また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1725338 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 谷川・武尊

積雪期 谷川岳(西黒尾根・ホワイトアウト)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年02月09日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り → ホワイトアウト
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・ラクダの背手前は、いつも通り。
・ラクダの背から先の斜面は、氷の層あり。滑ると、谷底。
・斜面登り切った先、雪庇が大きくはがれている。
・懺悔岩の手前で、尾根筋から垂直に10mほど雪がなくなっている所あり。迂回する必要あり。
過去天気図(気象庁) 2019年02月の天気図 [pdf]

写真

雪が少ないといいつつ、さすがに谷川にはあります。
2019年02月09日 08:44撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が少ないといいつつ、さすがに谷川にはあります。
2
正面、白毛門。
肉眼では見えています。
2019年02月09日 08:59撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面、白毛門。
肉眼では見えています。
2
正面に谷川岳。
肉眼では見えています。
2019年02月09日 09:02撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に谷川岳。
肉眼では見えています。
1
登山口までの難所。
ここ怖い。
2019年02月09日 09:06撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口までの難所。
ここ怖い。
1
今回も、登り始めからワカンアイゼンで。
2019年02月09日 09:32撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回も、登り始めからワカンアイゼンで。
4
もふもふで登っていきます。
2019年02月09日 09:34撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もふもふで登っていきます。
1
鉄塔前の雪庇の吹き溜まりを越えるのもなかなか大変。
2019年02月09日 09:49撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔前の雪庇の吹き溜まりを越えるのもなかなか大変。
3
最初の、谷川岳ビューポイント。
うっすらですが、まだ見えてます。
2019年02月09日 10:36撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の、谷川岳ビューポイント。
うっすらですが、まだ見えてます。
1
うっすらとですが。
さー、がんばるぞ〜。
2019年02月09日 10:37撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うっすらとですが。
さー、がんばるぞ〜。
3
ちなみに同じ場所は、こういう展望のはず(2年前)。
2017年02月01日 10:42撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちなみに同じ場所は、こういう展望のはず(2年前)。
3
淡々と登るのです。
2019年02月09日 10:57撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
淡々と登るのです。
1
鎖場突入。
完全に雪没しています。
2019年02月09日 11:29撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場突入。
完全に雪没しています。
2
鎖場上からの、谷川岳。
いや・・・、うっすらとだけは見えてました。この時までは。
2019年02月09日 11:31撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場上からの、谷川岳。
いや・・・、うっすらとだけは見えてました。この時までは。
1
ナイフリッジ。だんだんガスが濃くなる。
この先で、tomopioさんに出会います(追いついた?)。
2019年02月09日 11:32撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナイフリッジ。だんだんガスが濃くなる。
この先で、tomopioさんに出会います(追いついた?)。
3
らくだの背の手前。
いつも通り、ぐにゃぐにゃの登降を繰り返します。
2019年02月09日 11:37撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
らくだの背の手前。
いつも通り、ぐにゃぐにゃの登降を繰り返します。
1
らくだの背。
だいぶガスが濃くなった。マチガ沢の岸壁は、かろうじてまだ見えています。
2019年02月09日 12:02撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
らくだの背。
だいぶガスが濃くなった。マチガ沢の岸壁は、かろうじてまだ見えています。
2
ほぼ同じアングル(2年前)。
2017年02月01日 12:11撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ同じアングル(2年前)。
3
撤退するか悩みましたが、ある程度の視界はあるので、突っ込むことにします。
2019年02月09日 12:07撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
撤退するか悩みましたが、ある程度の視界はあるので、突っ込むことにします。
1
ここの急斜面、氷結していてなかなか恐ろしかった。
先に出発したtomopioさんが上の方に見えます。
2019年02月09日 12:11撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの急斜面、氷結していてなかなか恐ろしかった。
先に出発したtomopioさんが上の方に見えます。
5
なかなかどころか、過去イチ恐ろしかったぞ。
ひとつミスったら、確実にアウト。
2019年02月09日 12:20撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなかどころか、過去イチ恐ろしかったぞ。
ひとつミスったら、確実にアウト。
5
さらに、斜面を登る。
2019年02月09日 12:21撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに、斜面を登る。
3
今日は滑ったら、間違いなく谷底まで落ちます。
2019年02月09日 12:29撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は滑ったら、間違いなく谷底まで落ちます。
1
急斜面登った先の、トラバース。
左に雪庇があるのですが、ガスで見えないので慎重に。
2019年02月09日 12:58撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面登った先の、トラバース。
左に雪庇があるのですが、ガスで見えないので慎重に。
1
雪が垂直に10mほどなくなっていたところを、迂回。
左にうっすら、雪の壁が見えます。
2019年02月09日 13:05撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が垂直に10mほどなくなっていたところを、迂回。
左にうっすら、雪の壁が見えます。
3
そして吹き溜まり。
まさかの、胸ラッセル。
2019年02月09日 13:14撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして吹き溜まり。
まさかの、胸ラッセル。
5
懺悔岩到着。
この距離まで来ないと、見えない。
2019年02月09日 13:40撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
懺悔岩到着。
この距離まで来ないと、見えない。
3
肩の広場への向かう。
2019年02月09日 13:53撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の広場への向かう。
1
肩の広場。
標識もうっすら。
2019年02月09日 14:03撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の広場。
標識もうっすら。
登頂しました。tomopioさんありがとう。
いや〜、うれしい。達成感ある〜。だが、怖かった〜、ヤバかった〜。
2019年02月09日 14:10撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂しました。tomopioさんありがとう。
いや〜、うれしい。達成感ある〜。だが、怖かった〜、ヤバかった〜。
10
まっしろだけど、うれしかったぞ。
2019年02月09日 14:18撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まっしろだけど、うれしかったぞ。
4
天神尾根を下る。
まだかなりまっしろなので、沼田山岳会の赤旗に感謝。
2019年02月09日 14:22撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神尾根を下る。
まだかなりまっしろなので、沼田山岳会の赤旗に感謝。
6
だいぶ視界開けてきた。
2019年02月09日 15:11撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ視界開けてきた。
2
そうそう、クライムダウン的に降りないといけないところ、ありましたね。
2019年02月09日 15:13撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そうそう、クライムダウン的に降りないといけないところ、ありましたね。
5
谷川岳をふりかえる。
まっちろだわな。
2019年02月09日 15:35撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳をふりかえる。
まっちろだわな。
1
そして天神平。
長い一日が終わりました。怖かったけど、充実していた!!
2019年02月09日 15:35撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして天神平。
長い一日が終わりました。怖かったけど、充実していた!!
3
撮影機材:

感想/記録

太平洋側は雪の予報でしたが、谷川岳は行けそうだったので、行ってみました。

登山指導センターにつくと、ワカンアイゼンの方(tomopioさん)がまさに出発するところ。
上を見ると、斜面上部に2人見えます。
私も、ワカンアイゼンでスタート。

なかなかもふもふの雪で、トレースは3人分くらい。
ということは、指導センターから見えた人が、今日の先行登山者のすべて。

尾根に乗ってしまえば、それなりにクラストしていて、沈みません。
が、クラストしているせいで、らくだの背から先の急斜面が凍っていないかと、嫌な予感がし始める。

山はガスってますが、うっすらと見えています。天気このまま山頂まで持ってほしい。

らくだの背付近で、ヤマレコユーザーのtomopioさんに追い付きました。
山のほうがガスっているので、撤退しようか少し悩む。
tomopioさんはひとまず行ってみると、先行。
ある程度視界もきくので、私も突っ込むことにしました。
そしてここから先が、本日の核心部でした。

らくだの背から先の急斜面は、やはり氷の層があって、滑落したら谷底までまっすぐ落ちます。
ひとつのミスも許されない状況で、過去最大に緊張しました。
斜面を抜けると、トラバースももっさり雪がついていて嫌な感じ。
ヒドゥンクレバスあり。
なぜか尾根から雪がごっそりなくなって、10mくらいの崖になっているところあり。
迂回しましたが、その先は雪が吹きだまって胸ラッセル。
雪の状態がいつもと全然違って、地形を確認したいが、だんだん濃くなってきたガスでホワイトアウト。15m先がかすんで、見えない。
雪庇もあるので、慎重に通過。
ガスの向こうに懺悔岩が見えた時は、うれしかったー。

山頂に到達して、tomopioさんと握手!!
いやー、なかなかえげつなかったぞ。キツかった。ハードだった。
でも、おかげさまで、すごい達成感。
そしてtomopioさん、多くの局面でラッセルありがとう。大変助かりました。

下りは天神尾根。すいすい下りました。
めちゃくちゃ怖かったけど、ものすごく充実した一日になりました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:497人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/9/26
投稿数: 9
2019/2/10 13:16
 お疲れさまでした。
Seizanryoさん、お疲れさまでした。 
昨日は大変お世話になりました。 
Seizanryoさんの助言でなんとか、トレースのない西黒尾根を登り切ることができました。ホワイトアウトの中、凍った急斜面あり(コルからの最初の斜面)、胸ラッセルあり(懺悔岩手前)、Seizanryoさんとの出会い(これが一番うれしかったです。)あり充実した一日となりました。 
小生のみでしたら、本日のNHKニュースに出ていたかもしれません。 
自宅も近いということで是非とも今後ご一緒させて下さい 。  
ありがとうございました。 
ps. 昨日のハードダイエットハイキング の為、本日はジョギングなしです。 
登録日: 2011/1/10
投稿数: 880
2019/2/10 21:57
 Re: お疲れさまでした。
tomopioさん、お疲れさまでした。
すごい一日でしたね。
特にラクダの背から先の急斜面は、緊張しました。
それから、ハードダイエットハイキング(ラッセル)ありがとうございました(そら、ジョギングは無理でしょ〜)。
一人だったら、もう30分かかったと思うし、折れそうになる心と壮絶に闘うことになったと思います。
心強かったです。
ぜひ、一緒にどこか行きましょう!!
こちらこそ、ありがとうございました。感謝、感謝。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ