また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1466353 全員に公開 山滑走白馬・鹿島槍・五竜

針ノ木峠山スキー、今までで一番滑り易い雪、でも・・・

日程 2018年05月16日(水) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
無料駐車場(平日なので充分空きあり)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間45分
休憩
33分
合計
7時間18分
S扇沢駅06:0707:14大沢小屋07:1711:36針ノ木小屋12:0612:34大沢小屋13:21扇沢駅13:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
砂防堰堤は全て雪が切れていました(1m〜)が、デブリ跡も、この間の暑さと降雪でリセットされ均された?快適ザラメ。針ノ木雪渓では、今までで一番滑りやすい雪でした。
その他周辺情報下山後の温泉は、心笑館(ここえかん)http://cocoekan.jp/index.html
過去天気図(気象庁) 2018年05月の天気図 [pdf]

写真

作業道の橋から。沢の水量も多く、渡った後もシートラで。
2018年05月16日 06:38撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業道の橋から。沢の水量も多く、渡った後もシートラで。
作業道を渡って2つめの堰堤。
2018年05月16日 07:00撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業道を渡って2つめの堰堤。
大沢小屋の下の堰堤。ここから上は、何とかシール登高可能。
2018年05月16日 07:11撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沢小屋の下の堰堤。ここから上は、何とかシール登高可能。
蓮華大沢
2018年05月16日 07:15撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓮華大沢
1
大沢小屋の少し上で
2018年05月16日 07:46撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沢小屋の少し上で
2
爺が岳から針木岳につながる稜線
2018年05月16日 11:44撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爺が岳から針木岳につながる稜線
2
針ノ木峠からスキーヤーズレフトの斜面。本日、1番目のシュプールをいただきました。
2018年05月16日 12:10撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木峠からスキーヤーズレフトの斜面。本日、1番目のシュプールをいただきました。
2
デブリ後も均されて、滑りやすいザラメでした。
2018年05月16日 12:23撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デブリ後も均されて、滑りやすいザラメでした。
2

感想/記録
by igrs

雪もだいぶ無くなってきていて、なんとかスキーが出来るのは、大沢小屋の少し下まで。ただ、タテ溝も無く、デブリ跡も雨と降雪で均されたのか?滑りやすいザラメ雪でした。
針ノ木峠でノンビリ過ごし、今シーズンのラストランは、まったりスキーでした。雪渓を吹き抜ける風も生暖かく、30度越えの天気予報どおり、下山後の道路脇の温度表示は、31度(>_<)。
訪問者数:476人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

雪渓 山スキー 堰堤 デブリ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ