また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1478365 全員に公開 ハイキング 北陸

能郷白山 -能郷谷ルート

情報量の目安: A
-拍手
日程 2018年05月26日(土) [日帰り]
メンバー
 M_Y
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
能郷谷のゲート前に十数台駐車可能なスペースがある。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち53%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間45分
休憩
43分
合計
6時間28分
S能郷谷林道ゲート09:1710:02能郷谷登山口10:0810:34能郷谷旧登山口10:3611:27前山12:18能郷白山12:22能郷白山神社奥宮12:5012:53能郷白山12:5613:39前山14:33能郷谷旧登山口14:3515:01能郷谷登山口15:0315:44能郷谷林道ゲート15:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コース上の危険箇所は特に無し。
能郷集落の白山神社前に公衆電話ボックスを再利用した登山届ポストがある。
過去天気図(気象庁) 2018年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 水2.6l 地図(地形図) ヘッドランプ GPS 日焼け止め 携帯 サングラス タオル カメラ

写真

能郷谷ゲート前には十数台が駐車可能
2018年05月26日 09:15撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
能郷谷ゲート前には十数台が駐車可能
1
能郷谷ゲートを抜けて歩き始める
2018年05月26日 09:17撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
能郷谷ゲートを抜けて歩き始める
1
ゲートからしばらくは獣臭が強い
2018年05月26日 09:18撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートからしばらくは獣臭が強い
能郷谷の砂防施設群
2018年05月26日 09:19撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
能郷谷の砂防施設群
ところどころに洗い越しがある
2018年05月26日 09:27撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころに洗い越しがある
チェーンソーの音がしたのでふと見上げると伐採が行われていた。だいぶ条件の悪い場所のようだが、搬出や植林をこれからするのだろうか
2018年05月26日 09:46撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チェーンソーの音がしたのでふと見上げると伐採が行われていた。だいぶ条件の悪い場所のようだが、搬出や植林をこれからするのだろうか
目的の尾根が見えた
2018年05月26日 09:48撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目的の尾根が見えた
能郷白山登山口に到着。小休止して登り始める
2018年05月26日 10:04撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
能郷白山登山口に到着。小休止して登り始める
1
渡渉地点には仮橋が架けられている。本巣山人連絡協議会の方の話では、橋が無かった頃は渡渉を諦めて引き返す登山者もいたそうだ
2018年05月26日 10:08撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉地点には仮橋が架けられている。本巣山人連絡協議会の方の話では、橋が無かった頃は渡渉を諦めて引き返す登山者もいたそうだ
2
急登が始まる
2018年05月26日 10:10撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登が始まる
傾斜が無ければ快適な木立の中の道
2018年05月26日 10:18撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾斜が無ければ快適な木立の中の道
1/6地点を通過
2018年05月26日 10:25撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1/6地点を通過
しっかりとしたトレイルがある
2018年05月26日 10:28撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しっかりとしたトレイルがある
1
林道に一旦出る。林道を通って登山した形跡はほとんど見られない
2018年05月26日 10:33撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に一旦出る。林道を通って登山した形跡はほとんど見られない
旧登山口を通過
2018年05月26日 10:34撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧登山口を通過
おむかえブナ
2018年05月26日 10:46撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おむかえブナ
1
能郷谷と徳山ダムの分水嶺に上がった
2018年05月26日 11:16撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
能郷谷と徳山ダムの分水嶺に上がった
徳山白谷の崩壊地跡はだいぶ先
2018年05月26日 11:16撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳山白谷の崩壊地跡はだいぶ先
1
残雪がまだ残っている
2018年05月26日 11:27撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪がまだ残っている
笹が刈ってあるので歩き易い。2017年の9月に本巣市によって除草されたそうだ
2018年05月26日 11:27撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹が刈ってあるので歩き易い。2017年の9月に本巣市によって除草されたそうだ
能郷白山が見え始めた
2018年05月26日 11:28撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
能郷白山が見え始めた
徳山ダムを望む
2018年05月26日 11:29撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳山ダムを望む
稜線に白山神社奥宮が見える
2018年05月26日 11:52撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に白山神社奥宮が見える
最後の登りに差し掛かる
2018年05月26日 12:10撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の登りに差し掛かる
残雪を巻いて進むが、融雪で足元はあまり良くない
2018年05月26日 12:16撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪を巻いて進むが、融雪で足元はあまり良くない
1
カタクリが咲いていた
2018年05月26日 12:20撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタクリが咲いていた
白山神社奥宮。この日は円空像が奉納された
2018年05月26日 12:21撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山神社奥宮。この日は円空像が奉納された
1
能郷白山山頂から
2018年05月26日 12:43撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
能郷白山山頂から
宮司さんも登った
2018年05月26日 12:44撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宮司さんも登った
2
能郷白山山頂
2018年05月26日 12:54撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
能郷白山山頂
1
下山を始める
2018年05月26日 12:57撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山を始める
下りも快適なトレイル
2018年05月26日 13:26撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りも快適なトレイル
1
伐採箇所が見えた
2018年05月26日 14:20撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伐採箇所が見えた
急登山口を通過
2018年05月26日 14:34撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登山口を通過
仮橋を使って渡渉
2018年05月26日 14:58撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仮橋を使って渡渉
登山口を通過
2018年05月26日 14:59撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口を通過
ゲートに到着して登山終了
2018年05月26日 15:43撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートに到着して登山終了
1

感想/記録
by M_Y

2018年5月26日に能郷白山への登山を企てる。

うすずみ温泉の横の体験施設駐車場で開かれた開山祭にまず参加。今年で3回目の開催ということで、これから能郷白山を含む本巣の山々の情報を発信し、登山客を呼び込む計画のようだ。今回は3体の円空像が献納され、この後山頂の白山神社奥宮に運んで納めるそうだ。

開山祭終了後、能郷谷まで車で移動しゲート前から登山をスタート。すでにゲート前には十数台の車が停まっている。気温はだいぶ上昇していて、ゲート通過後すぐに汗が滴り始める。ところどころに路面が痛んだり崩壊したため迂回している箇所はあるが、能郷白山登山口まではなんとか舗装が残っている。登山口の沢には仮橋が架けられ濡れずに渡渉できる。ここから尾根に上がるまでは急登が続くのでゆっくりと途中休みながら登る。

尾根まで出ると視界が開き、徳山方面と能郷方面の両方の谷が見えて気持ちのいい。笹を刈った跡もあって勾配も緩くなり快適な歩き易いトレイルになる。若干の下りを挟みながら登っていくと、能郷白山が見え始める。だんだん山頂が大きく見えるようになり、最後の急登を登って残雪に差し掛かれば山頂と白山神社奥宮は目の前。神社の前は休憩するたくさんの登山者で賑わっていた。

温見峠ルートから登山していた本巣山人連絡協議会の皆さんたちにご挨拶し、昼食を摂りながらしばし山頂からの景色を楽しむ。お抹茶を点てていた方によばれて一献所望する。山頂で熱いお茶をいただけるとは思わなかった。

白山神社の宮司さんにより円空像の奉納神事が執り行われ、登山の安全も祈願されたところで下山を開始。残雪の周りは泥濘んでいたがそこ以外はドライで快適なトレイル。もともと下り坂は不得意なのと、疲れていたので登山と下山の所要時間はあまり変わらなかった。

今回2.6lの水を携行してしていたが能郷白山登山口まで降りてきたところでほぼ飲みきってしまった。暑い日で汗を流しすぎたためだがもう一本ボトルを持って行った方が安心できた。ルート途中に沢はあるが水場は無い。獣の多い地域なので沢水はそのまま飲まない方が無難だろう。

能郷谷ルートは温見峠ルートよりも標高差が大きく時間もかかる。しかしながら登山口までのアクセスは良く、現在は登山道も整備されているので歩きにくいことは無い。酷道157号の隘路を気を使いながら運転するよりも、トレイルを歩く方が好ましいと感じる方には能郷谷ルートをお勧めしたい。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:971人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ