また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1438863 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

富士尾山バリエーションルート:1月は雪、氷で死ぬ思い、無雪期は?

日程 2018年04月27日(金) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
「しゃくなげの湯」北の駐車場:「しゃくなげの湯」の駐車場は登山者は遠慮してほしいと立て看板が出ていたので北側に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間6分
休憩
36分
合計
4時間42分
Sスタート地点07:2007:55小岩嶽城08:1409:05展望大岩09:1509:26富士尾山(東尾根)09:2710:07富士尾山10:1312:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<註>()内は予定、山行外、標高、休憩時間等
( 6:58(6:50) 自宅 )
7:17-20(7:25-30) 「しゃくなげの湯」駐車場(605m)
7:33(7:50) 小岩嶽城址公園(635m)
7:56(8:15) 小岩嶽城跡(845m) ここで道を間違え北に810mまで下る
8:14 小岩嶽城跡(845m)に戻る 18分のロス
9:04-05(1") 展望大岩下(1,120mP)でザック置く
9:06-07(1")(9:00) 展望大岩(1,129m) 大岩上まで登る(下りビビる)
10:13(9:50) 富士尾山(1,296m)
登り:2'53"(2'20") 延標高差:975(837)m 速度:338(359)m/h
距離:3.6km 歩行速度:1.5km/h
10:22 1,250mポイントで左尾根に道を間違える
10:28 1,165mポイントで引き返す、しかし、トラバースを選ぶ
10:43 1,185mポイントでまた左の尾根に、間違える
10:48 1,130mポイントで引き返す、今度は元に戻る
11:03(10:20) 1,169mポイント
11:22 975mポイントで北ノ沢方面へ下る
11:23 960mポイントで元に戻る
12:02-13:00(11:20-12:00) 「しゃくなげの湯」(605m) 入浴&食事
下り:1'49"(1'30") 延標高差:1,025(805)m 速度:564(537)m/h
距離:5.4(5.2)km 歩行速度:3.0(3.5)km/h
山行:4'42"(3'50") 延標高差:2,000(1,642)m 速度:426(428)m/h
距離:9.7(8.8)km 歩行速度:2.1(2.3)km/h
( 13:23(12:30) 自宅 )
Door to Door:6'25"(5'40")
コース状況/
危険箇所等
小岩嶽城跡(845m)から富士尾山(1,296m)まではバリエーションルート
急斜面、削り落ちたトラバース等危険個所多数
その他周辺情報しゃくなげ荘:昨年から入浴によく利用している。弱アルカリ泉でサウナ、露天風呂は好きな熱め(43度)の湯もあり気に入っている。
最近は食事をして帰ることが多くなった。今日も食事した
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
ザック(25L)(青) グレゴリー
ストック(3段伸縮) 1対 グリップウェル
ヘルメット(登攀用) ペツル
靴(トレラン用) 1対 モンベル
ソックス(ロング)(厚手) 1対 スマートウール
トランクス(厚手) スマートウール
ズボン モンベル
手袋(指なし) 1対 フェニックス
インナー(グレー)(薄手)のみ スマートウール
防寒具(フリース) マムート
アウター上(雨具) マウンテンハードウェア
個人装備品
数量
備考
雨具下 ヘリテイジ
地図 電子国土コピー
コンパス シルバ
Fox40
GPS ガーミン
ヘッドランプ ブラックダイヤモンド
ファーストエイド ドイター
補修具 1式
ツエルト ヘリテイジ
予備電池 各種

写真

ここから入ります
2018年04月27日 07:33撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから入ります
城址公園へのアプローチ
2018年04月27日 07:33撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城址公園へのアプローチ
城址公園のツツジ
2018年04月27日 07:37撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城址公園のツツジ
小岩嶽城跡から道を間違えこの大岩を・・前回なかったよなぁと思いながら更に下る
2018年04月27日 08:03撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小岩嶽城跡から道を間違えこの大岩を・・前回なかったよなぁと思いながら更に下る
いよいよ急峻な岩場:写真では斜度が出ていないが結構な急斜面。岩や木があればホールドになるが、ホールドがないと四つん這いになり靴と手のフリクションのみが頼り
2018年04月27日 08:42撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ急峻な岩場:写真では斜度が出ていないが結構な急斜面。岩や木があればホールドになるが、ホールドがないと四つん這いになり靴と手のフリクションのみが頼り
今回は展望大岩の上まで登った。ボルタリング程ではなくても下りは怖かった
2018年04月27日 09:09撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は展望大岩の上まで登った。ボルタリング程ではなくても下りは怖かった
1
展望大岩からの安曇野
2018年04月27日 09:10撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望大岩からの安曇野
展望大岩:スラブで緊張したが、前回のように凍っていなかったので何とか登れた
2018年04月27日 09:11撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望大岩:スラブで緊張したが、前回のように凍っていなかったので何とか登れた
展望大岩を横下から撮影
2018年04月27日 09:13撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望大岩を横下から撮影
ここは左下をトラバース
2018年04月27日 09:16撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは左下をトラバース
ここは何処を通ったかなぁ
2018年04月27日 09:22撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは何処を通ったかなぁ
こんなところばっかり
2018年04月27日 09:33撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなところばっかり
ここも右、正面を行こうとしたが左をトラバース:赤リボンを見ると右に行きたくなる
2018年04月27日 09:40撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも右、正面を行こうとしたが左をトラバース:赤リボンを見ると右に行きたくなる
はっきり覚えていないが右を巻いたかなぁ
2018年04月27日 09:41撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はっきり覚えていないが右を巻いたかなぁ
野草に癒される
2018年04月27日 09:42撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野草に癒される
これからシャクナゲの季節になる
2018年04月27日 09:52撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これからシャクナゲの季節になる
こんな道です
2018年04月27日 09:59撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな道です
1
ようやく山頂に到着。予定より30分遅い。前回は緊張でこれ程アップダウンがあると思っていなかったが雪がなくてもきつかった
2018年04月27日 10:17撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく山頂に到着。予定より30分遅い。前回は緊張でこれ程アップダウンがあると思っていなかったが雪がなくてもきつかった
笹が道を覆っている
2018年04月27日 10:18撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹が道を覆っている

感想/記録

1月19日に同コースを登る。
自宅裏山は全く雪はなく、200m程高いだけなので甘く見てアイゼン、ピッケルなしで出掛けた。その結果、薄氷を踏む思いで登った。
その時の経験が忘れられず、無雪期ならどうなんだろうと思い再び出掛けた。
結論、1月、よく生還できたと改めて思う。
無雪期でも流石バリエーションルート。勿論、クライミングの技術は必要ないが、ホールドのない急斜面やトラバースは緊張を強いられる。急斜面の下り、風化した花崗岩の粒子は滑りやすい。雪、氷でなくても神経を使う。
山頂に着いてほっとするがその後も何度も道を間違える。
今日は何と4回も道を間違える。本当にルートファインディングが下手だ。
まずは、小岩嶽城跡で、前回は行き過ぎて間違え。今回は手前で間違え。
下りで3回。前回は雪があり、トレースがあったので無意識に下った。
今回は何と3回も間違えてしまった。
間違った後の対処方はやはり戻ること。今回も登ることを嫌がりトラバースをしたが間違いであった。間違った箇所まで戻ることを改めて知らされた。更におかしいと思った時は止まって確認すること。何時もおかしいと思いつつ先へ行ってしまう。やはりせっかちなためか。
改めて低い山ではあるが刺激のほしい方には気軽に楽しめるコースだ
訪問者数:200人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/8/9
投稿数: 398
2018/4/27 20:40
 たのしそう
低山とは言え侮れない楽しそうな山ですね。
どんな山も油断出来ないってことが良くわかります。
明後日はよろしくお願いいたします。
登録日: 2013/7/13
投稿数: 766
2018/4/27 20:47
 Re: たのしそう
明後日ご迷惑を掛けないようにトレーニングに行って来ました。
笹の藪漕ぎの練習も十分してきました。
雪がどれだけ残っているか。チェンスパイク必要ないと思いますが念のため持っていきます。
登録日: 2015/8/9
投稿数: 398
2018/4/27 20:50
 Re[2]: たのしそう
天気は良さそうですね!
私も昨年の池口岳では失敗してるのでチェンスパイク持って行きます。
明日は経ヶ岳でトレーニングしてきます。
よろしくお願いいたします。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ