また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 166797 全員に公開 ハイキング支笏・洞爺

四十三山(よそみやま) 洞爺湖有珠山ジオパーク勉強会

日程 2010年11月13日(土) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

9:19 市街地わきの散策路入口からスタート
11:09 四十三山山頂を通過
11:44 旧北大観測所で待機中のバス乗り、山行終了
過去天気図(気象庁) 2010年11月の天気図 [pdf]

写真

市街地の脇からスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市街地の脇からスタート
1
倒木にはあえて手をつけない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木にはあえて手をつけない
四十三山のピーク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四十三山のピーク
1
カラマツが現れてくる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラマツが現れてくる
マイスターの解説
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイスターの解説
旧北大観測所そば
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧北大観測所そば

感想/記録

洞爺湖有珠山ジオパーク勉強会に娘と参加してきました。
http://www.iburi.pref.hokkaido.lg.jp/ts/tss/sesaku/volcano-meister

そのなかで四十三山(よそみやま)登山もありました。
四十三山は1910年の噴火でできた山であり、今年で生誕100年になるそうです。
明治新山とも呼ばれています。

この噴火により温泉が見つかり、現在の洞爺湖温泉街の発展につながりました。
標高はたかだか250m程度の低山ですが、今も山麓から源泉を供給する貴重な場所です。

共同一号泉でマイスターによる解説がありました。
当日の源泉の温度は49.5℃。pHは6.7でした。
泉質はナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉だそうです。

希望者のみ源泉を飲みました。娘はなぜか固辞しましたが、
源泉に対してフェアでありたいと考える私はたくさん飲みました。
しかしながら、薄い塩分の中にほんわりと堅ゆで卵のにおいと味が混じった、
お世辞にも美味しいとはいいがたい、微妙な味でした。

この付近にはたくさんの火口があったようですが、
すでに樹木が生い茂り、火口らしさは全くありませんでした。
100年の重みを感じました。

山頂までドロノキが多かったです。そしてドロノキの倒木も多かったです。
マイスターの解説によりますと、もうこの山にドロノキは生えてこないそうです。
100年前の焼け野原から始まり、10年くらいかけて草地になり、
そこから明るいところを好むドロノキなどの林になり、
そこから徐々に、ミズナラやトドマツなどに置き換わっていくそうです。

山頂から反対斜面を降りて第28火口付近を目指すと、今度はカラマツが多くなりました。


以下、山行報告です。

9:19 市街地わきの散策路入口からスタート。

9:31 西丸山山頂(地形図の標高166m地点)で停止。
マイスターによる植生の講義。

その後、西丸山と四十三山の間にある共同一号泉に寄り、
マイスターによる温泉の講義。その後、四十三山に登る。

11:09 四十三山山頂を通過。この山はピークが二つあり、
三角点と展望台があるのはもう一方のピーク。
ただし、地形図では今回の山頂のほうが標高が高いように見受けられます。
(今後、再訪して検証予定)

その後、第28火口付近に進み、マイスターによる火山の講義。

11:44 旧北大観測所で待機中のバス乗り、山行終了。

総時間2時間24分。距離3.05km。平均速度1.3km/h。
消費カロリー583kcal。(平均心拍数91拍/分,総重量73kg[体重62kg],身長172cm)

下記URLにGPSトラック、歩行記録、写真を載せてみました。
http://yamasansaku.iiyudana.net/yosomiyama_101113.html


以下、その他の勉強内容です。

洞爺湖ビジターセンターにて「溶岩ドーム製作の実験」がありました。
ココアパウダーを土壌に、チョコレートとクリームの混合物をマグマに見立て、
下部から注射器でマグマを注入して溶岩ドームを製作しました。

製作したマグマが、その後の時間経過につれて降温して、
それによって粘度(viscosity)が増加していくこと、及び、
マグマの注入速度、注入量が主たるパラメータとなり、
参加者それぞれの溶岩ドームが形成されたものであると思われます。

宇井忠英 北海道大学名誉教授の目視判定によりますと、娘チームが製作の溶岩ドームは、
アメリカ ワシントン州セントヘレンズ火山の1980年から1986年にかけて
形成された溶岩ドームによく似ているそうです。


謝辞
このイベント(胆振総合振興局)は、そうべつエコミュージアム友の会からのDMで知りました。
昨年、昭和新山登山会(友の会)で、娘が学校行事で参加できなかったことを覚えてくださいました。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-55116.html

この場を借りて御礼申し上げます。
訪問者数:2067人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ