また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 176192 全員に公開 ハイキング 関東

【上武県境】 諏訪山 〜 逢莱山 〜 八丁岳

情報量の目安: A
-拍手
日程 2007年05月12日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

◎ 諏訪山登山口(9:08) → 志賀坂峠(9:22=9:30) → 鉄塔(9:49) → 谷コース分岐(10:05)
→ 諏訪山(10:20=10:32) → 谷コース分岐(10:45) → 諏訪山登山口(11:12=11:16)  --- 車で移動 ---

◎ 「林道金山志賀坂線」を車で進む → 林道と県境の最接近部に駐車(11:34=11:49) --オニギリ--
→ .圈璽(12:00) → ▲圈璽(12:03=12:06) → 逢莱山(12:30=12:36) → 八丁岳(13:49=14:28)
→ 八丁平(14:44) → 祠(14:50) → 八丁峠(14:55) → 坂本分岐(15:00) → 八丁峠駐車場(15:28)
→ 林道・駐車位置へ(15:38=15:50)

        -- ☆★ 「八丁岳」の所要時間:3時間49分 ★☆ --
コース状況/
危険箇所等
◎ -- 諏訪山へ --
 明るく歩きやすい登山道です。すぐ、"尾根&谷コース"に 分かれます。
 諏訪山分岐を経て、程なく「志賀坂峠」に着きました。
 何か道標でもあるか探しましたが、有りませんでした。
 尾根コースを行き、15分ほどで「諏訪山」です。「祠」がでんと座っていて、閑かな たたずまいです。

◎ -- 八丁岳へ --
 いよいよ 最初からルートが無いと判っている"難コース"へ入って行きます。
 11:49,林道からすぐ脇へ入り、かすかな尾根道の急登。
 痩せ尾根だが、.圈璽を過ぎ、直下の下りは 左から巻いて、西から登りきつい。
▲圈璽は、狭いながらも明るい。まだルートはある。
 「逢莱山」は、展望は無いが 道標はあった。ここから下り、いよいよ"本番"。
 痩せ尾根が危険になる。赤いテープでマーキングをしながら進む。
 八丁岳や、その西の「赤岩尾根」の 険悪なピーク群が見えます。

 13:01,コメツガが現れる。13:12,ルートが無くなり原生の中を直登。
 13:14マーキングが有り。大岩の脇を通る。さらに、岩の間を登り詰める。
 ルート険し。四つん這い。ここをやっと上り詰めた。新茶で喉を潤す。
 まだ、ルートの無い「直登」が続く。直下には、かなり古い 錆びた鉄製の指導標がほとんど倒れてあった。
 昔、林道の出来る前は 登山道だったのだ。

 とにかく大変な思いで、やっとのことで、八丁岳に出た。
 岩に白ペンキで「八丁岳」と書いてある。山頂は、東西に長細い岩陵。
 西を見ると、恐ろしい「八丁尾根」が見える。八ヶ岳、南ア、浅間山が見える。

 ここから八丁峠へは、急激な下りとなりますが、ルートはしっかりしています。
 八丁平(昔の八丁峠か?)を経て、八丁峠に着きました。
 あとは、八丁トンネル入口の駐車場へ下ります。

 
 
過去天気図(気象庁) 2007年05月の天気図 [pdf]

写真

志賀坂峠
299号のトンネルは
通っても、「峠」は
初めて
2005年05月12日 09:28撮影 by FinePix6900Z, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
志賀坂峠
299号のトンネルは
通っても、「峠」は
初めて
「尾根コース」を行く
2005年05月12日 09:39撮影 by FinePix6900Z, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「尾根コース」を行く
木段のある「尾根コース」
2005年05月12日 10:07撮影 by FinePix6900Z, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木段のある「尾根コース」
諏訪山山頂 1,207.1m
2005年05月12日 10:22撮影 by FinePix6900Z, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諏訪山山頂 1,207.1m
復路にて「二子山」
を見る
2005年05月12日 10:42撮影 by FinePix6900Z, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
復路にて「二子山」
を見る
黄色い花が咲き誇る
2005年05月12日 10:56撮影 by FinePix6900Z, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄色い花が咲き誇る
逢莱山へ登り始めて
すぐ、二子山方面を見る
2005年05月12日 11:52撮影 by FinePix6900Z, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逢莱山へ登り始めて
すぐ、二子山方面を見る
尾根を行く
2005年05月12日 12:20撮影 by FinePix6900Z, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を行く
逢莱山山頂 1,377m
2005年05月12日 12:31撮影 by FinePix6900Z, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逢莱山山頂 1,377m
八丁岳を見る
2005年05月12日 12:39撮影 by FinePix6900Z, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁岳を見る
1
岩が露出してくる
2005年05月12日 12:44撮影 by FinePix6900Z, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩が露出してくる
登りがきつくなる
2005年05月12日 12:52撮影 by FinePix6900Z, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りがきつくなる
苔むしたルートを直登
2005年05月12日 13:08撮影 by FinePix6900Z, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔むしたルートを直登
岸壁の狭間を這って行く
2005年05月12日 13:16撮影 by FinePix6900Z, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岸壁の狭間を這って行く
やっと登り詰める
2005年05月12日 13:20撮影 by FinePix6900Z, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと登り詰める
しばし休憩
2005年05月12日 13:25撮影 by FinePix6900Z, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばし休憩
錆びた「指導標」が
機能を失っていた
2005年05月12日 13:31撮影 by FinePix6900Z, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
錆びた「指導標」が
機能を失っていた
1
八丁岳(P1)にて
2005年05月12日 13:57撮影 by FinePix6900Z, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁岳(P1)にて
八丁岳山頂 1,589m
と「両神山」
2005年05月12日 14:00撮影 by FinePix6900Z, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁岳山頂 1,589m
と「両神山」
1
八丁岳直下を見る
2005年05月12日 14:20撮影 by FinePix6900Z, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁岳直下を見る
八丁岳(P1)にて
2005年05月12日 14:21撮影 by FinePix6900Z, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁岳(P1)にて
1
八丁岳(P1)より
西方の赤岩尾根を見る
2012年04月01日 20:28撮影 by FinePix6900Z, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁岳(P1)より
西方の赤岩尾根を見る
1
「八丁岳」を下ってくる
2005年05月12日 14:36撮影 by FinePix6900Z, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「八丁岳」を下ってくる
「八丁峠」
2005年05月12日 14:55撮影 by FinePix6900Z, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「八丁峠」
八丁峠登山口より
「八丁岳」を見る
2005年05月12日 15:30撮影 by FinePix6900Z, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁峠登山口より
「八丁岳」を見る
林道金山志賀坂線より
「両神山・西岳」を見る
2005年05月12日 15:36撮影 by FinePix6900Z, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道金山志賀坂線より
「両神山・西岳」を見る
1
林道金山志賀坂線より
「両神山」を見る
2012年04月01日 15:10撮影 by FinePix6900Z, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道金山志賀坂線より
「両神山」を見る
1

感想/記録

 「赤岩尾根」の東端に位置する「八丁岳」(P1)。
 「逢莱山」の南側鞍部からの登りは、実に凄まじいものでした。
 八丁岳山頂に出たときは、実にほっとし、絶対下れないと思いました。

 「赤岩尾根」は、赤岩峠 〜 八丁峠の、知る人ぞ知る "険悪コース"。
 これで、西端の赤岩峠・赤岩岳(P7)、東端の八丁岳(P1)・八丁峠を登りました。
 つまり、「赤岩尾根」の"P2 〜 P6"という、"サビ"の部分だけ まだ登っていないことになります。
 
 これまで登った人の記録によれば、私の力量では無理と思われます。
 しかし、やはり気になります。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:892人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鞍部 急登 林道 直登 道標 トンネル

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ