また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1600442 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走日光・那須・筑波

芝草山(北峰の方が三角点のある南峰より高い!)

日程 2018年09月13日(木) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道(121)号線で中三依から入山沢沿いの道を北東に入り、中の沢出合付近に数台駐車できる。登山口はそこから20mほど。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち36%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間15分
休憩
23分
合計
3時間38分
Sスタート地点07:3109:38芝草山10:0111:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
中の沢林道入口0734―0735芝草山登山口(登山ポスト記入)0739―0812送電鉄塔(塩原線No.33号)0813―0819送電線巡視路分岐(塩原線No.34号へ)0822―0856大岩固定ローブ―0933芝草山・三角点(1341.7m)峰(⇔0953北峰0956、こちらの方が高い約1355m)1002―1027大岩固定ローブ―1048送電線巡視路分岐―1052送電鉄塔(塩原線No.33号)―1109芝草山登山口―1110中の沢林道入口
コース状況/
危険箇所等
南峰(三角点峰)までは一般登山道。北峰方面へ縦走する人は少ないようで、藪化が始まっている。
過去天気図(気象庁) 2018年09月の天気図 [pdf]

写真

中の沢を渡ったところ。中央の砂利道が中の沢林道。登山口は左の舗装道路を少し進んだところにあります。
2018年09月13日 07:34撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中の沢を渡ったところ。中央の砂利道が中の沢林道。登山口は左の舗装道路を少し進んだところにあります。
登山届を出すポスト。小型冷蔵庫を再利用しているようです。荒海山の登山届と共用と記載されていました。
2018年09月13日 07:35撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山届を出すポスト。小型冷蔵庫を再利用しているようです。荒海山の登山届と共用と記載されていました。
1
最初のうちは送電線巡視路となっているので、大変歩きやすい。
2018年09月13日 07:40撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初のうちは送電線巡視路となっているので、大変歩きやすい。
塩原線No.33の鉄塔基部を通過します。
2018年09月13日 08:12撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩原線No.33の鉄塔基部を通過します。
さらに先にはNo.34鉄塔があるということですね。
2018年09月13日 08:16撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに先にはNo.34鉄塔があるということですね。
No.34鉄塔に至る手前で登山道が右に分かれています。ここからは道が狭くなります。
2018年09月13日 08:19撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
No.34鉄塔に至る手前で登山道が右に分かれています。ここからは道が狭くなります。
この標識があるところ。
2018年09月13日 08:22撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この標識があるところ。
樹相はこんな感じ。
2018年09月13日 08:29撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹相はこんな感じ。
大岩の基部につきました。
2018年09月13日 08:54撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩の基部につきました。
やや左手側から巻くように急坂を登ります。固定ロープあり。
2018年09月13日 08:56撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やや左手側から巻くように急坂を登ります。固定ロープあり。
振り返ると高原山が見えました。
2018年09月13日 09:03撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると高原山が見えました。
三角点のある山頂に到着。
2018年09月13日 09:33撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点のある山頂に到着。
山名標識はちょっぴり離れたところに。
2018年09月13日 09:35撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山名標識はちょっぴり離れたところに。
1
(南西方向)左端に根名草山、中央奥の鋭い小ピークは燕巣山、右に鬼怒沼山、黒岩山(中央分水嶺)。
2018年09月13日 09:37撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(南西方向)左端に根名草山、中央奥の鋭い小ピークは燕巣山、右に鬼怒沼山、黒岩山(中央分水嶺)。
1
北峰に向かいます。途中、南側の見晴らしが良い場所がありました:(南南西方向)奥から顔を出しているのが女峰山。
2018年09月13日 09:44撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰に向かいます。途中、南側の見晴らしが良い場所がありました:(南南西方向)奥から顔を出しているのが女峰山。
2
(南方面)左端に高原山(鶏頂山)。中央やや右寄りの一番奥のピークは月山。
2018年09月13日 09:45撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(南方面)左端に高原山(鶏頂山)。中央やや右寄りの一番奥のピークは月山。
(南東方面)右奥に高原山。
2018年09月13日 09:45撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(南東方面)右奥に高原山。
(東方面)樹木の奥に日留賀岳・大佐飛山。
2018年09月13日 09:45撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(東方面)樹木の奥に日留賀岳・大佐飛山。
1
北峰には何の標識もありませんでした。その先の下りも樹林帯が濃く、肝心の北側(中央分水嶺側)の展望が得られません(泣)
2018年09月13日 09:47撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰には何の標識もありませんでした。その先の下りも樹林帯が濃く、肝心の北側(中央分水嶺側)の展望が得られません(泣)
北西側に生い茂る樹木の間を見つけて、何とか撮影した荒海山(中央分水嶺)の山頂とそこから北東に伸びる山稜。どうしてももう一度は行かねばならない山稜です。
2018年09月13日 09:51撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北西側に生い茂る樹木の間を見つけて、何とか撮影した荒海山(中央分水嶺)の山頂とそこから北東に伸びる山稜。どうしてももう一度は行かねばならない山稜です。
2
(東方向)大佐飛山・日留賀岳などの山塊。写真の一番端に男鹿岳(中央分水嶺)の片りん。
2018年09月13日 09:55撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(東方向)大佐飛山・日留賀岳などの山塊。写真の一番端に男鹿岳(中央分水嶺)の片りん。
2
紅葉&黄葉のはしり。
2018年09月13日 09:56撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉&黄葉のはしり。
北峰直下から見る南峰。どうも、あちらの方が低く見えるぞぃ。
2018年09月13日 09:57撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰直下から見る南峰。どうも、あちらの方が低く見えるぞぃ。
1
南峰(三角点峰)に戻りました。
2018年09月13日 10:02撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰(三角点峰)に戻りました。
眼下に三依の集落。背後には高原山(うっすらと山頂を見せているのは鶏頂山)。
2018年09月13日 10:24撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に三依の集落。背後には高原山(うっすらと山頂を見せているのは鶏頂山)。
送電線を見下ろすと、途中で分岐していることが分かります。
2018年09月13日 10:26撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電線を見下ろすと、途中で分岐していることが分かります。
大岩に戻ってきました。
2018年09月13日 10:27撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩に戻ってきました。
固定ローブが助かります。
2018年09月13日 10:27撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
固定ローブが助かります。
送電線巡視路に合流。
2018年09月13日 10:48撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電線巡視路に合流。
鉄塔まで戻りました。
2018年09月13日 10:52撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔まで戻りました。
登山口に無事下山しました。
2018年09月13日 11:09撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に無事下山しました。
中三依集落から振り返る芝草山。左手前の小ピークが大岩。
2018年09月13日 11:37撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中三依集落から振り返る芝草山。左手前の小ピークが大岩。
撮影機材:

感想/記録

南会津の大博多山に登った翌日、斉藤山にでも登ろうかと思っていたのですが、雨が降り出していたので、急遽方針変更。雨雲レーダーと相談して、栃木県まで南下し、中三依にある芝草山(栃木百名山の1つ)に変更しました。お目当ては、荒海山を南東側から観察すること。ところが、山頂付近の樹林が北西方向の展望を完全にさえぎってしまっていて、ドローンでも飛ばさない限り見えそうにありません。北峰まで行って、なんとか雲をまとった荒海山山頂の雄姿を写真に収めましたが、この時にどうも北峰の方が高いのではないかと感じました。下山後、GPSログを精査してみると、南峰(三角点1,341.7m)は1,342m、一方、北峰は1,355mと計測されていました! ということで、何か大発見でもしたような気分の余韻を楽しみながら、塩原温泉・華の湯で汗を流してから帰京しました。
訪問者数:227人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 三角点 GPS 紅葉 高原 分水嶺 温泉 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ