また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1669300 全員に公開 ハイキング 大峰山脈

勝負塚山 厳しい山でした

情報量の目安: B
-拍手
日程 2018年12月02日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
169号線上多古から林道10分
169号線は道の駅川上より1kmのトンネルが工事のために通行止め
迂回路は大滝ダムの対岸で一方通行のために10分間位待ちます
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間1分
休憩
33分
合計
6時間34分
Sスタート地点08:4908:55赤い橋08:5609:50イツボ谷水平道終点10:0010:41840m5合目10:4211:00尾根12:08勝負塚山12:2713:58840m5合目14:0014:30水平道終点15:16赤い橋15:23ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは現地にはありません。道の駅川上にあります。
急登続きに危険なトラバース多数でした。登りであまりきついので、撤退も考えました。
イツボ谷に沿った水平道 狭いトラバース、滝を渡るところなど危険個所多数、登り始めてすぐにルートを失い、ガケをよじ登りました。
帰りに正規ルートを見つけましたがここも狭いトラバースと作業用のワイヤーを使っておりました。ここはまだ序ノ口でした。

イツボ谷から840m地点まで つづれおりの急登続き、曲がりの所は黄色テープあり、谷を渡るところは、緊張します。踏み跡薄い、剪定の木で覆われていて分かりにくいところや、ズルズルの狭い斜面が続きます。落ちたらアウトのところ多い。ロープを持参すればいいところです。緊張する場面が連続します。狭いトラバースは連続、足元はズルズルで不安定。ここがメイン

840m地点から山頂 尾根歩きですが、急登続き、岩場もあり上に上がるとアシビの木、シャクナゲの木の藪漕ぎ続きます。4駆で登るところもあります。
その他周辺情報杉の湯 モンベルカード提示で600円
18時まで受付 1時間伸びた?
過去天気図(気象庁) 2018年12月の天気図 [pdf]

写真

奥の山が勝負塚山
2018年12月02日 08:51撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の山が勝負塚山
12
赤い橋を渡り左の登り口へ
2018年12月02日 08:55撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤い橋を渡り左の登り口へ
3
階段 人口物はここまで
2018年12月02日 09:04撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段 人口物はここまで
6
堰堤横から登ります。目印
2018年12月02日 09:05撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤横から登ります。目印
4
荒れています
すぐに道を見失う
2018年12月02日 09:09撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒れています
すぐに道を見失う
1
道じゃないところから上がってきました。
2018年12月02日 09:18撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道じゃないところから上がってきました。
4
谷を渡ります。
谷に下りる時はクライムダウンで
2018年12月02日 09:23撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷を渡ります。
谷に下りる時はクライムダウンで
3
ワイヤーのあるところを渡りました
2018年12月02日 09:27撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワイヤーのあるところを渡りました
3
梯子
岩があるので、これを登るしかありません
2018年12月02日 09:39撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梯子
岩があるので、これを登るしかありません
7
出ているところは腐っていてバキッと折れました
2018年12月02日 09:40撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出ているところは腐っていてバキッと折れました
8
岩を削って道が作られています
狭いトラバースも2か所あり
2018年12月02日 09:42撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩を削って道が作られています
狭いトラバースも2か所あり
7
つづれおりの坂 曲がりの所にテープ
2018年12月02日 10:04撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つづれおりの坂 曲がりの所にテープ
1
みちが分からないとき見渡すとどこかにテープ類が見つかります
2018年12月02日 10:06撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みちが分からないとき見渡すとどこかにテープ類が見つかります
4
谷を渡ってテープあり
2018年12月02日 10:11撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷を渡ってテープあり
2
狭いトラバースと急登続き、
2018年12月02日 10:17撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭いトラバースと急登続き、
4
840m地点10:41
5合目と書いてあります
2018年12月02日 10:41撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
840m地点10:41
5合目と書いてあります
6
シャクナゲの藪
2018年12月02日 11:16撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲの藪
1
勝負塚山のピークはあの向こうでした
2018年12月02日 11:19撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
勝負塚山のピークはあの向こうでした
9
岩を巻きます
2018年12月02日 11:23撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩を巻きます
1
勝負塚山到着12:11
2018年12月02日 12:11撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
勝負塚山到着12:11
21
勝負塚山 三角点
達成感のみ
2018年12月02日 12:09撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
勝負塚山 三角点
達成感のみ
11
白髭岳が見えました。
2018年12月02日 12:54撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白髭岳が見えました。
4
この辺りはテープ頼り
2018年12月02日 13:07撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りはテープ頼り
1
クライムダウン
2018年12月02日 13:55撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クライムダウン
4
狭いトラバース
2018年12月02日 14:09撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭いトラバース
3
沢を渡り終えて
2018年12月02日 14:16撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を渡り終えて
1
水平道終点に着地
2018年12月02日 14:31撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水平道終点に着地
5
梯子を下りて
2018年12月02日 14:38撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梯子を下りて
4
狭いトラバース
2018年12月02日 14:44撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭いトラバース
4
登りはあそこを上がりました。
2018年12月02日 15:04撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りはあそこを上がりました。
1
最新の梯子 溶接なしで組立れる
2018年12月02日 15:10撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最新の梯子 溶接なしで組立れる
2
伏流水の上多古川
2018年12月02日 15:16撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伏流水の上多古川
3
一番奥が勝負塚山
よく見ると3つピークがあります
2018年12月02日 15:22撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番奥が勝負塚山
よく見ると3つピークがあります
7
撮影機材:

感想/記録

厳しい山でした。ほとんどまともな姿勢で歩けず、不安定な格好だったので、全身筋肉痛です。距離の割には時間がかかっています。
入院中に奈良の山という本を借りてきて読んだなかに勝負塚山を見つけて、行ってみたい。本は古くて、当時はハイキング道が整備されていたと思われますが、ほとんど廃道状態でした。道がなくテープ頼りでした。
840m付近であまりに厳しいので撤退しようか考えましたが、半分以上きてたので最後まで行く決断したのですが、今日ネットで、昨年勝負塚山で遭難されていた記事を見つけて、本当に危険な山だと思いました。
tamatoinさんsicherさんのレコが役立ちました。
なんとか下山出来て良かったです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1334人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/16
投稿数: 585
2018/12/3 22:19
 勝負塚山
naoandmiさん、chokusenさんこんばんは。
勝負塚山ということですが、私が歩いた逆からのアプローチなんですね。
私はそちら方面は人が歩く処とは思えなかったです。
そういうところも普通に歩けるのいいですね。
危ないかも、もしかしたらなんて考えると私は実行できませんね。
私は少しだけ急斜面を降りてしまいましたが、そのほんの少しでも四足駆動でないとダメな箇所も在ったのに、その遥か先から登ってくるという気力は真似できません。
私が尋ねるのも可笑しいですが「危険でしたか?」
行くことはないとは思いますが、すごく気にはなったのでアプローチ道など調べてみましたよ〜
面白そうな所とは感じましたよ。
登録日: 2017/7/5
投稿数: 121
2018/12/3 23:33
 Re: 勝負塚山
どうも、こんばんは。
そうですね、危険、斜度がきつくて一歩間違えると滑落するところがいっぱいありました。
一応、ロープを持って行ったのですが、前半の谷沿いのトラバースが危険と思っていて、ここをクリアーして、あとはなんとかなるだろうと、重いから置いていくという愚をおかして仕舞いました。
ところが、登っていくうち、次から次に滑落危険地帯が現れ、なんとアホなことをしたのかという後悔と、どうやって降りようかと、色々考え、本当にしんどい登りになりました。撤退を本気で考えましたよ。
下り始めて、危険なところは、とにかく滑りやすいので、根っこや、岩を探してつかみクライムダウンで降りました。しばらくしてこの要領がわかってきて、何とか余裕も出てきました。
ヤマレコの情報は少ないのですが、ポイント、ポイントにテープ、リボンが必ずありました。
とにもかくにも、無事おりてこれてよかった、怖い思いもしましたが、これも経験です。
いつも、ありがとうございます。
登録日: 2015/1/4
投稿数: 392
2018/12/4 18:27
 Re: 勝負塚山
ta_chanmさんこんばんは
危険なところは一つ一つは大したことないのですが、次から次へと気が休まる所がありませんでした。ほかの方のレコも同じように時間がかかっているので、同じだと思います。下りは意識してゆっくりとおりました。滑落が一番の心配でした。一人なら即撤退です。帰りに五番関から帰る事も考えましたが、タクシー代が大変だということですぐにボツでしたが
登録日: 2013/11/20
投稿数: 1154
2018/12/5 0:05
 ご無事で何より
naoandmiさん、chokusenさん、こんばんは。

ワタクシ、ここ、2回挑戦しました。
1回目は相方と、登山口が分からずに即撤退。
2回目はソロで、写真18枚目あたりで、こりゃ無理と撤退しました。
青テープ(林業用?)にだいぶ騙されましたし、
誰もいないのに斜面の上から石が落ちてくるし、
ヘルメットがないと無理だと思いました。石もたくさん落としましたし。

ロープがあればなんとかな……、え、置いてきたんですか?
それで登頂したのは、さすがです。
下りも大変だったでしょう。本当にお疲れ様です。
登録日: 2015/1/4
投稿数: 392
2018/12/5 9:40
 Re: ご無事で何より
mechabiさんおはようございます。
2回も行かれたのですか・・変わった山に、 人がいない山によくいかれてるなーと感心します。いつも先に行かれているようなきがします。
去年のシェイクスピアも私達何年か前から考えてましたが、あっさりと先に行かれてました。今回のところは撤退されて正解だったと思います。
来年あたりに馬の鞍へいきたい考えています。
またどこかで会えるといいですね!
登録日: 2017/7/5
投稿数: 121
2018/12/5 18:50
 Re: ご無事で何より
mechabi さん、こんばんは。
そうですね、ここはヘルメットは絶対持っていくべきですね。
今回大失敗したのですが、ロープを持っているか、いないかで気持ちが全然違います。登りはとにかく下りですね。
それと、相方も書いてますが、いつも後を追っていると言えば今年の夏、前鬼川にいかれたでしょう。僕らも行こうと思い、準備していたのですが、いろいろあり行けませんでした。来年です。
どこかでお会いすることがあろうと思います。よろしくお願いします。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ