また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1578078 全員に公開 ハイキング 甲信越

子檀嶺岳→冠着山 [信州100]

情報量の目安: B
-拍手
日程 2018年09月06日(木) ~ 2018年09月07日(金)
メンバー
天候9月5日(水) 晴れ 後 曇り
9月6日(木) 曇り 一時晴れ
9月7日(金) 曇り 時々雨
9月8日(土) 雨
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク
9月5日(水)
自宅6:00⇒<マイカー>⇒道の駅きたかわべ・道の駅おおた・道の駅こもち・道の駅やんば⇒鳥居峠⇒道の駅あおき⇒田沢温泉・有乳湯で入浴⇒17:45道の駅あおき

9月6日(木)
    <道の駅〜子檀嶺岳〜修那羅峠〜冠着荘>

9月7日(金)
    <冠着荘〜冠着山〜戸倉駅>
⇒15:04<しなの鉄道\330−>15:19⇒上田駅⇒16:13<バス>⇒村松BS〜道の駅あおき⇒<マイカー>⇒くつろぎの湯で入浴⇒18:30道に駅あおき

9月8日(土)
5:30⇒<マイカー>⇒道の駅雷電・道の駅しもにた・道の駅おおた⇒12:25自宅

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間58分
休憩
45分
合計
8時間43分
Sスタート地点05:3006:17青木村招魂社06:1808:44仏岩08:4509:40子檀嶺岳10:0310:46子檀嶺岳登山道ー岳の平方面分岐10:4910:50田沢嶺裏コース登山口11:28修那羅県道駐車場12:01安宮神社12:1112:19安宮神社駐車場12:2614:13草湯温泉 冠着荘 
2日目
山行
6時間45分
休憩
17分
合計
7時間2分
草湯温泉 冠着荘 07:5911:18冠着山11:3011:55第四展望台14:56戸倉駅15:0115:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
9月6日(木)
出発5:30…青木村招魂社入口6:10…湯坂山7:20…登山道合流8:40…9:40子檀嶺岳[信州100]10:05…田沢嶺浦コース登山口10:50…安宮神社(石仏群)12:10…氷室砂防ダム13:00…14:15冠着荘

9月7日(金)
出発8:00…冠着駅8:50…西尾根取付10:30…11:20冠着山[信州100]11:30…坊城平いこいの森P12:10…不動尊の滝12:35…ネットゲート13:30…15:00戸倉駅

================================
出発時刻/高度: 05:30 / 529m
到着時刻/高度: 15:01 / 376m
合計時間: 33時間31分
行動時間=10時間05分+7時間06分=17時間11分
合計距離: 36.04km
行動時間=16.0Km+20.0Km
最高点の標高: 1224m
最低点の標高: 368m
累積標高(上り): 1743m
累積標高(下り): 1882m
================================
コース状況/
危険箇所等
子檀嶺岳の南尾根
 招魂社入口〜村松西洞コース合流点の南尾根は「きのこ山」とされているので、キノコの収穫時期に歩くのは避けた方がよいです。
なお ここの踏み跡は 薄いです。

冠着山の西尾根
 この尾根は 踏み跡は薄いですが、特に危険な箇所はありませんでした。
その他周辺情報冠着荘
http://www.kamurikiso.jp/

安宮神社
http://kazesasou.com/hotoke_sin/15_tikuhoku_ueta_toumi/_tikuhoku_253_jyonaratouge.html

田沢温泉・有乳湯
http://www.vill.aoki.nagano.jp/assoc/hotsprig/hotspring2.html

くつろぎの湯
http://www.vill.aoki.nagano.jp/assoc/hotsprig/hotspring2.html
過去天気図(気象庁) 2018年09月の天気図 [pdf]

写真

これから 登る子檀嶺岳。
2018年09月06日 05:47撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから 登る子檀嶺岳。
1
青木村役場の奥にある招魂社入口。
ここから 尾根を辿って子檀嶺岳へ。
2018年09月06日 06:09撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青木村役場の奥にある招魂社入口。
ここから 尾根を辿って子檀嶺岳へ。
村松西洞コースの登山道に合流。
ココまでの尾根は 「きのこ山」のため注意が必要です。
2018年09月06日 08:37撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
村松西洞コースの登山道に合流。
ココまでの尾根は 「きのこ山」のため注意が必要です。
十観山から保福寺峠への山並み。
2018年09月06日 09:10撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十観山から保福寺峠への山並み。
子檀嶺岳山頂。
2018年09月06日 09:41撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子檀嶺岳山頂。
2
山頂での展望。
2018年09月06日 09:42撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂での展望。
1
山頂での展望。
2018年09月06日 09:55撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂での展望。
山頂での展望。
2018年09月06日 09:57撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂での展望。
修那羅峠へ向かうので、田沢嶺浦コースへ。
2018年09月06日 10:06撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
修那羅峠へ向かうので、田沢嶺浦コースへ。
1
ここから 林道となりました。
2018年09月06日 10:25撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから 林道となりました。
林道ゲート。
2018年09月06日 10:50撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道ゲート。
修那羅峠から石仏群を見るため安宮神社へ。
2018年09月06日 11:28撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
修那羅峠から石仏群を見るため安宮神社へ。
東屋がありました。
ここで 一休みしました。
2018年09月06日 11:41撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東屋がありました。
ここで 一休みしました。
安宮神社に到着。
2018年09月06日 12:02撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安宮神社に到着。
この神社の周辺には 数多くの石仏がありました。
2018年09月06日 12:05撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この神社の周辺には 数多くの石仏がありました。
1
安宮神社の駐車場から旧参道らしい道を辿り下りました。
2018年09月06日 12:33撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安宮神社の駐車場から旧参道らしい道を辿り下りました。
氷室砂防ダム。
2018年09月06日 13:01撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷室砂防ダム。
県道12号線と合流する地点の氷室集落に安宮神社の入口となっていました。
ここには 立派な石灯籠が道路を挟んで2基ありました。
ここから県道12号線を辿って、今晩の宿「冠着荘」となります。
2018年09月06日 13:27撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道12号線と合流する地点の氷室集落に安宮神社の入口となっていました。
ここには 立派な石灯籠が道路を挟んで2基ありました。
ここから県道12号線を辿って、今晩の宿「冠着荘」となります。
1
朝食を済まして、宿を出発する頃は 小雨でした。
2018年09月07日 08:28撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝食を済まして、宿を出発する頃は 小雨でした。
冠着駅。
天候が悪化となれば、ここから電車で上田に戻る予定でしたが、幸い青空が雲の隙間から覗き始めたので、このまま冠着山を歩くことにしました。
2018年09月07日 08:49撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冠着駅。
天候が悪化となれば、ここから電車で上田に戻る予定でしたが、幸い青空が雲の隙間から覗き始めたので、このまま冠着山を歩くことにしました。
なぜか、懐かしい田園風景でした。
2018年09月07日 09:03撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なぜか、懐かしい田園風景でした。
1
冠着山の西尾根の取付。
ここから 本格的な登山となりました。
踏み跡は 薄かったです。
2018年09月07日 10:29撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冠着山の西尾根の取付。
ここから 本格的な登山となりました。
踏み跡は 薄かったです。
コンクリート構造物に遭遇。
さらに 登りました。
2018年09月07日 10:56撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コンクリート構造物に遭遇。
さらに 登りました。
正規の登山道に合流。
ここからは 楽になりました。
2018年09月07日 11:02撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正規の登山道に合流。
ここからは 楽になりました。
冠着山の山頂。
2018年09月07日 11:28撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冠着山の山頂。
1
坊城平いこいの森の駐車場。
ここには 公衆トイレがありました。
2018年09月07日 12:09撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坊城平いこいの森の駐車場。
ここには 公衆トイレがありました。
神社脇にある道祖神。
2018年09月07日 13:45撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社脇にある道祖神。
昨年の6月に ここ大正橋から冠着山を歩きました。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1165104.html
2018年09月07日 14:34撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年の6月に ここ大正橋から冠着山を歩きました。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1165104.html
大正橋から冠着山方向の山。
2018年09月07日 14:36撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大正橋から冠着山方向の山。
戸倉駅に到着。
ここからは 電車とバスを乗り継いで車を置いてある「道の駅あおき」へ。
2018年09月07日 14:56撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸倉駅に到着。
ここからは 電車とバスを乗り継いで車を置いてある「道の駅あおき」へ。
撮影機材:

感想/記録
by Yoshi3

 今回の山行は「信州百名山」である子檀嶺岳と冠着山との踏み跡連結が目的で歩きました。
どちらの山も別ルートで これまでに歩いていました。

具体的には 昨年の6月に冠着山を歩きました
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1165104.html
また 子檀嶺岳は 2014年4月に
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-429923.html
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:467人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ