また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1739437 全員に公開 雪山ハイキング 近畿

丹後半島 高山 岳山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年02月24日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間47分
休憩
1時間11分
合計
3時間58分
Sスタート地点09:1109:53世屋高原ブナ林入口09:5510:20P55910:56起点から0.9Km地点11:16高山12:2513:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
府道618号線丹後半島縦貫林道分岐までは消雪。世屋高原ブナ林観賞道入口までは残雪有り。
その他周辺情報しおぎり荘
過去天気図(気象庁) 2019年02月の天気図 [pdf]

写真

世屋高原ブナ林登山口
2019年02月24日 09:53撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
世屋高原ブナ林登山口
P599手前の急斜面に手こずる仲間達
2019年02月24日 10:12撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P599手前の急斜面に手こずる仲間達
急斜面に手こずる仲間達その2
2019年02月24日 10:13撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面に手こずる仲間達その2
落葉した広葉樹林を登る
2019年02月24日 10:43撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落葉した広葉樹林を登る
世屋高原ブナ林入口から0.9Km地点
2019年02月24日 10:56撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
世屋高原ブナ林入口から0.9Km地点
Ca660付近
2019年02月24日 11:02撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Ca660付近
高山山頂702m
2019年02月24日 11:17撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山山頂702m
1
上世屋高原方面。中央に岳山展望台も見えてます。
2019年02月24日 12:25撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上世屋高原方面。中央に岳山展望台も見えてます。
1
金剛童子山方面
2019年02月24日 12:25撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金剛童子山方面
1
撮影機材:

感想/記録

丹後半島の山々を登り始めた最初の山「高山」。半島最高峰でもあり四季折々に楽しめる山毛欅の森を歩く3度目の高山、今回は雪の季節に落葉した山毛欅の森を訪ねました。
西日本では例年にない暖冬の影響で丹後半島も雪が少ない。この時季上世屋高原も例年ならば1m以上の積雪量ですが、道路上には雪が無く晩春の様です。
雪の積もった棚田も見て見たかったが来年に持越し。お陰で成相聖観音下の高山登山口への縦貫林道にも雪が無く予定よりも早く行ける事になる。
縦貫林道から無舗装の林道分岐まであと少しの所で四輪駆動車でもスタック。ここから支度をして歩き始めました。通常の登山口となる世屋高原ブナ林観察道からワカン(3人)スノウシュー(1人)で出発、最初のピーク599への急な階段は雪で埋まり大きな段差に四苦八苦、ここを登り切れば後は割合緩やかな落葉広葉樹林の登りが続きます。
標高が上がるに連れ積雪量も増えてきますが、期待していた膝上の新雪では無く重たいザラメ、尾根の両側に生える笹も雪の下、木々の葉も全て落ち明るい尾根歩きです。雲一つ無い真っ青な空に枝を広げる姿にウットりします。葉が茂ると見えなかった絶滅危惧種のヤドリギも沢山見られます。
何時もは見ることが出来ない周りの景色ですが、今日ばかりは枝越しに遠くまで見えます。
山頂への最後の登りでも、あれが山頂だと遠くからでも見つけられます。
誰も居ない山頂で早目の食事を済ませ、折角だからと大ブナまで足を延ばす事に決め尾根を南へ降る。
この降りでも笹が雪で押さえられ尾根のどこでも歩けます。残念な事に分岐点から南の斜面は全く雪が解けていつも通り、ワカンを外す手間を考えて引き返す。
先程迄は雲一つ無い青空に刷毛で刷いた様な薄い雲が懸かり始める。天気が崩れる兆しに次の目的地「岳山」へ休みなく降る。最後の急斜面は気温の上昇とともに雪の状態がさらに悪く、段差の大きさや足元の不安定さで転倒でもしたらいけないので、来る時に見つけていた獣道を使って安全に降り、止めている車まで戻りました。次の目的地「岳山」へ移動。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:262人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 高原 ブナ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ