また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1700214 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

ちょっとハードな御岳山初詣(鍋割山北尾根〜奥の院〜鉄五郎新道)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年01月08日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鳩ノ巣駅無料駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち32%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間20分
休憩
1時間7分
合計
6時間27分
S町営鳩ノ巣駐車場09:3910:30城山10:4210:53小楢峠11:11大楢峠11:1211:27中目木山11:2812:07鍋割山12:2112:35奥の院(甲籠山)12:4313:11長尾平分岐13:20御岳山13:2813:58大塚山14:12広沢山14:51金比羅神社14:5615:18鉄五郎新道入口15:2715:36寸庭橋15:4316:03鳩ノ巣駅16:0516:06町営鳩ノ巣駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
城山越え:越沢林道は大楢峠まで工事のため通行止め(3/11まで)のため城山を越えていかなければならない。今回はそれと知らずたまたま城山を越えた。道は良いが急登。

鍋割山北尾根:道形はしっかりしており歩き易い。道標はないが赤テープ多し。

鉄五郎新道:道は明瞭だが、広沢山からの急なヤセ尾根の下りは要注意。足場が悪いうえに両側(特に左側)が切れ落ちているので怖い。以前登路として通過した時は危険は感じなかった。やはり下りは別物だ。
過去天気図(気象庁) 2019年01月の天気図 [pdf]

写真

雲仙橋から出発
2019年01月08日 09:29撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲仙橋から出発
3
城山への取付点。標識なし
2019年01月08日 09:40撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城山への取付点。標識なし
城山。展望なし
2019年01月08日 10:29撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城山。展望なし
1
山頂の前後は急斜面
2019年01月08日 10:50撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の前後は急斜面
1
美しい杉の尾根道
2019年01月08日 11:04撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい杉の尾根道
3
大楢峠の巨倒木
2019年01月08日 11:11撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大楢峠の巨倒木
越沢林道通行止めの表示
2019年01月08日 11:12撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越沢林道通行止めの表示
鍋割山北尾根に取り付く。道形明瞭
2019年01月08日 11:17撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割山北尾根に取り付く。道形明瞭
特に危険なところはなく歩き易い
2019年01月08日 11:35撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特に危険なところはなく歩き易い
鍋割山到着
2019年01月08日 12:11撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割山到着
3
奥の院へは露岩帯の登り。特異な雰囲気
2019年01月08日 12:29撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の院へは露岩帯の登り。特異な雰囲気
1
奥の院の祠
2019年01月08日 12:34撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の院の祠
1
展望は少々
2019年01月08日 12:43撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望は少々
2
下りの岩場
2019年01月08日 12:48撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りの岩場
1
奥の院を振り返る
2019年01月08日 12:49撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の院を振り返る
杉の巨木帯を行く
2019年01月08日 12:56撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉の巨木帯を行く
今年も参りました
2019年01月08日 13:19撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年も参りました
1
神代ケヤキ
2019年01月08日 13:34撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神代ケヤキ
1
大塚山手前からの展望。石尾根下部と長沢背稜
2019年01月08日 13:48撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大塚山手前からの展望。石尾根下部と長沢背稜
鉄五郎新道は電波塔の脇から始まる
2019年01月08日 13:59撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄五郎新道は電波塔の脇から始まる
1
ここからが難所
2019年01月08日 14:23撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからが難所
急なヤセ尾根
2019年01月08日 14:26撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急なヤセ尾根
2
金毘羅神社
2019年01月08日 14:53撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金毘羅神社
3
神社の背後は越沢バットレスの終了点。下は100m超の奈落
2019年01月08日 14:52撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社の背後は越沢バットレスの終了点。下は100m超の奈落
1
社は倒壊し朽ちている
2019年01月08日 14:54撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
社は倒壊し朽ちている
南岸道路起点から下ってきた尾根を望む。いやー今日は疲れた
2019年01月08日 15:55撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南岸道路起点から下ってきた尾根を望む。いやー今日は疲れた

感想/記録

ワンコに優しい御岳神社に、今年も柴犬はなと初詣に出かけました。

当初の予定では、鳩ノ巣から越沢林道に入り、途中の大楢峠から鍋割山北尾根に取り付いて奥の院経由で御岳神社を参拝、御師集落から大楢峠・越沢林道を下り鳩ノ巣へ戻るという計画でした。しかし工事の影響で越沢林道が通行止めになっていて城山を迂回しなければなりません。復路も城山を登り返すのが面倒だったので、以前登ったことのある鉄五郎新道を下り寸庭から鳩ノ巣へ戻るという経路に急遽変更しました。

しかし鉄五郎新道の下りが予想を超える難所で、真冬なのに冷汗をかかされました。齢のせいもあるのでしょうが、滑落しそうで緊張します。ストックを持参しなかったことを後悔。

御岳山ということで軽い気持ちで出かけましたが、距離も累積標高差もかなりあり、ハードな初詣となりました。はなは終始快調、急な登下降も一気にこなしていました。鉄五郎新道は一般登山道ではないせいか動物の気配が濃く、ザワザワと何かの群れが移動する音が聞こえてきたりしていたため、終始興奮気味でリードを引かれっぱなしでした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:372人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ