また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1442171 全員に公開 ハイキング富士・御坂

富士山西麓・大沢右岸見晴台

日程 2018年04月29日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
富士林道車止めゲート手前の空きスペース(路肩)に駐車。
ゲート周辺に5〜6台程の駐車スペースあり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間44分
休憩
3時間4分
合計
11時間48分
Sスタート地点05:1205:30八軒林道出合05:4206:26県境06:3407:00三ツ沢07:5208:23大滝雨量観測所08:3710:38大沢休泊所11:0811:13見晴台11:3411:37大沢休泊所11:4411:50前沢12:11一番沢12:19仏石流し12:2012:32滑沢13:33奥庭駐車場(御庭バス停)13:3413:37奥庭荘13:5415:29幸助山15:5017:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
林道、作業道、廃道、獣道、ちょっぴり藪漕ぎ、利用できる道を使用。
別の道へ移動する時に獣道を使用するので読図は必須、目印になる地形も少ないので、現在地を把握するのにGPSがあると安心。

■富士林道 :車止めゲートから先は未舗装。滑沢手前まで300m程利用。

■滑沢右岸 : 踏み跡無し、マーキング無し、藪無し。下にある八軒林道に向かう。

■八軒林道〜北山林道 : 八軒林道は未舗装。八軒林道終点から先は作業道になり県境付近まで続く。県境から先はマーキングもありますが、方向を確認して歩きやすい場所を適当に下る。
(植林地の中を一直線に下るも良いが、植林地より西側の自然林を歩く方が気持ちが良い。)

■北山林道 : 大沢崩れから塒塚側は廃道だが道は明瞭、マーキングもある。

■大沢崩れ右岸(鉄砲尾根): 踏み跡あり、マーキングあり。

■御中道 : 滑沢の一部で御中道が崩落して、御庭⇄大沢崩れ間は通行止?
(復旧予定は未定or無し、らしいです...)

■作業道(旧御庭林道)■奥庭遊歩道 : 整備された道。

■奥庭北尾根 ■幸助山周辺 : 踏み跡無し、マーキング無しのマイナールート。
※経験者のみが適正。

■富士林道 : 舗装路。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

≪富士林道・車止ゲート≫
車止ゲート手前の路肩に駐車して出発。
今日は、昔からある大沢右岸口登山道を見晴台まで歩きに行きます。
2018年04月29日 04:58撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪富士林道・車止ゲート≫
車止ゲート手前の路肩に駐車して出発。
今日は、昔からある大沢右岸口登山道を見晴台まで歩きに行きます。
1
≪富士林道≫
ゲートから滑沢まで300mほど林道歩きです。
2018年04月29日 05:03撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪富士林道≫
ゲートから滑沢まで300mほど林道歩きです。
≪滑沢右岸≫
右岸沿いの歩きやすい場所を適当に下って、八軒林道を目指します。
2018年04月29日 05:16撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪滑沢右岸≫
右岸沿いの歩きやすい場所を適当に下って、八軒林道を目指します。
≪八軒林道≫
八軒林道を使って西へ移動。
2018年04月29日 05:27撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪八軒林道≫
八軒林道を使って西へ移動。
1
≪八軒林道≫
本日最初のビューポイント。
正面に、これから向かう大沢崩れが見えます。
2018年04月29日 05:34撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪八軒林道≫
本日最初のビューポイント。
正面に、これから向かう大沢崩れが見えます。
1
≪八軒林道終点≫
ここで林道は終わりますが、この先にも立派な作業道が続きます。
2018年04月29日 05:39撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪八軒林道終点≫
ここで林道は終わりますが、この先にも立派な作業道が続きます。
≪作業道≫
作業道を使って標高を下げつつ西へ移動。
大沢崩れの三ッ沢を目指します。
2018年04月29日 05:41撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪作業道≫
作業道を使って標高を下げつつ西へ移動。
大沢崩れの三ッ沢を目指します。
1
≪作業道≫
ここもビューポイントですね。
2018年04月29日 05:50撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪作業道≫
ここもビューポイントですね。
1
≪作業道≫
満開の富士桜。
2018年04月29日 06:02撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪作業道≫
満開の富士桜。
≪県境≫
左が山梨、右が静岡。
富士山の静岡側は自然が沢山残っていますが、山梨側は県境のぎりぎりまで植林。
同じ山梨県民として、ちょっと恥ずかしいですね.....
2018年04月29日 06:17撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪県境≫
左が山梨、右が静岡。
富士山の静岡側は自然が沢山残っていますが、山梨側は県境のぎりぎりまで植林。
同じ山梨県民として、ちょっと恥ずかしいですね.....
1
≪北山林道≫
ここまで来れば大沢崩れまであと少し。
隣の塒塚の森はスルーして大沢崩れに向かいます。
2018年04月29日 06:33撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪北山林道≫
ここまで来れば大沢崩れまであと少し。
隣の塒塚の森はスルーして大沢崩れに向かいます。
≪大沢崩れ・大滝≫
大滝に到着。
春先のスラッシュ雪崩の影響で沢床が荒れてます。
2018年04月29日 06:55撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪大沢崩れ・大滝≫
大滝に到着。
春先のスラッシュ雪崩の影響で沢床が荒れてます。
1
≪大沢崩れ右岸≫
鉄砲尾根取付。
気分的には今日のスタート地点です。
2018年04月29日 07:33撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪大沢崩れ右岸≫
鉄砲尾根取付。
気分的には今日のスタート地点です。
1
≪大沢崩れ右岸≫
前半は細い尾根が続きます。
踏み跡は明瞭。
2018年04月29日 07:56撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪大沢崩れ右岸≫
前半は細い尾根が続きます。
踏み跡は明瞭。
≪大沢崩れ右岸≫
登山道には、大沢休泊所まで青いマーキングテープあり。
2018年04月29日 09:27撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪大沢崩れ右岸≫
登山道には、大沢休泊所まで青いマーキングテープあり。
≪大沢崩れ右岸≫
大滝雨量観測所でちょい休憩.....
階段の水平がありがたいです。
2018年04月29日 08:13撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪大沢崩れ右岸≫
大滝雨量観測所でちょい休憩.....
階段の水平がありがたいです。
1
≪大沢崩れ右岸・見晴台≫
見晴台(下)に到着。
2018年04月29日 08:28撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪大沢崩れ右岸・見晴台≫
見晴台(下)に到着。
1
≪大沢崩れ右岸・見晴台≫
連続する滝&富士山。
この場所は、前から紅葉の時期に来ようと思っているのですが、まだ一度も来ていない...
2018年04月29日 08:26撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪大沢崩れ右岸・見晴台≫
連続する滝&富士山。
この場所は、前から紅葉の時期に来ようと思っているのですが、まだ一度も来ていない...
≪大沢崩れ右岸・奇樹≫
標高が上がると森も大きい木が増えてきます。
古い森なのでしょうね。
2000m付近の奇樹。
2018年04月29日 09:09撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪大沢崩れ右岸・奇樹≫
標高が上がると森も大きい木が増えてきます。
古い森なのでしょうね。
2000m付近の奇樹。
1
≪大沢崩れ右岸・奇樹≫
2018年04月29日 09:14撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪大沢崩れ右岸・奇樹≫
≪大沢崩れ右岸≫
モノレールの線路が見えてくれば、御中道の大沢休泊所まではあと少し。
2018年04月29日 09:48撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪大沢崩れ右岸≫
モノレールの線路が見えてくれば、御中道の大沢休泊所まではあと少し。
≪大沢崩れ右岸≫
モノレール乗り場でちょい休憩.....
山中で水平な物を見ると座りたくなります。
2018年04月29日 09:59撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪大沢崩れ右岸≫
モノレール乗り場でちょい休憩.....
山中で水平な物を見ると座りたくなります。
1
≪大沢崩れ右岸≫
休憩場所の枝の隙間から、南ア・白峰三山。
2018年04月29日 10:00撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪大沢崩れ右岸≫
休憩場所の枝の隙間から、南ア・白峰三山。
≪大沢崩れ右岸≫
大沢崩れ源頭部。
休憩場所から少し離れたビューポイント。
2018年04月29日 10:06撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪大沢崩れ右岸≫
大沢崩れ源頭部。
休憩場所から少し離れたビューポイント。
1
≪大沢崩れ右岸≫
ちょいズームでもう一枚。
2018年04月29日 10:08撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪大沢崩れ右岸≫
ちょいズームでもう一枚。
≪大沢休泊所≫
出発から5時間半、大沢休泊所に到着。
ここでも、ちょい休憩.....
2018年04月29日 10:36撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪大沢休泊所≫
出発から5時間半、大沢休泊所に到着。
ここでも、ちょい休憩.....
≪大沢休泊所≫
御中道と大沢崩れの豆知識。
2018年04月29日 10:41撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪大沢休泊所≫
御中道と大沢崩れの豆知識。
≪大沢崩れ右岸・見晴台≫
大沢休泊所に荷物をデポして、カメラ片手に登ってきました。
崩落寸前の見晴台ですが、今年も無事です。
今回で見納めになるか?来年まだあるか?って感じです。
2018年04月29日 11:15撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪大沢崩れ右岸・見晴台≫
大沢休泊所に荷物をデポして、カメラ片手に登ってきました。
崩落寸前の見晴台ですが、今年も無事です。
今回で見納めになるか?来年まだあるか?って感じです。
1
≪大沢崩れ右岸・見晴台≫
見晴台から大沢崩れ源頭部をもう一枚。
2018年04月29日 11:08撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪大沢崩れ右岸・見晴台≫
見晴台から大沢崩れ源頭部をもう一枚。
≪御中道≫
見晴台から大沢休泊所に戻り、御中道で奥庭へ向かっています。
2018年04月29日 12:33撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪御中道≫
見晴台から大沢休泊所に戻り、御中道で奥庭へ向かっています。
1
≪御中道・滑沢≫
滑沢のビューポイントから八ヶ岳。
2018年04月29日 12:16撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪御中道・滑沢≫
滑沢のビューポイントから八ヶ岳。
≪御中道・滑沢≫
手前は毛無山、雨ヶ岳。その奥は南ア・オールスターです。
2018年04月29日 12:17撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪御中道・滑沢≫
手前は毛無山、雨ヶ岳。その奥は南ア・オールスターです。
2
≪作業道・旧御庭林道≫
御中道から作業道(旧御庭林道)に下ってきました。
これから奥庭荘へ水を買いに行こうと思います。
2018年04月29日 13:04撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪作業道・旧御庭林道≫
御中道から作業道(旧御庭林道)に下ってきました。
これから奥庭荘へ水を買いに行こうと思います。
≪奥庭≫
奥庭荘で食事&水補給後、展望台に来ています。
観光客の中、ガッツリ登山姿は私だけ...
人混みは落ち着かないので写真だけ撮って撤収。
2018年04月29日 13:50撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪奥庭≫
奥庭荘で食事&水補給後、展望台に来ています。
観光客の中、ガッツリ登山姿は私だけ...
人混みは落ち着かないので写真だけ撮って撤収。
1
≪幸助山・山頂≫
奥庭展望台から北側の尾根を使ってショートカットし、幸助山の山頂に到着。
山頂だけ木が枯れている...
2018年04月29日 15:36撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪幸助山・山頂≫
奥庭展望台から北側の尾根を使ってショートカットし、幸助山の山頂に到着。
山頂だけ木が枯れている...
1
≪幸助山・山頂≫
マイナーな場所なので、だ〜れも居ません。
2018年04月29日 15:18撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪幸助山・山頂≫
マイナーな場所なので、だ〜れも居ません。
1
≪富士林道≫
幸助山を下って来ると富士林道があります。
マイカーまで残り3Km、富士林道をひたすら歩きます。
2018年04月29日 15:56撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪富士林道≫
幸助山を下って来ると富士林道があります。
マイカーまで残り3Km、富士林道をひたすら歩きます。

感想/記録

ゴールデンウィークの人混み避けて、静かな富士山西麓を歩いてきました。

大沢崩れの右岸の道は、大沢右岸口登山道として昔からあるルートですが、今では歩く人も少なく静かな道です。
今回は、見晴台が崩れてないか気になったので、久しぶりに見晴台まで登ってみました。

御中道も、今日歩いた場所には新しい崩落もなく、去年と変わらないと思います。
(滑沢の崩落現場も去年と同じ、崩れっぱなしです。)
訪問者数:370人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ