また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1563713 全員に公開 ハイキング磐梯・吾妻・安達太良

安達太良山(沼尻登山口から沼ノ平周回コース)*福島県

日程 2018年08月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場:沼尻登山口前(無料)
沼尻スキー場入口から砂利の林道を3km程上に行きますが、かなりガタボコ道なので10分位かかりました^^;
広くて50台位停められそうな感じです。
トイレ・自販機なし。

福島方面から国道4号〜115号線利用で、『道の駅つちゆ』が最後のトイレです。沼尻登山口までは『道の駅つちゆ』から車で30分程。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間44分
休憩
52分
合計
7時間36分
S沼尻登山口06:2806:34白糸の滝展望台06:3507:11胎内コース分岐07:1609:01船明神山09:11石筵分岐09:1209:27沼尻分岐09:40安達太良山10:0010:12沼尻分岐10:16矢筈森10:38鉄山10:4010:52鉄山避難小屋11:0211:43胎内岩11:4513:08沼尻鉱山跡13:1213:23胎内コース分岐13:3013:59白糸の滝展望台14:03沼尻登山口14:04ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◆登山ポスト
沼尻登山口に有り。

◆コース状況
沼尻登山口〜船明神山〜安達太良山〜鉄山〜胎内岩の周回コースにトイレ・水場なし。
沼尻登山口の左側にも白糸の滝の下を通るルートの登山口がありますが、そちらは現在通行禁止のようです。

登山口から白糸の滝まではのんびり歩きで5分程。そこから胎内岩のコースと船明神山コースの分岐近くまで階段の登り道になります。

分岐点から30分程樹林帯の登りが続きます。時々段差が激しい所もあったり、木が横向きになってる所をくぐったり乗り越えたりとアスレチックコースみたいな感じでした。所々道幅が狭く草が伸びて道が見えにくくなっている上、道の真ん中に草に隠れて大きな石があるので、転ばないように注意が必要。

そこを超えると見晴らしのいい所に出ますが、左側はずっと崖。道も狭いので緊張しながら歩きます。船明神山の手前まで来て、低木の間を歩きながら少し下ります。岩の間をちょっとだけ登ると船明神山の向こう側に出ます。そこからまた崖の上ギリギリを進む感じの道が続きますので注意しながら進みます。

牛ノ背を通り、安達太良山への道では危険個所はないと思います。馬ノ背から鉄山まではまた砂の下り道なので、滑りやすいです。鉄山は登ったり下りたりしてる人が多いので、すれ違いと落石に注意です。

鉄山から石楠花の碑までは平らで歩きやすく危険個所はなしです。石楠花の碑からの道が少し分かりにくかったです。広い場所から少し下に下って断崖ギリギリの道を歩くので注意が必要。胎内岩をくぐってからは大岩の間を下り、開けたザレた道に出ます。そこから硫黄川に下りしばらく川沿いを歩きます。

分岐の標識から川を渡り、今度は船明神山の分岐地点まで登りになりますが、ペンキマークが薄くなっていて道が見つけにくかったので注意。硫黄川の手前の分岐点からそのまま真っ直ぐ行く道がありますが、そちらは現在通行禁止になっている方の道のようです。

手袋があるといいです。今回は最初の分岐辺りから最後までずっと使用しました。ストックもあると便利。
その他周辺情報土湯温泉共同浴場 サンスカイつちゆ(こけし湯)
115号線沿い・無料駐車場あり
利用料:大人250円
石ケン・シャンプーは無し(持ち込み利用可)
貴重品ロッカーあり(無料/100円必要・利用後お金が戻るタイプ)
詳細は→http://www.f-shikinosato.com/sunsky/

写真

5:10
道の駅つちゆの駐車場。すっきり晴れていいお天気!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:10
道の駅つちゆの駐車場。すっきり晴れていいお天気!
1
5:10
一切経と吾妻小富士と東吾妻山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:10
一切経と吾妻小富士と東吾妻山
2
5:24
道の駅つちゆから沼尻スキー場目指して出発。トイレはここが最後。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:24
道の駅つちゆから沼尻スキー場目指して出発。トイレはここが最後。
1
沼尻登山口前の駐車場。広々としてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼尻登山口前の駐車場。広々としてます。
1
6:28
沼尻登山口からスタート♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:28
沼尻登山口からスタート♪
1
鎮魂の碑。
有毒ガスで亡くなられた登山者のための碑とのこと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎮魂の碑。
有毒ガスで亡くなられた登山者のための碑とのこと
1
6:30
最初はのんびり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:30
最初はのんびり。
1
6:34
登山口から5分程の展望スペースにて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:34
登山口から5分程の展望スペースにて
1
6:34
展望台の後ろから階段道が始まります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:34
展望台の後ろから階段道が始まります。
1
7:12
胎内岩コースと船明神山コースとの分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:12
胎内岩コースと船明神山コースとの分岐
1
7:12
今日は船明神山から周るので右側へ進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:12
今日は船明神山から周るので右側へ進みます。
1
7:12
分岐から左側に進むと下の川まで下りてから向こう側の道がコース。今日は周回なので帰りはあっちを歩いて、ここに戻ります。なので、最後は登りになりますが…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:12
分岐から左側に進むと下の川まで下りてから向こう側の道がコース。今日は周回なので帰りはあっちを歩いて、ここに戻ります。なので、最後は登りになりますが…
1
7:19
アクロバティックな道が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:19
アクロバティックな道が続きます。
2
7:40
東吾妻から西大テンまでハッキリ見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:40
東吾妻から西大テンまでハッキリ見えます。
1
7:43
磐梯山がくっきり見えます☆
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:43
磐梯山がくっきり見えます☆
1
8:13
沼ノ平の景色が見えてきました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:13
沼ノ平の景色が見えてきました!
2
8:19
向かい側。ちょうど真ん中に鉄山避難小屋が見えます。帰りはあそこを歩くんだな〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:19
向かい側。ちょうど真ん中に鉄山避難小屋が見えます。帰りはあそこを歩くんだな〜
1
8:19
左から鉄山、安達太良山、奥は和尚山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:19
左から鉄山、安達太良山、奥は和尚山
1
8:34
沼ノ平、すごい迫力!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:34
沼ノ平、すごい迫力!
4
パノラマ写真で。
右側が登山道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマ写真で。
右側が登山道
2
8:34
登山道はこんな感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:34
登山道はこんな感じ。
2
8:35
左は崖。ここから右側に少し下ります。
写真の真ん中辺の白い帽子が私ですが、始め道が分からなくて、一回下ってから道が違うんじゃないかとここに登り直して、やっぱり合ってるからと、また下ってます…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:35
左は崖。ここから右側に少し下ります。
写真の真ん中辺の白い帽子が私ですが、始め道が分からなくて、一回下ってから道が違うんじゃないかとここに登り直して、やっぱり合ってるからと、また下ってます…
1
8:47
歩いてきた道を振り返って。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:47
歩いてきた道を振り返って。
1
8:51
岩の間を登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:51
岩の間を登ります。
1
8:52
こっちが登りでよかった〜帰りだったら大変だったかも…と、この時は思っていました。
帰りの反対側の道の下りは、さらにもっと大変ということをこの時は知らなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:52
こっちが登りでよかった〜帰りだったら大変だったかも…と、この時は思っていました。
帰りの反対側の道の下りは、さらにもっと大変ということをこの時は知らなかった。
2
8:58
鉄山避難小屋の向こうに箕輪山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:58
鉄山避難小屋の向こうに箕輪山
1
9:00
安達太良山を目指して
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:00
安達太良山を目指して
2
9:07
今日はずっと見晴らしがいい場所を歩いているので、風景が変わる度に「おおっー!」と喜びパシャパシャ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:07
今日はずっと見晴らしがいい場所を歩いているので、風景が変わる度に「おおっー!」と喜びパシャパシャ。
2
9:07
崖ギリギリの道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:07
崖ギリギリの道。
1
9:07
落っこちそうで…なるべく草側に寄って歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:07
落っこちそうで…なるべく草側に寄って歩く。
1
9:08
ロープが張ってありますが崖っぷち…今日は風もなくて良かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:08
ロープが張ってありますが崖っぷち…今日は風もなくて良かった。
1
9:10
石筵の分岐点。右に進み、牛の背へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:10
石筵の分岐点。右に進み、牛の背へ。
1
9:11
砂でズルズル、滑る滑る。
ワーワー言いながら下っていたら、朝、駐車場で話した方と会いました。反対側の胎内岩の方から周ってきて、もう安達太良山山頂まで行ってきたとの事。早い!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:11
砂でズルズル、滑る滑る。
ワーワー言いながら下っていたら、朝、駐車場で話した方と会いました。反対側の胎内岩の方から周ってきて、もう安達太良山山頂まで行ってきたとの事。早い!
1
9:11
安達太良山から矢筈森、鉄山、箕輪山。その後ろに吾妻の山並みも
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:11
安達太良山から矢筈森、鉄山、箕輪山。その後ろに吾妻の山並みも
1
9:29
安達太良山頂を目指して
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:29
安達太良山頂を目指して
1
9:49
安達太良山山頂!
私はここまで行けませんでしたが(涙)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:49
安達太良山山頂!
私はここまで行けませんでしたが(涙)
3
山頂からの眺め(見てないけど)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの眺め(見てないけど)
1
9:52
山頂をバックに。この辺は人がいっぱいで大混雑でしたが、この時はたまたま周りにあまり人がいなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:52
山頂をバックに。この辺は人がいっぱいで大混雑でしたが、この時はたまたま周りにあまり人がいなかった。
5
10:04
さっき来た道を今度は戻ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:04
さっき来た道を今度は戻ります。
2
10:11
左側にさっき歩いてきた道が見えます。この尾根を歩いてきたんだな〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:11
左側にさっき歩いてきた道が見えます。この尾根を歩いてきたんだな〜
1
10:13
火星みたいなイメージ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:13
火星みたいなイメージ
3
10:17
馬の背から鉄山に向かいます。砂の道で滑りまくりに耐えながら下りました。転ばなくて良かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:17
馬の背から鉄山に向かいます。砂の道で滑りまくりに耐えながら下りました。転ばなくて良かった。
1
10:17
ちょっと風があるけど、この前の一切経山の暴風に比べたら全然ないみたいなくらい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:17
ちょっと風があるけど、この前の一切経山の暴風に比べたら全然ないみたいなくらい。
1
10:22
「沼ノ平」の登山道使用禁止の看板
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:22
「沼ノ平」の登山道使用禁止の看板
1
10:25
雄大な景色を眺める♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:25
雄大な景色を眺める♪
1
10:25
後ろに安達太良山。歩いてきた馬の背をバックに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:25
後ろに安達太良山。歩いてきた馬の背をバックに。
2
10:28
今度は鉄山に登ります。石だらけの道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:28
今度は鉄山に登ります。石だらけの道。
1
10:39
鉄山。落石注意の看板がたくさんありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:39
鉄山。落石注意の看板がたくさんありました。
1
10:44
鉄山から鉄山避難小屋へ歩きます。写真の真ん中辺りにポツンとあるのが避難小屋。右は箕輪山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:44
鉄山から鉄山避難小屋へ歩きます。写真の真ん中辺りにポツンとあるのが避難小屋。右は箕輪山。
1
10:49
鉄山避難小屋に着きました。可愛い♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:49
鉄山避難小屋に着きました。可愛い♪
2
でも満員だったので中には入らず、外観写真だけ。トイレ・水場なし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも満員だったので中には入らず、外観写真だけ。トイレ・水場なし。
1
11:00
避難小屋横で昼食。
今日はミニあんぱん。2個食べました☆
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:00
避難小屋横で昼食。
今日はミニあんぱん。2個食べました☆
2
11:09
プロペラの所に来ました。向こうに磐梯山がくっきり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:09
プロペラの所に来ました。向こうに磐梯山がくっきり。
1
プロペラは石楠花の塔。飛行機事故の慰霊碑。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プロペラは石楠花の塔。飛行機事故の慰霊碑。
2
11:23
どっちから見ても壮観な眺め。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:23
どっちから見ても壮観な眺め。
3
11:25
向かい側は朝、登ってきた道だな〜って,何回も思いながら歩く周回コースって面白い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:25
向かい側は朝、登ってきた道だな〜って,何回も思いながら歩く周回コースって面白い。
1
11:25
一瞬、道がどこか分からない感じの場所。広いのでどっちにも行けそう。〇印を見ながら進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:25
一瞬、道がどこか分からない感じの場所。広いのでどっちにも行けそう。〇印を見ながら進みます。
1
11:34
断崖絶壁の道。ここで下から登ってきた登山の方とすれ違い「反対側から登ってきたんですか?あっちも大変ですか?」と聞かれました。「あっちはそんなに大変ではなかったと思いますよ」と答えましたが、何となくこっちは大変なのだな〜という予感。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:34
断崖絶壁の道。ここで下から登ってきた登山の方とすれ違い「反対側から登ってきたんですか?あっちも大変ですか?」と聞かれました。「あっちはそんなに大変ではなかったと思いますよ」と答えましたが、何となくこっちは大変なのだな〜という予感。
1
11:35
下方に湯の花採取場が見えます。ここからそこまで下りていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:35
下方に湯の花採取場が見えます。ここからそこまで下りていきます。
1
11:38
登山道を上から写しました。ロープありますが、足のすぐ横にいきなりこの隙間…もしここで転んでこの隙間に落っこちたら…怖すぎる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:38
登山道を上から写しました。ロープありますが、足のすぐ横にいきなりこの隙間…もしここで転んでこの隙間に落っこちたら…怖すぎる
2
11:39
景色はいいけど、足元は崖で岩と岩の間に隙間。怖いので、あまり色々想像しないようにしています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:39
景色はいいけど、足元は崖で岩と岩の間に隙間。怖いので、あまり色々想像しないようにしています。
1
11:40
道が無くなった!?と思ったら、下にあった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:40
道が無くなった!?と思ったら、下にあった。
2
11:41
胎内岩に着いたようです。写真真ん中の白い↓の下をくぐります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:41
胎内岩に着いたようです。写真真ん中の白い↓の下をくぐります。
2
胎内岩の入り口
狭い…
怖い…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
胎内岩の入り口
狭い…
怖い…
1
リュック降ろさないと通れないかな?と思いながら…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リュック降ろさないと通れないかな?と思いながら…
1
何とか背負ったまま通り抜け出来ました♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか背負ったまま通り抜け出来ました♪
1
何とか通ったけど、予想以上に狭かったです。「今たまたま大岩が落ちたら終わりだな」とけっこう怖かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか通ったけど、予想以上に狭かったです。「今たまたま大岩が落ちたら終わりだな」とけっこう怖かった。
4
ダンナさんも岩くぐり。出てきたとこ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダンナさんも岩くぐり。出てきたとこ
3
胎内岩くぐりの次はここを下りますが、幅が狭い上に凄く急でどうやって下りればいいのかと、けっこう苦労しながら後ろ向きになってやっとこさで下りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
胎内岩くぐりの次はここを下りますが、幅が狭い上に凄く急でどうやって下りればいいのかと、けっこう苦労しながら後ろ向きになってやっとこさで下りました。
3
12:04
さっきの所よりは高さがないけど、全体的にこんな感じの下り道。逆コースだったら登りですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:04
さっきの所よりは高さがないけど、全体的にこんな感じの下り道。逆コースだったら登りですね。
1
12:20
大きな岩の間の下り道がやっと終わりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:20
大きな岩の間の下り道がやっと終わりました。
1
さっきまでいた場所を見上げて。こっちのコースから登ったらやっぱりキツかったかも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっきまでいた場所を見上げて。こっちのコースから登ったらやっぱりキツかったかも。
1
12:27
今度は砂と小石の道。ここもやっぱり怖い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:27
今度は砂と小石の道。ここもやっぱり怖い。
1
滑らないようにと恐々歩いているので、気持ちも身体も山側に寄ってしまう(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑らないようにと恐々歩いているので、気持ちも身体も山側に寄ってしまう(笑)
2
12:37
だいぶ下まで下りてきました。写真左側に胎内岩↑の案内。登りの場合は↑方向へ進むということですね。。。と、下りて来た道を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:37
だいぶ下まで下りてきました。写真左側に胎内岩↑の案内。登りの場合は↑方向へ進むということですね。。。と、下りて来た道を振り返る。
1
12:43
沼ノ平立ち入り規制の立札。硫黄の匂いがすごいので、無風の時は危険そうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:43
沼ノ平立ち入り規制の立札。硫黄の匂いがすごいので、無風の時は危険そうです。
1
12:47
下から見ても凄い眺め。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:47
下から見ても凄い眺め。
2
12:59
硫黄川沿いを歩きます。落石注意の看板がたくさんある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:59
硫黄川沿いを歩きます。落石注意の看板がたくさんある。
1
13:08
分岐点まで到着。左側の〇印が今下りて来た登山道です。右側は湯の花採取場の方へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:08
分岐点まで到着。左側の〇印が今下りて来た登山道です。右側は湯の花採取場の方へ。
1
13:08
登山道の標識。川を渡って向かい側に行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:08
登山道の標識。川を渡って向かい側に行きます。
1
13:10
今までずっとザレザレで気持ちが疲れてた(脚も)ので、平らな木道が歩きやすくてホッとします♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:10
今までずっとザレザレで気持ちが疲れてた(脚も)ので、平らな木道が歩きやすくてホッとします♪
1
13:10
熱くないって。
ここは川だからですかね。上のパイプの方はかなり高温そうでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:10
熱くないって。
ここは川だからですかね。上のパイプの方はかなり高温そうでした。
2
13:23
最後の登り。川から展望台までの高さへ一気に登るのでけっこう急で長い。最後の最後で今日一番汗かきました。さっきの川の所から登り道に入る所が不明瞭でしばらく探してたので、余裕がなかったためその間の写真がありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:23
最後の登り。川から展望台までの高さへ一気に登るのでけっこう急で長い。最後の最後で今日一番汗かきました。さっきの川の所から登り道に入る所が不明瞭でしばらく探してたので、余裕がなかったためその間の写真がありません。
1
13:28
登り道が終わって、船明神コースとの分岐点に着きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:28
登り道が終わって、船明神コースとの分岐点に着きました。
1
14:00
駐車場に無事到着!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:00
駐車場に無事到着!
1
帰りは土湯温泉共同浴場のサンスカイつちゆに寄りました。115号線を福島方面に進んで途中に「こけし湯」という看板がありました。湯の花が浮かんだまろやかなお湯でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは土湯温泉共同浴場のサンスカイつちゆに寄りました。115号線を福島方面に進んで途中に「こけし湯」という看板がありました。湯の花が浮かんだまろやかなお湯でした。
3

感想/記録
by ku-p

しばらくガスで景色の見られない山登りが続いていたので、今回は朝から快晴のウキウキスタートになりました。息子は実家で預かってもらったので、ちょっと遠出して安達太良山へ(仙台からは一般道利用で車で3時間位)。

大人気の山とのことなので混んでそうなロープウェイのある奥岳登山口ではなく何となくあまり混んでないのでは?という予想で沼尻登山口から。でも駐車場に着くと意外に(失礼)!?停まってる車も多く、私達が準備している間にも次々に車が入って来る!白糸の滝の展望台もあるので観光の方も多いようです。

行きを船明神山コースにしたのは、地図を見て崖の側を歩くようなので、帰りだともしかして疲れて転んで落ちたら嫌だな…と、ちょっと不安に思ったということもありました。最後は登りになりますが、少しみたいだし最後の気力で頑張れるかなと。あと、事前に調べた感じでは、胎内岩くぐりのコースから登ると、船明神山のコースよりも1時間多くかかるようだったため、今回は船明神山の方を登りにしました。胎内岩の方は多分登りが大変なんだろうなーと想像していたのですが、そういう所は下りも大変なんですね。大岩の間は身体全体を使ってものすごく苦労しながら下った感じがします。後ろ向きになって「落っこちる〜」と思いながら、夫に「左足もう少し下、次右足をこっちにかけて」と誘導してもらい、何とかかんとか下りた所も2カ所程。

でも、同じコースを短パン・ショートパンツのトレランの方々がバンバン走っていたので、やっぱり運動不足・筋力不足&年齢か…とちょっと落ち込む。トレランの大会が近々あるようで、練習の方?がたくさん走っていましたが、ちょっと聞いたところ1日50kmとか走るとのこと!びっくり!身体の鍛え方が全然違うのでしょうね。

今回のコースは尾根伝いに登っていく眺めのいいコースで、沼ノ平の迫力満点の絶景がずっと見られてとても素晴らしいコースでした。ただ、眺めがいい分、崖ギリギリという所も多かったので、下りてきてから思い出してちょっと怖くなっていました。歩いてる時は一生懸命なので、あまり怖さを感じなかったのですが^^;

心残りは安達太良山の山頂(乳首)に行けなかったこと(涙)
最初にぐるーっと全体を見てから登ればよかったのですが、進んできた所からいきなり登った所が私にはかなりハードな岩登りみたいな場所で。「もう終わりだ。。。こんなに怖い所だとは思わなかった」と泣きそうになりながらやっとよじ登って横を見たら、誰でも普通に2〜3歩で同じ場所まで登って来れる道があった。。。そっちが正規の道だったみたいで私がよじ登った所はその横の道じゃないただの岩だったみたいです。でも夫は普通にヒョイヒョイと登れているので単なる運動音痴の言い訳になりますが。。。

「鎖の所を登ればもう頂上だよ」ということで上にたくさん人が歩いているのが見えたのですが、登ったら下りないといけないと思ったら怖くてそれ以上行けず。。。「実力不足だから無理」と下に下りて振り返って山頂を見たらハシゴもある!えーーっ!と思いましたが、もう気が抜けているので登る気になれず、山頂は次回にとあきらめました。でも残念なのはそこだけで、歩いたコース全体がまるでアドベンチャーランドのようなバラエティーに富んだ面白いコースに大満足でした。

登ったり下ったりが全身運動のような行程も多かったので、登山が終わって駐車場に着いた時はズボンの膝に穴が開いていました。岩にぶつけて膝には黒血もあったし。あと脚に擦り傷が5カ所程。山ですれ違ったトレランの女の子はショートパンツで生足だったけど大丈夫なんだろうかと思ったりしましたが、そもそも歳も鍛え方も違うからきっと何も問題ないんだろうな〜。

山道では緊張していたので駐車場までは普通に歩いて、今日はまだまだ大丈夫だなと思っていましたが、帰りの温泉に入る時はもう気が緩んだせいか、足が動かない感じ^^;やっぱりけっこう疲れていたみたいです。
訪問者数:250人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2017/11/8
投稿数: 0
2018/8/22 8:02
 初めまして^ ^
晴天☀️の安達太良山⛰、すごい綺麗な景色ですねー^_^お疲れ様でしたm(_ _)m
来月9月2日の安達太良トレイルランレースに私も参加するんですが、とても参考になりました✨ありがとうございます😊
ちなみに私は安達太良山⛰は初めて登る事になるんですが、完走出来るかヒジョーにビミョーです(笑)
登録日: 2018/7/4
投稿数: 4
2018/8/22 9:15
 Re: 初めまして^ ^
kazubegaさん!コメントありがとうございます。初めまして☆
来月の安達太良のトレイルランレースに参加されるのですね!
安達太良山は私も初めて行きましたが、福島の街が一望できるのとか人がたくさんいるとことか地元の人に愛されているみたいな雰囲気が泉ヶ岳みたいだなと思いました。紅葉もきれいだそうなのでまた違う時期に違うコースを歩いてみたいです。

私は最近山歩きを始めて今のところ「怪我しない」が目標みたいなものなので、のんびり歩きで、何で同じ道をそんなスピードで行けるのか とトレランの練習の方々のスピードにびっくりしました しかも長い距離をはしるんですもんね。

kazubegaさんすごく長い距離とても速く走られてますもんね レコを見て凄いな〜と驚いていました。練習&レース頑張ってくださいね。天気もいいといいですねー応援しています

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ