
新緑。この辺りは、地面を掘り返した跡がたくさん、イノシシでしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑。この辺りは、地面を掘り返した跡がたくさん、イノシシでしょうか。
ネット越しに、ミツドッケが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ネット越しに、ミツドッケが。
大ドッケの標識がある所に到着。久々の登山と暑さで、足が重くバテ気味です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ドッケの標識がある所に到着。久々の登山と暑さで、足が重くバテ気味です。
4
独標。山頂標識がありましたが、読めませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独標。山頂標識がありましたが、読めませんでした。
1
このあたりから大平山にかけて、ゆるく広い尾根が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりから大平山にかけて、ゆるく広い尾根が続きます。
1
使われていない林道のような道。登山道を進みたかったので、右側に入ったところにある、ピンクテープに沿って歩きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
使われていない林道のような道。登山道を進みたかったので、右側に入ったところにある、ピンクテープに沿って歩きました。
きれいな苔も。残雪や紅葉の季節も歩いてみたいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいな苔も。残雪や紅葉の季節も歩いてみたいです。
1
時々足がつってしまい、途中引き返すことも考えながら、休み休み歩きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々足がつってしまい、途中引き返すことも考えながら、休み休み歩きました。
1
やっと大平山に到着。かなりバテています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと大平山に到着。かなりバテています。
5
開けた明るい山頂です。でも暑い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けた明るい山頂です。でも暑い。
三ツドッケが見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツドッケが見えました。
2
大クビレ到着。林道が横切っており、開けた明るい所ですが、今日は日差しがキツイ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大クビレ到着。林道が横切っており、開けた明るい所ですが、今日は日差しがキツイ。
1
ミツドッケ方面の眺めがいいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツドッケ方面の眺めがいいです。
4
脇の木を見ると、宿り木?鳥の巣?熊棚?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
脇の木を見ると、宿り木?鳥の巣?熊棚?
2
矢岳、篠戸山の尾根方面は、疎らな木があり、写真では分かりにくいです。少し休んで、七跳山に向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
矢岳、篠戸山の尾根方面は、疎らな木があり、写真では分かりにくいです。少し休んで、七跳山に向かいます。
岩が出てきました。石に木の根。水や栄養分が多いのか、風雨に強いのか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩が出てきました。石に木の根。水や栄養分が多いのか、風雨に強いのか。
やっと七跳山に到着。小さく綺麗な山頂標識と思いました。お手製の標識を見るのも楽しみです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと七跳山に到着。小さく綺麗な山頂標識と思いました。お手製の標識を見るのも楽しみです。
5
ここも、疎らに木があり、展望は今ひとつですが、明るい山頂です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも、疎らに木があり、展望は今ひとつですが、明るい山頂です。
都県境尾根の道と合流。この標識の後ろの尾根から降りてきました。小川谷林道は崩落なので七跳尾根からの下山はダメのようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
都県境尾根の道と合流。この標識の後ろの尾根から降りてきました。小川谷林道は崩落なので七跳尾根からの下山はダメのようです。
1
都県境尾根に入ると、本日初めて、他のハイカーさんと出会いました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
都県境尾根に入ると、本日初めて、他のハイカーさんと出会いました。
歩いてきた大平山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた大平山。
ハナド岩に到着。もう少し大きな字でアピールしても良いと思いました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハナド岩に到着。もう少し大きな字でアピールしても良いと思いました。
ハナド岩から富士山、手前は雲取山かな。スマホの写真では残念、やっぱりデジカメを持ってこようと思いました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハナド岩から富士山、手前は雲取山かな。スマホの写真では残念、やっぱりデジカメを持ってこようと思いました。
1
手前は、ウトウの頭、大京谷ノクビレのタワ尾根、その後ろに天祖山、奥は長沢背稜・・かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前は、ウトウの頭、大京谷ノクビレのタワ尾根、その後ろに天祖山、奥は長沢背稜・・かな。
2
ちょっと探したら、手製の山頂標識がありました。うれしかったです。ハンギョウノ頭。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと探したら、手製の山頂標識がありました。うれしかったです。ハンギョウノ頭。
2
ハンギョウノ頭は、登山道から少し北側にあり、平らな山頂です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハンギョウノ頭は、登山道から少し北側にあり、平らな山頂です。
三ツドッケ山頂への分岐。暑くて辛かったですが、山頂への左の道を登りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツドッケ山頂への分岐。暑くて辛かったですが、山頂への左の道を登りました。
三ツドッケ、天目山到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツドッケ、天目山到着。
6
連なる都県境尾根と、蕎麦粒山、川乗山かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
連なる都県境尾根と、蕎麦粒山、川乗山かな。
2
雲取山と、目をこらして見える富士山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山と、目をこらして見える富士山。
2
タワ尾根、天祖山、長沢背稜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タワ尾根、天祖山、長沢背稜。
三ツドッケの北側のピーク。あんな所を歩く方はすごいと思いました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツドッケの北側のピーク。あんな所を歩く方はすごいと思いました。
3
一杯水非難小屋はパスして、都県境尾根沿いを進みました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一杯水非難小屋はパスして、都県境尾根沿いを進みました。
一杯水からの道と合流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一杯水からの道と合流。
疲れて果てて休もうとした時、新芽の枝が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲れて果てて休もうとした時、新芽の枝が。
1
立派なぶなの木。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派なぶなの木。
2
標識の後ろ方向の尾根が棒杭尾根。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識の後ろ方向の尾根が棒杭尾根。
仙元峠への登りの分岐。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙元峠への登りの分岐。
本日最後のピークの仙元峠。暑くて、足も疲れてバテバテです。蕎麦粒山へのピストンする元気が無いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日最後のピークの仙元峠。暑くて、足も疲れてバテバテです。蕎麦粒山へのピストンする元気が無いです。
3
仙元尾根を下ります。この先の急な下りの初めが落ち葉で分かり難かったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙元尾根を下ります。この先の急な下りの初めが落ち葉で分かり難かったです。
大きいキツツキの仕業でしょうか。大平山近辺では、コココココとキツツキの音があちこちで聞こえました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きいキツツキの仕業でしょうか。大平山近辺では、コココココとキツツキの音があちこちで聞こえました。
大楢の手前の崩壊箇所。崩壊していない左側を注意して通過しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大楢の手前の崩壊箇所。崩壊していない左側を注意して通過しました。
崩壊箇所手前から。有間山から鳥首峠への尾根がみえています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩壊箇所手前から。有間山から鳥首峠への尾根がみえています。
1
大楢到着。尾根のトラバースの道を進みました。尾根伝いへは、トラロープが張ってありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大楢到着。尾根のトラバースの道を進みました。尾根伝いへは、トラロープが張ってありました。
明治神宮の土地のようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明治神宮の土地のようです。
この標識を見落として、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この標識を見落として、
1
うっかりして、この尾根を少し降りてしまいました。これは鉄塔56号を経由して広河原に下りる尾根。ここは広河原分岐でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うっかりして、この尾根を少し降りてしまいました。これは鉄塔56号を経由して広河原に下りる尾根。ここは広河原分岐でした。
広河原三等三角点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河原三等三角点。
最後の60号。この後の急な下りの最初が落ち葉でわかりにくかったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の60号。この後の急な下りの最初が落ち葉でわかりにくかったです。
木の階段が出てきました。大日堂はもうすぐです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の階段が出てきました。大日堂はもうすぐです。
無事の下山を感謝。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事の下山を感謝。
2
大日堂ロゼッタスト〜ン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日堂ロゼッタスト〜ン。
ありがとうございました。今回も無事に下山できました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ありがとうございました。今回も無事に下山できました。
1

感想/記録

今回も多くの方のレコを参考にさせていただき、有難うございました。奥武蔵の秘境であると思っていた、大ドッケ、大平山、七跳山を歩けて満足です。

初夏のような暑さで大変疲れましたが、最近の運動不足も痛感しました。日頃少しでもジョギングでもして、備えておくべきでした。

追記
22日は、東武鉄道主催の外秩父七峰縦走ハイキングの日だったのですね、この暑さの中大変だったと思いますが、良い眺めと達成感は大きかったと思います、サポートされた方、参加された方、お疲れさまでした。
訪問者数:510人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/4/3
投稿数: 1499
2018/4/28 21:15
 はじめまして。
to264565さん こんばんは!

今回のルートを日帰りで歩かれたのですね
ご健脚ですね〜
私にはとてもとても無理なのでレコで楽しませていただきました
写真28、七跳山の山頂標識は私のお手製品でした
お褒めのお言葉ありがとうございます

いつか機会がありましたら「ウノタワ」へも訪問してみて下さい。
私の拙いレコに拍手していただきありがとうございましたm(__)m
登録日: 2016/12/17
投稿数: 3
2018/4/29 7:55
 Re: はじめまして。
matataviさん、レコを見て頂き、コメントまでも頂いて嬉しい限りです。有難うございました。

七跳山の標識は、matataviさん作だったんですね!文字やプレートの形、取り付けが、いいなぁ〜と思い、代表写真にさせて頂きました。

ウノタワですが、伝説看板に続き、下の標識も、こんなにキレイに!感謝です。それからウノタワプレートと天神山の標識、次回のチェクポイントで、楽しみです。有難うございます。

これからも、どうぞよろしくお願いします。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ