また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1698712 全員に公開 アイスクライミング 八ヶ岳・蓼科

広河原沢左俣

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年01月06日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ(谷の中は西面なので基本日陰、稜線上も含めてほぼ無風で快適でした。)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
車は船山十字路の駐車場に駐車しました。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
09:15
距離
9.9 km
登り
964 m
下り
963 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間55分
休憩
1時間16分
合計
9時間11分
S舟山十字路07:1208:11二俣08:1308:25左俣:アイス準備&開始地点08:4211:4215m大滝の登攀12:2313:30左俣:アイス終了地点13:4313:45左俣→中央稜へのトラバース地点14:08中央稜下降地点(写真45の地点)15:12中央稜取付15:16二俣15:1916:23舟山十字路G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
・途中で休憩を取っているので休憩時間はもう少しあります。
・『15m大滝の登攀』は休憩時間じゃなくて登攀時間です。
コース状況/
危険箇所等
・船山十字路にはトイレ、登山ポストはありません。

◆広河原沢左俣(3級、+)

・氷の氷結具合ですが、まずまずな感じ。水っぽい氷あり、脆い氷ありでしたが概ね快適に登れました♫
 
・ロープは8m滝から出しましたが、アイススクリューでプロテクションを取ったのは10m滝その1と15m大滝の2箇所のみ。あとはフリーで登りました。(フォローのAさんは確保して登ってもらいました。)

・1箇所簡単そうなところだけAさんにリードしてもらいました。その他の滝は全てヤマパンがリード。

・大滝の次に出てくる8mCS滝は凍ってませんでした。
 (右側から簡単に巻けます。)

・最後の10m滝は氷が下部まで繋がってませんでした。
 (今回は登らずにその手前から中央稜へ移動しました。)

・今回、埋まっている滝は無かったと思います。ラッセル無しでアイスを楽しめました♫


◆アプローチ

・船山十字路→二俣→左俣アイス開始地点までは林道+河原歩き。
 アイゼンは履きませんでした。

・下降は中央稜から下りました。
 (今回初めて中央稜の登山道を歩きましたがトレースがあり迷わず下れました。)
 二俣からアイゼンを片付けて歩きましたが雪道が意外にも滑るので注意が必要です!!
 (実際、二俣でアイゼン片付けてからヤマパン1回、Aさん1回滑って転びました。。そしてAさんは足首ひねってました・・・油断禁物ですね!!)
その他周辺情報下山後の日帰り温泉は『もみの湯』
http://www.lcv.ne.jp/~mominoki/mominoyu.html

下山後の夕飯は『テンホウ 富士見桜ヶ丘店』
http://tenhoo.jp/stores/%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E8%A6%8B%E6%A1%9C%E3%83%B6%E4%B8%98%E5%BA%97/
過去天気図(気象庁) 2019年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 アイスアックス×2 縦爪アイゼン その他登攀装備1式
共同装備 50mロープ×1 アイススクリュー×8 クイックドロー×5 アルパイン用クイックドロー×3 ロックピトン×2 ツエルト×1 ファーストエイドキッド1式

写真

船山十字路をスタート
2019年01月06日 07:12撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
船山十字路をスタート
ここで装備を整える
2019年01月06日 08:25撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで装備を整える
最初の3m滝はフリーで
2019年01月06日 08:43撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の3m滝はフリーで
1
フリーで登っていきます
2019年01月06日 08:49撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フリーで登っていきます
6
見晴らしルンゼとの分岐で待ちます
2019年01月06日 08:58撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らしルンゼとの分岐で待ちます
1
左へ行くと見晴らしルンゼ
2019年01月06日 09:00撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左へ行くと見晴らしルンゼ
左俣はこっち
2019年01月06日 09:00撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左俣はこっち
1
この8m滝からロープを出しました!
(アンザイレンしましたがヤマパンはフリーで突破、フォローのAさんはしっかり確保して登ってもらいました。)
2019年01月06日 09:03撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この8m滝からロープを出しました!
(アンザイレンしましたがヤマパンはフリーで突破、フォローのAさんはしっかり確保して登ってもらいました。)
5
左はジャバジャバ
2019年01月06日 09:03撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左はジャバジャバ
3
おぉーー、登りごたえのありそうな滝が出てきました♫
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おぉーー、登りごたえのありそうな滝が出てきました♫
2
10m滝その1(この滝はプロテクション取りました。)
2019年01月06日 09:36撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10m滝その1(この滝はプロテクション取りました。)
2
10m滝その2(フリーで登る。)
2019年01月06日 09:51撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10m滝その2(フリーで登る。)
1
10m滝その2と10m滝その3の間にあった簡単そうな滝でAさんのリード練習!
2019年01月06日 10:16撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10m滝その2と10m滝その3の間にあった簡単そうな滝でAさんのリード練習!
2
10m滝その3(フリーで登る。)
2019年01月06日 10:50撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10m滝その3(フリーで登る。)
1
10m滝その3を下から見上げる
2019年01月06日 10:53撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10m滝その3を下から見上げる
2
右のナメ滝をフリーで登って
2019年01月06日 11:22撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右のナメ滝をフリーで登って
3
CSはここから突破
2019年01月06日 11:24撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
CSはここから突破
ん?見返したらCSじゃない。。凹角だ・・・ここは巻き道なのかな?
2019年01月06日 11:26撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ん?見返したらCSじゃない。。凹角だ・・・ここは巻き道なのかな?
10mナメ滝を越えると
2019年01月06日 11:37撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10mナメ滝を越えると
1
15m大滝が現れた!
2019年01月06日 11:40撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15m大滝が現れた!
2
左はジャバジャバ、弱点の右から登ります
2019年01月06日 11:42撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左はジャバジャバ、弱点の右から登ります
2
準備中(この滝は当然プロテクション取りました。)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
準備中(この滝は当然プロテクション取りました。)
5
15m大滝を登ってくるAさん
2019年01月06日 12:22撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15m大滝を登ってくるAさん
2
8mCS滝は登れない
2019年01月06日 12:35撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8mCS滝は登れない
1
右から巻きます
2019年01月06日 12:35撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右から巻きます
6m滝に取付く
2019年01月06日 12:44撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6m滝に取付く
1
リードのヤマパンはフリーで登ってもフォローの確保はちゃんとしますよー
2019年01月06日 12:52撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リードのヤマパンはフリーで登ってもフォローの確保はちゃんとしますよー
2
ナメ滝(フリーで登る。)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメ滝(フリーで登る。)
3
ナメ滝を登ってくるAさん
2019年01月06日 13:30撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメ滝を登ってくるAさん
2
最後の10m滝は下部が繋がってないのでパス
2019年01月06日 13:45撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の10m滝は下部が繋がってないのでパス
左のトレースは御小屋尾根へ行く
2019年01月06日 13:45撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左のトレースは御小屋尾根へ行く
右のトレースを辿って中央稜へ
2019年01月06日 13:46撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右のトレースを辿って中央稜へ
ここから下って
2019年01月06日 13:49撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから下って
トラバースしてから上まで登ると
2019年01月06日 13:53撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースしてから上まで登ると
目の前に阿弥陀岳南稜
2019年01月06日 14:07撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目の前に阿弥陀岳南稜
3
中央稜を下ります
2019年01月06日 14:08撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央稜を下ります
中央稜を下降中1
2019年01月06日 14:13撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央稜を下降中1
権現岳とか南アルプスとか
2019年01月06日 14:29撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳とか南アルプスとか
中央アルプスとか御嶽山とか
2019年01月06日 14:29撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプスとか御嶽山とか
中央稜取付まで下山しました
2019年01月06日 15:11撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央稜取付まで下山しました
二俣まで戻ってきました
2019年01月06日 15:16撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二俣まで戻ってきました
振り返って見る阿弥陀岳
2019年01月06日 15:44撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って見る阿弥陀岳
船山十字路に到着し下山完了
2019年01月06日 16:23撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
船山十字路に到着し下山完了

感想/記録

いつもメンバーの気んが卒論追込み中のため今回はAさんと簡単過ぎず難しくないアイスルートに行くことにした。
広河原沢でそれなりに情報が上がってきている左俣をチョイス。
新潟市から八ヶ岳までの長い移動がネックかなー。。
Climbing‼


ヾ響

・やっぱり長い移動がネックでした。疲れました・・眠い・・・
 (高速使うと片道1時間短縮できますが遠回りになりガソリン代UP&高速料金が発生するので八ヶ岳へは基本下道で行ってます。年に何回も行くしね。)

・大滝のリード、最後のほぼ垂壁部分は痺れました。
 登るのは問題無いんですがスクリュー打つのが(静止しているのが)しんどくてふくらはぎがパンプしました。まだまだ精進が足りません。。

・水っぽい氷はアイススクリューがセットしにくい。。

・Aさんは今シーズン初アイスだったので、ほとんどの滝でしっかり確保してフォローで登ってもらいましたが、簡単な滝はフリーで登れたほうが時間短縮に繋がると改めて思いました。
 (まー、そのおかげでリードさせてもらえるんですがw)

・今回初めて中央稜の登山道から下山しましたが、御小屋尾根より早く下れるし快適でした♫

・アイス2年目の今シーズンはピッチグレード控蕕離殴譽鵐妊▲ぅ垢砲燭さん行って練習したいと思います!!


反省

・アイゼンを付けてないときの歩行は転ばないよう注意する!
 最後まで気を抜かない!
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:2239人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ