また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1537937 全員に公開 沢登り日高山脈

ペンケ札楽古川

日程 2018年07月07日(土) 〜 2018年07月08日(日)
メンバー , その他メンバー3人
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

1日目:雨  Co140付近橋(9:30)Co590二股(12:30-13:00)Co550二股(13:30)
Co140付近の橋は工事中だった。そこからペンケ札楽古川の林道を歩きCo280付近で入渓。雨が続いているのでやや水量多い。Co550二股まで所々岩盤状の河原。Co550から段差チックなものが出てくる。Co590二股に雪渓。左岸を藪掴んで上がり乗る。直後の三段の滝まで行くがテンバがどこにも見当たらない。今夜の天気も心配なのでCo550二股まで戻り右岸でC1。増水耐えられないが上に逃げられる。焚火の偉大さを思い知る夜。

2日目: 曇→晴  C1(5:00)楽古岳(10:30-11:15)橋(16:40)
夜は思ったより降らず水量も昨日とほとんど変わっていなかった。Co590直後の滝は容易に直登。その後小滝いくつか。Co650-Co670二股まで雪渓。上を歩く。降り口が微妙な草付のトラバースだったので、Lsダブルバイル、Mお助けFixして掴んで通過。以降滝が連続するが全て直登。Co700の15mFはALトップで右岸直登。途中ハーケン打って中間支点とった。そんなに難しくない。Co930二股まで雪渓と滝が交互に現れる。捲いたり乗ったり。Co930二股を右に行くと雪渓は減り、滝の連続。全て快適に直登可能。Co1300辺りで源頭になり、ハイマツ漕いで夏道に出てピークまで。まさかの快晴。ホゲホゲ。下りの夏道は稜線外れてから不明瞭。よくわからなくなったので沢中を行ったりして降りる。夏道に合流後崩壊した林道を歩いて車まで。

感想/記録

初日の夜は雨でどうなることかと思ったが晴れて良かった。
下りの夏道が核心だった。
訪問者数:94人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

雪渓 直登
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ