また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1486606 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

快晴の日留賀岳★トレーニング山行

日程 2018年06月03日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
小山氏宅の駐車場にクルマを駐車して、ピストンしました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間17分
休憩
1時間26分
合計
7時間43分
S小山氏宅04:5205:20送電線鉄塔05:2305:47林道終点05:5206:29尾根取付き地点06:3407:17鳥居07:30オニギリ休憩07:4008:44日留賀岳09:3810:48鳥居11:19尾根取付き地点11:2411:55林道終点12:14送電線鉄塔12:1812:33日留賀岳登山口12:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・ コース全体で、特に危険な個所はなく、歩きやすいです。送電線鉄塔から先の林道歩きは私の足で上り25分、下り20分くらい。
・ 尾根取付きポイントから先は、急登が続きますが、鳥居のところまで来ると、いったん下りとなります。そこから山頂までの登りもなかなかの急登です。
・ 山頂手前の稜線は展望がよく、振り返ると間近に高原山の眺めが素晴らしいです。また、山頂は小広場となっており、360度の展望を楽しみながらの休憩にもってこいです。
・ なお、水場が無いので、飲料水は十分な量を持参のこと。

写真

登山者名簿に記帳してからスタート。
2018年06月03日 04:52撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山者名簿に記帳してからスタート。
1
まずはこの鳥居をくぐります。
2018年06月03日 04:56撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずはこの鳥居をくぐります。
良い雰囲気の森の中を進みます。
2018年06月03日 05:05撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い雰囲気の森の中を進みます。
2
日留賀嶽神社改築寄進の碑だそうです。
2018年06月03日 05:11撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日留賀嶽神社改築寄進の碑だそうです。
30分ほどで送電線鉄塔のところに到着。この先は、林道歩き。
2018年06月03日 05:23撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30分ほどで送電線鉄塔のところに到着。この先は、林道歩き。
林道終点に到着。ここで水分補給のため、少々休憩。
2018年06月03日 05:47撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点に到着。ここで水分補給のため、少々休憩。
最初は緩い勾配の登りが続きます。
2018年06月03日 05:52撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は緩い勾配の登りが続きます。
ミズナラやつつじの森の中を進みます。ハルゼミの合唱がうるさいくらい。この時期ならでは。
2018年06月03日 06:16撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミズナラやつつじの森の中を進みます。ハルゼミの合唱がうるさいくらい。この時期ならでは。
1
尾根の取付きから先は、ブナ林の中の急登となります。
2018年06月03日 06:29撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の取付きから先は、ブナ林の中の急登となります。
横倒しになったブナの脇をすり抜ける。
2018年06月03日 06:47撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横倒しになったブナの脇をすり抜ける。
やがてヒノキの森へと植生が変わる。
2018年06月03日 07:04撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがてヒノキの森へと植生が変わる。
歩き出して2時間半弱で、二連鳥居に到着。
2018年06月03日 07:17撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き出して2時間半弱で、二連鳥居に到着。
ダケカンバの巨木。
2018年06月03日 07:19撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケカンバの巨木。
2
シロヤシオが咲いていた。
2018年06月03日 07:30撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロヤシオが咲いていた。
3
その先でおにぎり休憩。
2018年06月03日 07:33撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先でおにぎり休憩。
1
良い雰囲気の登山道です。
2018年06月03日 07:42撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い雰囲気の登山道です。
1
ミツバツツジが咲いていた。
2018年06月03日 07:57撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジが咲いていた。
1
山頂方面を望む。まだまだ遠い。
2018年06月03日 08:04撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂方面を望む。まだまだ遠い。
このあたりのシャクナゲの花はもう終わりかけ。
2018年06月03日 08:07撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりのシャクナゲの花はもう終わりかけ。
ミニ鳥居があった。
2018年06月03日 08:21撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミニ鳥居があった。
あれが、日留賀岳山頂。
2018年06月03日 08:25撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれが、日留賀岳山頂。
コンデジでズームアップ。
2018年06月03日 08:25撮影 by EX-ZR4100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コンデジでズームアップ。
1
奥日光連山から会津駒ケ岳方面までが見渡せる。
2018年06月03日 08:32撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥日光連山から会津駒ケ岳方面までが見渡せる。
2
振り返ると、高原山の眺めが素晴らしい。
2018年06月03日 08:38撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、高原山の眺めが素晴らしい。
3
でも、山頂はまだ先です。
2018年06月03日 08:39撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも、山頂はまだ先です。
ようやく日留賀岳の山頂に到着。途中の休憩込みで、3時間50分ほどかかりました。
2018年06月03日 08:44撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく日留賀岳の山頂に到着。途中の休憩込みで、3時間50分ほどかかりました。
2
会津駒ケ岳はまだ真っ白。残雪がたくさんあるようですね。
2018年06月03日 08:44撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
会津駒ケ岳はまだ真っ白。残雪がたくさんあるようですね。
超広角レンズで奥日光から南会津の山並みを俯瞰。
2018年06月03日 08:44撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
超広角レンズで奥日光から南会津の山並みを俯瞰。
3
コンデジで会津駒ケ岳をズームアップ。
2018年06月03日 08:45撮影 by EX-ZR4100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コンデジで会津駒ケ岳をズームアップ。
5
こちらは、奥日光方面。中央右のピークは日光白根山。
2018年06月03日 08:46撮影 by EX-ZR4100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは、奥日光方面。中央右のピークは日光白根山。
中華三昧のラーメンランチを頂きました。
2018年06月03日 09:07撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中華三昧のラーメンランチを頂きました。
2
鹿又岳から男鹿岳へと連なる山並み。
2018年06月03日 09:33撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿又岳から男鹿岳へと連なる山並み。
2
山頂北側の眺め。鹿又岳の左奥に見えるのは七ツヶ岳。
2018年06月03日 09:35撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂北側の眺め。鹿又岳の左奥に見えるのは七ツヶ岳。
1
あの白い山並みは飯豊連峰。
2018年06月03日 09:35撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの白い山並みは飯豊連峰。
5
登山者が登ってきたので、そろそろ下山します。
2018年06月03日 09:36撮影 by EX-ZR4100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山者が登ってきたので、そろそろ下山します。
アカヤシオが少しだけ残っていました。
2018年06月03日 09:39撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカヤシオが少しだけ残っていました。
1
山頂付近はシャクナゲの花がきれい。
2018年06月03日 09:41撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近はシャクナゲの花がきれい。
1
下ります。高原山が迫力あります。その右には、奥日光の山も見えました。
2018年06月03日 09:47撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ります。高原山が迫力あります。その右には、奥日光の山も見えました。
日に照らされたシロヤシオ。
2018年06月03日 10:35撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日に照らされたシロヤシオ。
1
こちらもシロヤシオ。
2018年06月03日 10:35撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらもシロヤシオ。
ブナの森の中を下ります。
2018年06月03日 10:46撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの森の中を下ります。
1
二連鳥居を通過。
2018年06月03日 10:48撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二連鳥居を通過。
尾根の取付きのところで水分補給の休憩。
2018年06月03日 11:19撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の取付きのところで水分補給の休憩。
林道終点に到着。
2018年06月03日 11:55撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点に到着。
1
送電線鉄塔のところから、登山道に入ります。
2018年06月03日 12:14撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電線鉄塔のところから、登山道に入ります。
ギンリョウソウが咲いていた。
2018年06月03日 12:24撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウが咲いていた。
1
登山口に戻りました。
2018年06月03日 12:33撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に戻りました。
クルマを置かせて頂いた小山氏の駐車場に到着。
2018年06月03日 12:35撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クルマを置かせて頂いた小山氏の駐車場に到着。

感想/記録

・ 夏山テント縦走に向けて、そろそろ体力づくりに取り掛かろうと考えてはみたものの、さて、どこを歩こうか?そこそこ標高差があって、静かな山はないかなあと思案したところ、ありました、男鹿山塊の南にそびえる日留賀岳。
・ この山、3年ほど前の4月に、残雪歩きをしたことがありますが、無雪期は初めて登ります。ピークハントのピストン登山となるので、なかなか足が向きませんでしたが、トレーニング目的なら良い選択でしょう。
・ この日は快晴の下、ハルゼミの大合唱を聞きながら、山頂までは誰にも会わずに静かな登山を楽しむことができました。駐車場には、先行者の車が1台駐車しており、登山者名簿にも栃木県の方の名前が記載されていましたが、その方とは結局すれ違いませんでした。鹿又岳方面へ縦走したのでしょうか?
・ 山頂で360度の展望を楽しみ、まったりとラーメンランチを頂いたのち、下山開始。30分ほど下山すると、ヘルメットをかぶった20人近くのパーティとすれ違いました。地元栃木のグループということでしたが、この静かな山に、大人数のパーティと出会ってちょっとびっくり。
・ それにしても、ミズナラやブナ、つつじなどの美しい新緑と、この時期ならではのハルゼミの大合唱を楽しみながらの、良いトレーニング登山となりました。
訪問者数:135人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ