また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1457227 全員に公開 ハイキング関東

奥久慈男体山 周回 [茨城県]

日程 2018年05月05日(土) [日帰り]
メンバー
天候5月5日(土) 晴れ
5月6日(日) 晴れ
5月7日(月) 曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
5月5日(土)
自宅5:30⇒<マイカー>⇒道の駅常陸大宮⇒西金駅⇒8:20古分屋敷P
    <滝倉登山口〜男体山〜持方〜小草越〜フジイ越〜古分屋敷P>
15:35⇒<マイカー>⇒金砂の湯で入浴⇒17:10道の駅常陸大宮

5月6日(日)
5:00⇒<マイカー>⇒5:50竜神ダム入口P
    <亀ヶ淵〜明山〜休場展望台〜赤岩展望台〜ダムサイト>
    ***準備中***
17:25⇒<マイカー>⇒竜っちゃんの湯で入浴⇒19:05道の駅常陸太田

5月7日(月)
3:50⇒<マイカー>⇒6:05自宅

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間1分
休憩
38分
合計
6時間39分
S古分屋敷峠駐車場08:4208:45大円地駐車場08:4710:09奥久慈男体山10:4211:51持方登山口11:5312:31大円地越15:17古分屋敷峠駐車場15:1815:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
5月5日(土)
出発8:25…滝倉登山口9:00…滝倉分岐9:35…10:10男体山10:40…持方分岐11:15…持方登山口11:55…大円地越12:30…小草越13:40…フジイ越14:25…15:20古分屋敷P

=======================
出発時刻/高度: 08:25 / 209m
到着時刻/高度: 15:21 / 224m
合計時間: 6時間55分
合計距離: 10.77km
最高点の標高: 624m
最低点の標高: 184m
累積標高(上り): 617m
累積標高(下り): 600m
=======================
その他周辺情報金砂の湯
http://www.city.hitachiota.ibaraki.jp/page/page000254.html
16時以降は 入浴料金が 500円となりました。

竜っちゃんの湯
http://www.city.hitachiota.ibaraki.jp/sp/page/page000256.html
17時以降は 入浴料金が 510円となりました。

写真

今回は 奥久慈男体山を周回する予定なので ここ「古分屋敷駐車場」に車を置きました。
2018年05月05日 08:35撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は 奥久慈男体山を周回する予定なので ここ「古分屋敷駐車場」に車を置きました。
このトンネルは 「滝倉トンネル」。
このトンネルの抜けた所へ行きます。
2018年05月05日 08:54撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このトンネルは 「滝倉トンネル」。
このトンネルの抜けた所へ行きます。
トンネルを抜けると「滝倉登山口」となります。
2018年05月05日 08:58撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネルを抜けると「滝倉登山口」となります。
石祠がありました。
2018年05月05日 09:04撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石祠がありました。
男体山の山頂が見えました。
2018年05月05日 09:24撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男体山の山頂が見えました。
ここが 滝倉登山口と大円地登山口の分岐です。
ここを 過ぎると クサリ場の連続となります。
2018年05月05日 09:36撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが 滝倉登山口と大円地登山口の分岐です。
ここを 過ぎると クサリ場の連続となります。
1
奥久慈男体山山頂。
2018年05月05日 10:26撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥久慈男体山山頂。
1
この山頂からの展望。
2018年05月05日 10:37撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この山頂からの展望。
ここから 北方向の持方に向かいました。
2018年05月05日 10:44撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから 北方向の持方に向かいました。
持方分岐。
ここから稜線から外れて 下りとなります。
なお ここには 案内標識はありませんが、踏み跡が明瞭でした。
2018年05月05日 11:14撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
持方分岐。
ここから稜線から外れて 下りとなります。
なお ここには 案内標識はありませんが、踏み跡が明瞭でした。
林道となりました。
2018年05月05日 11:24撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道となりました。
持方登山口。
ここに 案内板がありました。
2018年05月05日 11:51撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
持方登山口。
ここに 案内板がありました。
ヤマツツジ。
2018年05月05日 12:00撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマツツジ。
腰掛石。
水戸藩主徳川斉昭公が男体山に登った際 この石に腰を下ろしたとのこと。それから 「腰掛石」と命名されたらしい。
2018年05月05日 12:01撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
腰掛石。
水戸藩主徳川斉昭公が男体山に登った際 この石に腰を下ろしたとのこと。それから 「腰掛石」と命名されたらしい。
これは 鶏小屋。
これが目印となります。
当初 これを行き過ぎて男体山の登山道に進んでしまいましたので 戻って来ました。
2018年05月05日 12:18撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは 鶏小屋。
これが目印となります。
当初 これを行き過ぎて男体山の登山道に進んでしまいましたので 戻って来ました。
この鶏小屋の前が 大円地越への道となります。
2018年05月05日 12:18撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この鶏小屋の前が 大円地越への道となります。
大円地越。
ここから 小草越へ向かいます。
2018年05月05日 12:30撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大円地越。
ここから 小草越へ向かいます。
奥久慈男体山。
2018年05月05日 12:43撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥久慈男体山。
1
小草越。
先週 ここから 林道を下って林道武生線を経て下武生公民館へ戻りました。
2018年05月05日 13:39撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小草越。
先週 ここから 林道を下って林道武生線を経て下武生公民館へ戻りました。
男体山。
2018年05月05日 13:57撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男体山。
篭岩や鷹取岩は フジイ越よりズッと先にあります。
2018年05月05日 14:09撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
篭岩や鷹取岩は フジイ越よりズッと先にあります。
フジイ越。
ここから 崖の道を下ります。
2018年05月05日 14:25撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フジイ越。
ここから 崖の道を下ります。
ロープがあったので 楽に下れました。
2018年05月05日 14:31撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープがあったので 楽に下れました。
1
ここは ロープを頼りにトラバースでした。
2018年05月05日 14:47撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは ロープを頼りにトラバースでした。
1
古分屋敷集落が見えてきました。
2018年05月05日 15:11撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古分屋敷集落が見えてきました。
男体山を見る。
2018年05月05日 15:13撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男体山を見る。
1
駐車場に戻ってきました。
2018年05月05日 15:17撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に戻ってきました。
撮影機材:

感想/記録
by Yoshi3

 今回の山行は 先週の篭岩山周回で 男体山を途中で時間がないため諦めたことから その不足分を 補う山行でした。 
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1441029.html
訪問者数:167人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 山行 目印 トンネル
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ