また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1439015 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走阿蘇・九重

赤川登山口から久住・中岳・稲星を周回ルートで歩く

日程 2018年04月21日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴!
アクセス
利用交通機関
車・バイク
赤川登山口に駐車場には30〜40台ほど停められる。
土日であっても比較的空いてるのがいい。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間28分
休憩
29分
合計
5時間57分
S赤川登山口09:4011:57久住山12:2513:24中岳分岐13:42稲星山13:54分岐15:05猪鹿狼寺本堂跡15:0615:10赤川温泉分岐15:37ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
赤川からのルートは途中岩場があり、手を使う場所もある。
南登山道は滑りやすい場所があり、雨天やその後は注意が必要。
その他周辺情報赤川温泉「赤川荘」:日本一の硫黄冷鉱泉で有名。
入浴料:700円(大人) 営業時間:10:00〜18:00
休館日:火水木、冬期12〜3月は全面休館
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

備考 今回初めてスマホのアプリ「ジオグラフィカ」を使用。高度や時間を音声で知らせてくれる機能が面白かった。GPSトラックは充分正確だと思えた。

写真

赤川登山口
2018年04月21日 09:40撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤川登山口
2
扇ヶ鼻分岐
2018年04月21日 09:46撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇ヶ鼻分岐
ミツバツツジがたくさん咲いていた
2018年04月21日 09:49撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジがたくさん咲いていた
1
扇ヶ鼻方面
2018年04月21日 09:50撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇ヶ鼻方面
1
林道から登山道
2018年04月21日 10:13撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から登山道
整備された木階段
2018年04月21日 10:37撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
整備された木階段
1
ピークを仰ぎ見る
2018年04月21日 10:53撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークを仰ぎ見る
野焼きの煙
2018年04月21日 10:56撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野焼きの煙
1
迂回ルート・・・下り
2018年04月21日 11:06撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迂回ルート・・・下り
ひたすら登り
2018年04月21日 11:12撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら登り
崩落部を見下ろす
2018年04月21日 11:23撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落部を見下ろす
扇ヶ鼻方面
2018年04月21日 11:57撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇ヶ鼻方面
1
ピーク直下の分岐
2018年04月21日 12:03撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーク直下の分岐
久住山ピーク
2018年04月21日 12:04撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久住山ピーク
1
噴煙上がる硫黄岳方面
2018年04月21日 12:22撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噴煙上がる硫黄岳方面
1
パノラマ・・・なんか調子悪い
2018年04月21日 12:25撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマ・・・なんか調子悪い
久住を振り返る
2018年04月21日 12:47撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久住を振り返る
逆さ天狗岳
2018年04月21日 12:53撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆さ天狗岳
奥に星生山
2018年04月21日 12:54撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に星生山
坊ヶつるを見下ろす
2018年04月21日 13:07撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坊ヶつるを見下ろす
1
稲星下の分岐
2018年04月21日 13:30撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲星下の分岐
先行者を追って
2018年04月21日 13:39撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行者を追って
稲星山ピーク
2018年04月21日 13:46撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲星山ピーク
1
南登山道への分岐
2018年04月21日 14:00撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南登山道への分岐
南登山道へ
2018年04月21日 14:03撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南登山道へ
根子見台〜根子岳が遠望出来る。
2018年04月21日 14:49撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根子見台〜根子岳が遠望出来る。
猪鹿狼寺跡の表記〜小さな祠があった
2018年04月21日 15:12撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猪鹿狼寺跡の表記〜小さな祠があった
1
トラバースル−トの分岐
2018年04月21日 15:17撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースル−トの分岐
林道への出口
2018年04月21日 15:33撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道への出口
林道歩き・・・
2018年04月21日 15:34撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道歩き・・・
林道出口
2018年04月21日 15:40撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道出口
1
GPSトラック
2018年04月27日 20:52撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
GPSトラック
1
迂回ルート部分
2018年04月27日 20:53撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迂回ルート部分
1

感想/記録

雑誌「のぼろ」にて赤川ルートが修復されて通行可能になったという記事を読んだ。気になっていたが今回やっと歩くことが出来た。
赤川登山口まで愛車で移動中、長者原も牧ノ戸も駐車場は一杯・・・だが、赤川の駐車場は半分ほど空いていた。到着後、装備を整え早速歩き出す。
ミツバツツジの咲く樹林を抜けて林道へ。荒れた木階段を登り、最近整備された階段もひたすら登る。樹林帯を抜けると上方に久住のピークがそびえる!振り返ると阿蘇五岳が遠望出来る。
天気は快晴、暑いくらいだ。半袖も持ってくるべきだったか。
1450mを越えた辺りで崩落ルートを迂回する地点に出る。(地形図参照)木階段が右手へ下っている・・・ここまで登って下り>< 元のルートはロープで封鎖してあるのだが、構わずに直登する方もいるようで・・・踏み跡が残っている。やれやれ・・・
ここから一端下り、再び木階段を登る。結構な急登を喘ぎながら、休み休み登る。
やがて迂回ルートが終わり、元のルートに合流する。ここから崩落部分が見下ろせるのだが、結構な傷跡だ。岩場を乗り越しいくとピークは近い。
久住山ピークの直下に出るのが、このルートの魅力のひとつだと思っている。
ピークは大勢の人間で賑わっていた。
蟲もたくさん跳んでいるのだけど眺めは最高。360度の大展望!最高のランチスポットだ。
軽めの昼食後、御池経由で中岳に向かう。
中岳からは稲星山へ。この辺りは登山者も少なく、静かな山行が楽しめる。
稲星から久住との鞍部に下る。これから下る南登山道のルートが見える。
このルートはずいぶん昔に下ったことがある・・・と思う。溝状のルートの中は黒い火山灰地で滑りやすい。なんとなくデジャヴな感じっと思ったら、扇ヶ鼻から赤川に下るルートとよく似てるのだ。
途中いったん緩やかになり、樹林帯に入ると急坂をつづらに下る。
この辺りから赤川へのトラバースルートがあるかもと、注意しながら下る。が、それらしき分岐を見つけられずにコンクリート舗装された林道に出る。この林道が荘なのかとしばし思案・・・結論が出ないので、もう少し下ってみる。
っと、すぐ下に分岐があった(笑)「藪っているのでテープを外さないように注意」との警告まであった。その通りテープをたどるが、途中テープが分岐する・・・まぁ踏み跡がある方が正解だろうと若干のアップダウン耐える。植林から林道に出ると10分ほどで駐車場のすぐ下に出ることが出来た。林道歩きはつまらないが、全体としては面白いルートだった (o^-')b
ご無事で何より。
訪問者数:297人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/8/7
投稿数: 296
2018/4/30 10:53
 おつかれさまでした
「のぼろ」でも南側からの登山道を特集してたと思いますが、面白そうですね。
私も今度は南側から登ってみたいと思います。

こちらは29日に子供らと十種ヶ峰のヤマシャクヤクを見に行きましたが、すでにピークを過ぎていて森の貴婦人もややくたびれた感じでした。

これから暑くなるから、登る山選びにも苦労しますね(笑

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ