また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1437906 全員に公開 山滑走槍・穂高・乗鞍

抜戸岳

日程 2018年04月22日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間0分
休憩
40分
合計
9時間40分
S中崎山荘 奥飛騨の湯06:0008:30三ノ沢出合08:50穴毛岩09:30穴毛大滝11:40抜戸岳分岐12:40抜戸岳13:2013:20穴毛大滝14:00三ノ沢出合15:40中崎山荘 奥飛騨の湯G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所は特になし。1400m付近(最後の堰堤より上)からスキー登行可能。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

備考 左俣谷から穴毛谷はいる際、最初の橋(約1200m)を渡ったが、道が荒れ雪は無くNG。2番目の橋(約1300m)から穴毛谷に入ると、4番目の堰堤に出てたぶんBetter。

写真

奥から手前に石伝いに渡渉
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥から手前に石伝いに渡渉
2
右岸を遡行。赤印部を抜けたが厳しかった。帰りは左岸寄りルートとしたが、要ジャンプ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸を遡行。赤印部を抜けたが厳しかった。帰りは左岸寄りルートとしたが、要ジャンプ。
2
この辺りはまだ傾斜が緩い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りはまだ傾斜が緩い
穴毛大滝。この辺りから傾斜が急に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穴毛大滝。この辺りから傾斜が急に。
1
急斜面を振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面を振り返る
1
笠ヶ岳(レンズに汚れ、すみません)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳(レンズに汚れ、すみません)
1
山頂から秩父沢方向
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から秩父沢方向
3
左俣林道。木の間に少し見える橋を渡ったが、次の橋を渡った方が良かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左俣林道。木の間に少し見える橋を渡ったが、次の橋を渡った方が良かった。
1

感想/記録

左俣谷から穴毛谷が見えた後、最初の橋を渡ると1番目の堰堤の上に出た。ここから堰堤越えが面倒だった。渡渉が1回あったが濡れずにクリア。水面ギリギリの岩棚歩行や高巻きなど、スキーブーツと板担ぎではつらいところもあった。1500mくらいから雪がありシール歩行開始。大滝付近から傾斜がきつくなりアイゼン歩行、杓子平から傾斜が緩くなり山頂まで快適にシール歩行。山頂直下に1m程度の雪庇はスキーを外して越えた。山頂から、弓折岳から西鎌尾根、槍、大喰、南、穂高と大パノラマが楽しめた。風弱くゆっくり昼食。下りの杓子平の滑走は良かった。ザラメ状で少し重かったが快適範囲内、何より凹凸なく真っ平。大滝上部の急斜では足元の雪が流れ出すが、少量で危険感じなかった。大滝より下は、デブリをよけながら滑った。雪が消えた河原歩きはつらく、また、往路の高巻き部を避けて、中央寄りを岩跳びでクリア。
訪問者数:449人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ