また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1560833 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

酉谷山

日程 2018年08月18日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往き:奥多摩駅→東日原
帰り:秩父鉄道・白久駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

感想/記録

2年前に逆コースを歩いたが、その時は始めてのコースでコース取りに夢中で、酉谷山から熊倉山の間の蝉笹山や檜岳を確認できなかった。また、東大演習林分岐から小黒のコース取りも正しかったか確信が持てなかった。前回不明だった点を確かめるため、今回は逆コースで歩くことにした。
結果としては、酉谷山以降でのコース取りは前回以上に難しいと感じた。また、想定以上に時間がかかってしまった。
小黒の下りでは、直下にトラロープ2本が真西に誘導するように張られていたが、これに沿って行くと沢の源頭部に入って遭難してしまう。私は、2年前の記憶と地形図・コンパスの読みからロープを無視したが、なぜこのようなロープを張るのか理解に苦しむ。
東大演習林分岐以降は、地形図・コンパスを頻繁にチェックして歩いたので、前回見落としていた檜岳、蝉笹山の山名坂を確認できた。いずれも小さくて意識して探さないと見つからない。
また、檜岳から熊倉山の間には、小さな岩のピークが多数存在する。コースの後半で疲れが出る頃との意識から一層慎重に乗り越えたので、さらに時間がかかってしまい、熊倉山には16時頃到着した。
ここからも岩場の下りが続くので、慎重に下って行き、さらに時間がかかってしまった。最後の急斜面を九十九折れに下る頃には太陽も傾きはじめ、ややあせり始めたが、まだ太陽も沈むには時間がある17時30分に城山登山口に到着しほっとした。
城山登山口からの林道は長く、疲れが溜まった足にはとても厳しい1時間であった。
今回は、カメラが故障しているため、写真は一切なし。
一石神社から熊倉山城山登山口までの間、誰一人とも会うことがなかった。
訪問者数:102人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

コンパス 林道 トラロープ 遭難
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ