また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1553110 全員に公開 沢登り 八幡平・岩手山・秋田駒

羽後朝日岳、マンダノ沢から部名垂沢。無惨!蛇体淵

情報量の目安: S
-拍手
日程 2018年08月11日(土) ~ 2018年08月12日(日)
メンバー
天候雨、曇り、晴れ、ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
12時間0分
休憩
0分
合計
12時間0分
S夏瀬温泉04:5006:50朝日沢出合08:10八瀧沢出合11:50蛇体淵13:00上天狗沢・下天狗沢出合16:50羽後朝日岳
2日目
山行
8時間20分
休憩
0分
合計
8時間20分
羽後朝日岳06:0008:10部名垂沢下降点12:20林道14:20夏瀬温泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
頂上と部名垂沢下降点の間は、踏み跡がかなり不明瞭で、ピンクテープも殆どありません。
過去天気図(気象庁) 2018年08月の天気図 [pdf]

写真

夏瀬温泉から直ぐに立派な吊橋を渡ります。玉川の流れが非常に美しい。
2018年08月11日 04:52撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏瀬温泉から直ぐに立派な吊橋を渡ります。玉川の流れが非常に美しい。
堀内沢を渡り、右岸の林道を登ると地形図上の取水口まで行けます。上流から取水口を見ます。
2018年08月11日 05:36撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堀内沢を渡り、右岸の林道を登ると地形図上の取水口まで行けます。上流から取水口を見ます。
単調なゴーロ歩きで朝日沢出合に着きます。正面が朝日沢です。
2018年08月11日 06:53撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
単調なゴーロ歩きで朝日沢出合に着きます。正面が朝日沢です。
1
堀内沢名物?の三角岩です。
2018年08月11日 07:46撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堀内沢名物?の三角岩です。
1
左岸から綺麗なスラブが落ちています。
2018年08月11日 08:01撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸から綺麗なスラブが落ちています。
2
八瀧沢の出合。正面奥から流れ込むのが八瀧沢です。
手前に良い幕場があります。
2018年08月11日 08:15撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八瀧沢の出合。正面奥から流れ込むのが八瀧沢です。
手前に良い幕場があります。
1
同部からマンダノ沢を望みます。いよいよマンダノ沢です。
2018年08月11日 08:15撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同部からマンダノ沢を望みます。いよいよマンダノ沢です。
マンダノ沢に入ると小滝が続きます。
2018年08月11日 08:59撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マンダノ沢に入ると小滝が続きます。
登山大系に出ている2条15メートルの滝でしょう。無理せず右岸を巻きました。
2018年08月11日 09:04撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山大系に出ている2条15メートルの滝でしょう。無理せず右岸を巻きました。
1
小滝が続きます。奥に見えている滝は右岸を巻いています。
2018年08月11日 09:29撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝が続きます。奥に見えている滝は右岸を巻いています。
次の15メートルの滝かな。左壁のバンド状を登れそうです・・・
2018年08月11日 10:45撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の15メートルの滝かな。左壁のバンド状を登れそうです・・・
前の写真から下を見たところです。どうしても左壁に渡る覚悟がつきません。あっさりと巻くことにしました。
2018年08月11日 10:45撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前の写真から下を見たところです。どうしても左壁に渡る覚悟がつきません。あっさりと巻くことにしました。
倒木で荒れています。昨年の豪雨の影響でしょうか。
2018年08月11日 10:57撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木で荒れています。昨年の豪雨の影響でしょうか。
この小滝は正面の大岩を突破。
2018年08月11日 11:17撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この小滝は正面の大岩を突破。
1
この小滝は右岸沿いに抜けます。
2018年08月11日 11:44撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この小滝は右岸沿いに抜けます。
1
倒木で荒れています。焚き木には事欠かない様です。
2018年08月11日 11:47撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木で荒れています。焚き木には事欠かない様です。
この倒木群はなんでしょう?これはもしかして!
2018年08月11日 11:52撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この倒木群はなんでしょう?これはもしかして!
蛇体淵ではないですか!なんということだ!
2018年08月11日 11:56撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛇体淵ではないですか!なんということだ!
1
そこから下流の河原も倒木だらけです。以前は絶好の泊まり場だった様ですが。
2018年08月11日 11:56撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこから下流の河原も倒木だらけです。以前は絶好の泊まり場だった様ですが。
1
近づいてみましたが、淵はこんな感じです。右岸の山肌が剥き出しなので、そこからの倒木なのでしょう。無惨です。
2018年08月11日 11:58撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近づいてみましたが、淵はこんな感じです。右岸の山肌が剥き出しなので、そこからの倒木なのでしょう。無惨です。
蛇体淵は左岸を巻いて、気を取り直して遡行を続けます。蛇体淵の上の小滝。
2018年08月11日 12:12撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛇体淵は左岸を巻いて、気を取り直して遡行を続けます。蛇体淵の上の小滝。
2
気持ちの良い小滝が続きます。
2018年08月11日 12:17撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良い小滝が続きます。
グリーンの滑床が続きます。ここが魚影を確認できた最後の場所です。
2018年08月11日 12:55撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グリーンの滑床が続きます。ここが魚影を確認できた最後の場所です。
1
上天狗沢・下天狗沢の出合です。上天狗沢を望みます。今回はこの上天狗沢を遡行しました。奥の滝は水線右を直登しました。
2018年08月11日 13:01撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上天狗沢・下天狗沢の出合です。上天狗沢を望みます。今回はこの上天狗沢を遡行しました。奥の滝は水線右を直登しました。
こちらは下天狗沢。いつかまた機会があれば。
2018年08月11日 13:02撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは下天狗沢。いつかまた機会があれば。
滝を越すとナメが続きます。登山大系では下天狗沢より悪場が少ない様ですが。
2018年08月11日 13:29撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝を越すとナメが続きます。登山大系では下天狗沢より悪場が少ない様ですが。
以外と滝が出てきます。ただ直登出来る滝が多いです。
2018年08月11日 14:01撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以外と滝が出てきます。ただ直登出来る滝が多いです。
これはさすがに巻きました。
2018年08月11日 14:06撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはさすがに巻きました。
1
これも巻きました。なんだ巻いてばかりでないかと言われそうですが、登れる滝の方が多かったです。
2018年08月11日 14:54撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも巻きました。なんだ巻いてばかりでないかと言われそうですが、登れる滝の方が多かったです。
詰めから猛烈な笹薮と格闘することしばし、頂上直下の草原地帯に出ました。
2018年08月11日 16:43撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
詰めから猛烈な笹薮と格闘することしばし、頂上直下の草原地帯に出ました。
1
やっと頂上に到着。夏瀬温泉から丁度12時間。少しでも先に行こうとしましたが、踏み跡が不明瞭なため、戻ってここで泊まりました。
2018年08月11日 16:52撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと頂上に到着。夏瀬温泉から丁度12時間。少しでも先に行こうとしましたが、踏み跡が不明瞭なため、戻ってここで泊まりました。
1
翌朝、こんな感じで寝てました。残念ながら、今朝もガスの中で視界がありません。
2018年08月12日 05:48撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、こんな感じで寝てました。残念ながら、今朝もガスの中で視界がありません。
1
ツエルトを張った直ぐ下に、朝日嶽と彫られた石碑がありました。昨日は気付きませんでした。余裕がなかったかな。
2018年08月12日 05:58撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツエルトを張った直ぐ下に、朝日嶽と彫られた石碑がありました。昨日は気付きませんでした。余裕がなかったかな。
1
部名垂沢の下降点です。なんとここまで頂上から2時間以上かかっています。目印は画面左上に色褪せたピンクテープがあるだけです。
2018年08月12日 08:09撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
部名垂沢の下降点です。なんとここまで頂上から2時間以上かかっています。目印は画面左上に色褪せたピンクテープがあるだけです。
そこから部名垂沢を望みます。ここから先は踏み跡が明瞭ですが、急坂で滑る滑る。何度尻餅着いたことだか。
2018年08月12日 08:13撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこから部名垂沢を望みます。ここから先は踏み跡が明瞭ですが、急坂で滑る滑る。何度尻餅着いたことだか。
途中で下に夏瀬ダム湖が見えてきました。
2018年08月12日 08:35撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で下に夏瀬ダム湖が見えてきました。
1
部名垂沢の源頭です。ここから水が噴き出すように現れます。
2018年08月12日 08:35撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
部名垂沢の源頭です。ここから水が噴き出すように現れます。
幾つか滝が現れますが、固定ロープのある所が多いです。写真左上すみにロープが見えます。
2018年08月12日 09:18撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幾つか滝が現れますが、固定ロープのある所が多いです。写真左上すみにロープが見えます。
1
降りてきて最初の二俣です。登ってきたら左に入ります。
2018年08月12日 09:29撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りてきて最初の二俣です。登ってきたら左に入ります。
長い長いゴーロ歩きで、ようやく最初の堰堤に出ました。ここまで下降点から3時間。林道まではさらに1時間。
2018年08月12日 11:20撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い長いゴーロ歩きで、ようやく最初の堰堤に出ました。ここまで下降点から3時間。林道まではさらに1時間。
1
2万5千図で林道が左岸から右岸に移るところで、林道に出ました。ここまで地形図上の林道は自然回帰しています。
2018年08月12日 12:20撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2万5千図で林道が左岸から右岸に移るところで、林道に出ました。ここまで地形図上の林道は自然回帰しています。
しばらく行くと伐採しているため広い林道になります。
2018年08月12日 12:45撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく行くと伐採しているため広い林道になります。
夏瀬温泉との分岐の標識に警察の注意が貼っています。確かに生半可な経験、装備では遭難します。
2018年08月12日 12:54撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏瀬温泉との分岐の標識に警察の注意が貼っています。確かに生半可な経験、装備では遭難します。
あと3.9km! ここからひと登りあり、暑さ、アブ攻撃でチョット大変でした。
2018年08月12日 12:54撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと3.9km! ここからひと登りあり、暑さ、アブ攻撃でチョット大変でした。
1
ようやく夏瀬温泉の吊橋に戻って来ました。
2018年08月12日 14:12撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく夏瀬温泉の吊橋に戻って来ました。
1

感想/記録
by ankota

羽後朝日岳、国土地理院の二万五千図には道があることになっているが、実際には道が無く、尾根を藪漕ぎするか沢を登るしかない。
一般的には部名垂(へなたれ)沢が登られているようだが、堀内(ほりない)沢上流のマンダノ沢に、蛇体淵(じゃたいぶち)という神秘的な場所があるとのこと。天気図と自分の休みと日本登山大系の図を睨めっこしながら、ついに8月になってしまった。
そして、待望の蛇体淵に到着した時、おもわず固まってしまった。
なんという事だろう。無惨にも倒木で埋められているではないか。ここ数年続いた豪雨のせいだろう。嘆いても仕方がない。これが自然。
ようやく辿り着いた頂上はガスの中だった。明るいうちに、部名垂沢の下降点まで行こうと思い、少し行っただけで踏み跡が不明瞭。おまけにガスで地形も分からない。戻って頂上で泊まる事にした。これは正解。
雨ではなく霧で、沢や藪漕ぎでびしょ濡れであるが、それほど不快でなかったのは、気温があまり下がらなかったからだろう。夜中に外へ出た時は星空が広がり、遠く盛岡市や仙北市の夜景が見えたので、明日の晴天を信じていた。
朝目覚めたら、昨日と同じガスの中であった。気温が上がればガスも消えるだろうが、注意しながら降り始める。昨日と同じところで踏み跡が消える。間違った方向に進むと激しい藪漕ぎを強いられる。何度行きつ戻りつした事だろう。そして藪漕ぎによる体力の消耗。過去のブログでは頂上から30分、遅くとも1時間はあれば下降点に到達している。ようやく部名垂沢の下降点に着いたのは、頂上から2時間後であった。
部名垂沢の下降は惨めだった。体力を消耗し尽くし、何度転んだ事だろう。へなたれ沢ではなくヘタレ沢だと心の中で叫んでいた。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:972人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ